日本語と韓国語の「バリバリ」

韓国人でも知らない人が多いとは思いますが、韓国語にも「バリバリ(BariBari、바리바리)」があります。日本語に訳したのではなく、発音も同じです。

私はこの言葉も、多分、併合時代に入ってきたものではないだろうか、と思っています。

あ、カタカタにした時の表記は似ていますが、「早く早く」を意味する「パリパリ(Pal‐li Pal‐li、빨리빨리)」とは違う言葉です。

 

(↓ここから「続きを読む」になります)

ですが、似ているようで、実は違います。日本語でいうバリバリは、もちろん違う意味もありますが、「テキパキと仕事をやりこなす」「勢い良くやる」「熱心にやる」というニュアンスになります。ですが、韓国語のバリバリは、「荷造りまたは荷物を『たくさん』用意した」という意味です。韓国語のバリバリには、それ以外の意味はありません。

荷物をたくさん用意したわけだから、日本語のバリバリ(バリバリ荷物を用意した)を適用してもいい気もします。しかし、そのニュアンスに差があります。日本では、バリバリの核心は「たくさん」ではありません。テキパキやる、勢い良くやる、そんな意味です。韓国では、バリバリの核心は「たくさん」にあります。すなわち、日本のバリバリは過程を、韓国のバリバリは結果を重視します。

これ、一つ前のエントリーとも繋がる内容ではないでしょうか。そんな意味では、違う言葉ではあるものの、心理的には「パリパリ(早く早く)」と同じとも言えますね。

ひょっとすると、韓国語でバリバリがほとんど使われなくなったのは、「パリパリ(早く早く)」のほうがもっと相応しいからかもしれませんね。結果をたくさんにするためには、バリバリよりはパリパリのほうが似合いますから。

 

コメント欄で「パリパリ(早く早く)」の語源を聞くものが多かったので追記します。빠르다(パルだ、早い)→빨리(パル‐リ、早く)になって、「早く早く(Pal-li Pal-li)になりました。

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

 

 

 

“日本語と韓国語の「バリバリ」” への36件の返信

  1. シンシアリーさんの ジャパンライフ 日本語の 擬音語 擬態語 etc に
    馴染むだろうね 表現も自然に 擬音語がさらさらと 漢字の勉強も進んでるでしょうね 平仮名 漢字 片仮名 と複雑に絡むからね なんぎいですね。

  2. 30年ほど前、名古屋で「バリバリ」というおいしい、しゃれた焼肉レストランがありましたよ。

  3. 似たような言葉でも国によって意味が違うっての面白いですね。
    この言葉以外に日本と韓国の意味の違う言葉ってありますか?

    1. 体面とか主体性とか卑下とか、なんかたくさんありそうですね。
      最近では「協調」の違いについて説明してる動画がありました。

      【日韓問題】平昌五輪地図から日本が消えた原因
      http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar1342480

      食べ物でもオデンや饅頭とかジャージャー麺とか他にもありそう。
      キムパもかつてはノリマキ言われてらしいし。

  4. バイク漫画「バリバリ伝説」は韓国では「荷物いっぱい伝説」になるんでしょうか?
    バイクレースの話ではなく宅配屋orバイク便のお話に?w

    1. バリバリと言えばバリ伝ですよね
      横浜銀蝿を思い出す人もいるかもしれませんが

  5.      ∧_∧
         ( ゚ω゚ ) 支払いは任せろー
     バリバリC□l丶l丶
         /  (   ) やめて!
         (ノ ̄と、 i
            しーJ

    http://dokoaa.com/mtape.htmlより

  6. カタカタって、カタカナの間違いですよね。
    面白いからこのままでいいですけど。

    老眼のせいもあるけど、バとパは区別しづらい。

    sincereleeさんのコメントは目立つようにできないですか。
    システム的にむずかしいかな。

  7. 落雷の音とか、立木やベニヤ板が裂ける時、バリバリと使うので、災害の表現ではないでしょうか。日本は自然災害大国ですし、木造建築や木が多いから。「リ」だと裂けるイメージで、「キ」だと折れるイメージです。

  8. ー___
    _-__
    _---
    この三つは意味が違います(標準語アクセントで)
    雨と飴を同じameで議論しているようです。

コメントは受け付けていません。