北朝鮮の外務相、「(米国が)宣戦布告した」と発言

 

約1時間前、ニューヨークの宿所の前に、北朝鮮のリ・ヨンホ外務相が次のように主張しました。

・米国が先に宣戦布告したことを世界各国は忘れないように

国連憲章は自衛権を認めている。米国の戦略爆撃機が北朝鮮の領空を超えてこなくても北朝鮮は自衛権に基づき対応できる権利を持つ

ソース記事は↓聯合ニュースです

http://v.media.daum.net/v/20170926000829987?rcmd=rn

 

韓国マスコミで速報扱いだったし、宣戦布告という言葉を使ったこともあるので(前も北朝鮮が宣戦布告という言葉を使ったかは不確かですが、最近では初めて聞いた気がします)、エントリーしました。

さぁ・・爆撃機がどうとか言ってたので、B-1Bのことも気にしているのは間違いないでしょう。米国の爆撃機(B-1Bランサー)がNLLを超えて北上したというニュースを読みましたが、それに対応してのことでしょう。

でも、ソース記事では、リ・ヨンホ氏はこう話しています。

「過去数日間、国連をはじめとする国際社会は、口喧嘩が実際の行動にならないことを切に願ってきた」、「しかし、トランプは、先週末に再び私たちの指導部が長続きしないだろうと公言し、ついに宣戦布告をした」、「米国の現職大統領が話したからには、これは明らかに宣戦布告だ」。

・・・北朝鮮の領空を超えなくても自衛権発動って、できるわけないでしょう。「出来ることならやってみなさい」と言いたいところです。

彼がなぜこのように「できっこない」ことを大々的に発表したのかが少し気になりましたが、記事を読んでみたところ、やはり爆撃機のことより、「金正恩体制を壊す」ことがもっとも「聞きたくない」ことだったみたいです。

そういえば、韓国のムン・ジェイン大統領は金正恩体制を認めると言ってました。逆に考えると、体制維持発言って北朝鮮からするとものすごく嬉しいものだったでしょうね・・・

・・・北朝鮮にファンクラブとか出来てないかな?

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

167+

36 Replies to “北朝鮮の外務相、「(米国が)宣戦布告した」と発言”

  1. 宣戦布告の前に、最後通牒が言い渡される、と聞いたことがありますが。

  2. 宣戦布告がなされた以上は、卑怯な先制攻撃とか言われずに
    米国はいつでも爆弾を落としたり、ミサイルを撃ち込んだり
    出来るということです。
    宣戦布告がどちらが先かより重要だと思うけど。

  3. ご自分のトコロは、日本の領空を飛び越えて、何か飛ばしてはりますけど⤴︎?

    撃ち落としてもいいってことね?

コメントは受け付けていません。