文在寅大統領、国連で「北朝鮮の崩壊など望んでいません」

ムン・ジェイン氏が「やっちゃった」みたいです。

アメブロの時にも書いた内容ですが、彼はすでに7月の時点で、「金正恩体制を認め、それを崩すようなことはしない」と宣言しています。

 

<・・北朝鮮に対しては、事実上「体制維持」を約束した。文大統領は「この場で明らかに言いたい」、「私たちは北朝鮮の崩壊を望まず、どのような形でも吸収統一も推進していない。人為的な統一を追求することもないだろう」と述べた。北朝鮮が警戒している吸収統一の「3大不可原則」の確認である・・>

体制の維持というのは、「北朝鮮は違法占拠集団」とする韓国の今までの憲法解釈を完全に覆すこととなります。日米もその憲法解釈に「合わせて」くれているというのに、大統領自らこれですから、困ったものです。この考え方は、北朝鮮が狙っている「連邦統一」案に近づいたことにもなります。

http://news.joins.com/article/21735594?cloc=da_bulk

※いきなり動画が再生されるのでご注意ください

 

そのムンたんですが、国連演説でまた同じ話をしました。

・北朝鮮体制の崩壊を望んでいない

・国際社会と共に北朝鮮を助ける準備ができている。北朝鮮も無茶なことをしないで国際社会に出てくるべきだ

・朝鮮半島の安全のためには国連の役割が重要だ

聯合ニュースは、ムン大統領の演説をこう説明しています。

<・・・大韓民国の民主主義の成熟度を象徴する「ろうそく革命」は、世界の民主主義の新しい希望になっており、それにより創出されたムン・ジェイン政府は「人を中心とする」の国政哲学を実践しており、その基調の上、北朝鮮の核問題をはじめとする韓半島安保問題について「平和的解決」を追求しているということが演説の核心要旨だ。その中でもムン大統領が最も強調したのは「平和」で、演説文で32回も言及された。「ろうそく」と「人」も10回ずつ取り上げた・・・>

http://v.media.daum.net/v/20170921232444444?rcmd=rn

 

平和が良いこと位、誰もが知っています。多分、北朝鮮のロケットマン以外は。

あの場であんなことをわざわざ言う意図は、いったい何なのでしょうか。また、国連の役割をここまで強調しているのに、韓国が日米と共助するという話は(私が知っている限り)彼の演説にはありませんでした。

昨日、日程も決まっていない「北朝鮮への人道的支援」をわざわざ発表したと思ったら・・この演説のためだったみたいですね。いったいどれだけ北朝鮮の顔色を気にしているのでしょうか。彼は。

 

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

“文在寅大統領、国連で「北朝鮮の崩壊など望んでいません」” への35件の返信

  1. 韓国と北朝鮮を別陣営と考えるから、おかしい発言になるのであって、
    同じ陣営と考えれば、妥当な発言だと思いますよ。
    韓国と北朝鮮は同属です。分離して考える必要はないでしょう。

  2. 文ちゃん、国際情勢が全く理解できない事を露呈しましたね。
    野暮すぎる文ちゃん、韓国の運命尽きた。

コメントは受け付けていません。