文在寅大統領「韓国軍には戦時作戦統制権に相応しい力がある」

文在寅大統領が、韓国軍には、戦時作戦統制権を移譲してもらっても問題ない力がある」と発言しました。国軍の日(※)演説、すなわち大統領公式演説でのことです。※10月1日ですが、記念式は今日だったみたいです

http://v.media.daum.net/v/20170928105404531?rcmd=rn

韓米は戦時作戦統制権の(米軍→韓国軍)移譲の時期を、「韓国軍に相応の力が備われば」ということにしています。前の左派政権のときから戦作権移譲の話が進み、一時はおおまかな時期まで決まっていましたが、李明博・朴槿恵政権でその流れを止めるため「韓国軍に相応の力が出来れば」という曖昧な条件を付け、事実上の無期延期としていました。

 

(↓ここからが「続きを読む」の後になります)

文在寅大統領のこの「韓国軍には戦時作戦統制権を受け取る力がある」発言は、「いますぐ戦時作戦統制権を韓国軍に移譲すべきだ」との意味にもなります。

韓米同盟についても大事であると言及はしたものの、いつもどおり「韓国軍が主導すべきだ」というスタンスでした。

 

2013年、朝鮮日報は元米軍陸軍参謀総長グリフィス氏の意見を載せたことがあります。そこでグリフィス氏はこう話しました。

「米軍撤収の最初のステップは戦時作戦統制権返還(韓国軍への移譲)になるだろう」。彼は戦作権移譲の後の米軍撤収は、Slippery Slope(急な下り坂)になるだろうと予想しました。

http://v.media.daum.net/v/20131118102908835

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

 

“文在寅大統領「韓国軍には戦時作戦統制権に相応しい力がある」” への34件の返信

  1. そうだといいね。
    しかし国防幼稚園の韓国軍は6.25のときよりもだめではないか。だって危険任務に就くときは親の同意書が必要なんでしょ。用紙の発送、回収といった作業には早くとも1週間はかかるだろう。おそらく回収し終える頃には北朝鮮軍がその部隊を撃破して通過している。
    しかし、韓国兵はスマホで家に電話をかけてどうしたらいいかママに聞いていると思う。息子を溺愛する韓国の母親は当然、最愛の息子にいいから家に帰ってきなさいと言うだろうし、韓国兵もホイホイと脱走していくだろう。
    その後、北朝鮮軍は徒歩で進撃してくるだろう。そしてもぬけの殻になった韓国軍基地に放置された車両や燃料を確保し、快進撃をすすすめる可能性が高いように思う。そうならないのが一番なんだが。

コメントは受け付けていません。