「韓国がダメになると、日本が得をする」

韓国経済紙が、安倍総理の「三本の矢」が的中したしたという記事を載せました。本エントリーの本題はそっちではありませんが、記事の要約になれそうな部分を引用してみます。

<・・日本銀行(BOJ)が発表した第3四半期(7〜9月)の大企業のダンカン指数が10年ぶりに最高値を記録したのは、日本の景気回復がマクロ指標だけでなく、体感景気でも確実に感じられるようになった証拠として受け入れられている。2012年4月から始まった「アベノミクス(安倍晋三総理の経済政策)」の成果が社会全般にしっかり根を下ろし、実を結んでいるという分析だ。ちょうど日本の主要企業が来年の春入社予定の大学生を対象に相次いで「内定式(入社確認式)」を開くなど、景気回復の「ぬくもり」があちこちで確認されている・・>

http://v.media.daum.net/v/20171002193003777

 

(↓ここからが「続きを読む」の後になります)

 

定期的に上がってきては潰される、「アベノミクスは効果があった」記事の一つですね。記事は、他にも日本が完全雇用に近いほど雇用率が上がったなどの内容を扱っています。

さて、私もアベノミクスによってお金が回っていることは感じていますが、今日、本ブログで紹介したいのはそちらではありません。

 

本記事でもそうですが、「日本が何かよくやったこと」がニュースになると、決まってこんな主張がつきまといます。「韓国がダメだから日本が得をした」。

ソース記事でも、まったく同じ主張の意見が、もっとも多くの推薦をもらっています。「日本が偉いからではない。李明博・朴槿恵が国をダメにしたから日本がその恩恵を受けているのだ」。

「韓国がダメだから日本が得をした」には様々なバリエーションがあります。今回紹介したコメントは「李明博、朴槿恵」のせいだとしていますが、「韓国が理科教育を大事にしないから日本ばかり得をする」、「韓国が製造業を疎かにするから日本ばかり得をする」、「韓国が~分野で人材を育成しないから日本ばかりが得をする」・・・

何か韓国内の社会問題が報道される際にも、「これでは日本ばかり得をする」というパターンのコメントはかならずと言ってもいいほど、付いています。「日本が笑っている」という書き方が多いです。

言い換えれば、「韓国がしっかりして社会問題などを改善していけば、日本が相応の損をする」「韓国に有能な指導者がいたら、アベノミクスは失敗した」。そんな主張とも受け取れます。

韓国人は、韓国が「ちゃんとすれば、韓国が日本に負けるはずがない」と信じているのでしょうか。それとも日本は韓国より「下」だから、日本にできることが韓国に出来ないはずがないと信じているのでしょうか。

反日思想はいつも韓国社会にありましたが、さすがに私の世代だとこういう観点は無かった(どちらかと言うと経済などは日本に学べという意見が多かった)ですが・・

前にも書いたことがありますが、全国民的な認知バイアスかもしれません。「世の中の全ては善と悪で分けることが出来る」は、実際に使われている認知バイアス・テスト用質問の一つです(「はい」と答えると認知バイアスと判断します)。韓国人は、世の中を善と悪として見ています。特に日本に対しては、反日思想のもと、あまりにも善悪論としての観点(日本が悪、韓国が善)が強くなり過ぎで、日本と韓国を相対的なもの(善たる韓国が力を増せば、悪たる日本は力を失う)と信じ込んでいるのかもしれませんね。

どのみち、本当に「疲れる」生き方です。なにせ、韓国が負ける結果になると、陰謀論に走ったり、誰かを親日派にして~のせいだにしたり、そうしないといけないでしょうに・・・

・・・・・って、いつもやっていることだから「慣れた」のでしょうか?

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンク(アフィではありません)になっていますので、内容紹介などを参考にしてください。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

134+

38 Replies to “「韓国がダメになると、日本が得をする」”

  1. タイトルの違う記事に投稿してしまいました。
    上のコメントは「仙甘学院をご存じでしょうか」に対してのものです。
    何でこうなったのか?
    コメント記入途中に離れてちょっと調べものして戻ったらコメントの再記入できなくて最初から入れた。そこで間違った。
    朝からへこむ..

  2. こういうのはまだほかにも有りそうですね。
    かの監督が映画「鬼帰」を作ってのコメントが、「証拠が出ないから私が文化的証拠を作った」と堂々と述べた時、呆れて言葉も出ないと思った。しかも中身は自分たちがベトナムでやった事と同じ。
    韓国人が日本人は蛮行をしたというのは、自分たちがやってきたことである。そして日本人がやった証拠などどうでも良い。
    吉田清治の出鱈目小説がここまでの成果を上げた。
    彼の出自は限りなく怪しい。間違いなく工作員だった。
    韓国人は自分たちの嘘については認識していると思う。
    しかし、とりわけ日本に対しては嘘には付加価値が付くと信じている。そのように思わせたのは我々日本人の責任。
    日本人はこのようなことはしないので簡単に騙されてしまったところも有るが。
    韓国のウソは更にこの先エスカレートするでしょう。
    それを一般の日本人がしっかりと理解していく必要が有ります。

  3. 同時性と差別化を図って
    商品価値を高めるのでは無く、相手を引き摺り降ろして自分の立場を固めようとするのは
    (・∀・)如何にも韓国人って感じですけどね

    問題は、韓国が今も昔も日本をコピー(パクリ)し続けている事なんでしょうね
    日本が差別化を図ると、直ぐに韓国がそれを劣化コピーする
    これでは、何時まで経っても同じ状態が続くことになり
    体力の無い方が滅びる事になるんですが……
    (・∀・)韓国人には理解出来ない様です

  4. 良く言われる事ですが
    韓国は、法律から経済まで
    全て日本の劣化コピー社会なんですな
    つまり
    全く同じ店が隣り合って存在してる訳です
    ある意味、一定数の顧客を取り合っている様なモンですから
    あながち韓国人の主張も間違いとは言えないんですね

  5. こいつらがこういう考えなのは、「日本が駄目になればウリナラが得をする」という考えの裏返しなんでしょうね。

    そのいい例が東日本大震災の時。当時、セウォルの新聞、特に中央日報では「反射利益」という言葉が頻出しました。

    要するに、「イルボンの工業生産力が落ちたこのチャンスにウリナラが大躍進し、イルボンのシェアを奪ってやるニダウェーハッハッハッ!!!!!」という、下劣極まりない火事場泥棒根性の産物ですが、
    実際には「日本の工業生産力が落ちた」お陰でセウォル向けに輸出していた中間財や核心部品の生産が滞り、日本からシェアを奪うどころか自分達が大ダメージを食らったという無様すぎるオチがつきました。

    その事例から学べないのですから、チョンどもの馬鹿さは言語に絶しますね。

コメントは受け付けていません。