盧武鉉氏自殺(税務調査)は保守右派の陰謀だ!な流れ

盧武鉉氏の自殺は、今考えても衝撃的でした。あの時、きっかけになったのが「テグァン(泰光実業)」という企業への税務調査です。

テグァンは、韓国の経済成長期にシューズなどを作って輸出することで大きくなった会社です。いまもやってかはわかりませんが、90年代からはNIKEと契約しているシューズメーカーでもあります。

テグァンの会長パク・ヨンチャ氏は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の古くからの支援者で有名でした。李明博(イ・ミョンバク)氏が大統領になってから、急にテグァンに税務調査が入り、その6ヶ月後に盧武鉉氏が自殺しました。多分、違法で資金が動いていたのでしょう。

 

さて、ここで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の命令で「国税行政改革」のために作られた国税行政タスクフォース(TF)が、「盧武鉉前大統領逝去を触発させた泰光実業 税務調査の真相調査に着手したことが確認された」、とのことでして。

李明博・朴槿恵政府時代に行われた、「政治的な税務調査だ」と疑わしい他の件も調査していて、年内に真相調査の結果を発表する予定である・・とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20170925181359111

「李明博潰し」はすでに数ヶ月前から形になっていました。彼を「盧武鉉を殺した男」にして、もっと象徴性を高めるつもりなのでしょう。

「右派と左派の和解」を声高く叫んでいた文在寅氏。左派は善、右派は悪とする善悪論もどきの区分がハッキリすればするほど、彼の言う「和解」は完全なものになるはずです。「敵を完全に潰すことこそが最高の和解」ですから、韓国では。そういえば、軍事政権が潰れた時にもまったく同じ流れがありました。

 

余談ですが、同じ日、朴槿恵前大統領を「不正選挙で当選した」「隠し子がいる」などとデマを流して名誉毀損で訴えられた男が、無罪判決となりました。

不正選挙の件は「疑うほどの理由が十分にある」から無罪で、隠し子の件は「ネットで流行っていた話だから、被告はそれを本当だと認識して書いたのだろう」から無罪だそうです。

時代が変わった・・いや、上下が完全に逆転していますね。同じ基準で、文在寅氏のことを書いても、名誉毀損にならないのでしょうか?

http://v.media.daum.net/v/20170925191452372?d=y

 

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

84+

25 Replies to “盧武鉉氏自殺(税務調査)は保守右派の陰謀だ!な流れ”

  1.  その重要な調査の結果がいまだにはっきりしていないという点に、韓国の問題があると思う。真実の追求が甘い、真実を大事にしていない。セウォル号の件でも、そういった感じを受ける。

  2. 絶対的な国民情緒法がありますので、李明博は何が何でも、悪なんでしょうね。
    で、しばらくして、国民の気分が変われば、文在寅が国民の前で八つ裂きにされてしまうと。
    さすがはダイナミックコリアというか、隣の国から眺めている客を飽きさせることがない。と、当て擦ってもしょうもないので。

    日本ではよく、政治は国民のレベルを超えられないなんて言われます。 
    いくら優秀な指導者がいても、国民が選挙でポピュリズムに流されれば、低俗な政治になってしまう。
    隣の国から生暖かく眺めてますが、政治家が政治家ならば、支持する国民も如何なものかって、感じで。
    とてもお粗末に見えてしまいます。
    やっぱり、韓国には民主主義より、共産主義が・・・などと、ふと頭をよぎってしまいます。

  3. 前 政権「税務調査を行う」
    現 政権「税務調査は政治的だった」 ←イマココ
    次期政権「税務調査の調査は政治的だった」

  4. そういえば、税務署長さんキャラとか出てこなくてさみしいなあ。
    2MB氏は、再登場の機会がありそう。

        1. 曇り目のシンシアリーキャラも懐かしい。
          出口が見えない、やるせない話題でも、ブラックユーモアによる皮肉で、前向きになれることもあるように思います。

  5. ポリゴン格闘ゲームでこんな攻撃があるのかと驚いた「死体蹴り」が国是の国ですから、リングアウトしたノムタンとの決戦、ラウンドⅡムンムン乱入が始まるのですね。

  6. 「反日無罪」というのは有名ですが、韓国においては別に反日に限った話ではない、ということですね。これは韓国人の持つ価値観に根差した現象であって、ウリナムの範囲に応じて様々な形で発生するのでしょう。反日思想を何とかすれば解決するような問題ではない、もっと根の深いものなのです。

  7. 中国の歴代王朝は・・・・・・
    たしか、、、 権力を倒した者が権力を握ると前の権力者を含めて一族郎党皆殺しにするのが常だったと思う。で、これはそれと同じ事なんだな。韓国はいずれの政権も例外なくそうであるし、これからも続くことだ。だとすると、文も例外ではないな。
    文も盧と同じ道をきっと辿ることになるはずだ。間違いないだろう。

    これはいつもの皆殺しの最中の出来事に過ぎない。
    理屈ではないんだなぁ。

    ところで、富士の眺めは格別だな。
    まことに麗しい女性の神様がしずまっているそうだ。

  8. 盧武鉉は本当に自殺なんですかね?
    暗殺されたんじゃないかと疑っています。

    そもそもが、未だにそこからして引っかかるんですよね。

  9. つまり、大統領選挙=易姓革命 ということだ。
    ここに「行政の連続性」がないこと、が問題なのだ。
    象徴的なのが「慰安婦日韓合意」。

    何度か書いているが、確かに微妙な政治判断だが、問題は「韓国側の政治的断絶(行政の不連続)」である。
    再選のない1期5年の大統領制で、「行政の連続性がない」のは致命的w
    どこも助ける訳がないw

    二国間合意は、当事国を拘束し、条約(合意)遵守能力=主権国家の責務、ということだ。

    偵察衛星貸与や、物品役務相互提供などの合意(協約)も同様。
    「約束を守れない国家」との話合いに、意味はない。

    ま、そういう事だw。

    誠実に履行する、という意識が無さすぎるw
    安倍ちゃんの言う、「合意を守れなければ韓国は終わり」とはこの事なんだけど。

    1. 例え易姓革命であっても、前王朝(前政権)が結んだ条約や外交合意を遵守しなければ、
      正統な後継国家として他国から主権を認められません。

      だから、明治政府は江戸幕府の結んだ条約を受け継ぎましたし、朝鮮併合時には
      朝鮮王朝の債務も引き継ぎました。

      1. よく2chとかで、安倍首相を安倍ちゃんって書いてますね。(多分、愛称的な意味だと思います。)
        石破氏なんかは「ゲル」って書いてある。ゲルってどこから来たゲル?って、未だに謎です。

  10. えっと、ムンたん「この恨みはらさでおくべきか」でしょうか。
    >敵を完全に~
    ええまあ、後々の遺恨を残さないためには根切りが一番なのはその通りですが、切った側から働く蟻と怠ける蟻のようにウリとナムが可変していくので効果が薄そうな気がします。最初から範囲が曖昧というか、広すぎて結局は半端な仕事になってやりかえされる羽目になるというループ中なのが現状ですよね。そろそろ違う方策を考えたりはしないんでしょうか。

コメントは受け付けていません。