良心的米国人?

韓国の左派新聞世界日報が、アメリカの左派メディア「Nation」の最新記事として、左派な内容を報道しています。

「トランプ大統領の対北強硬路線には安倍首相の影響力が大きく作用している」「安倍がトランプの世界で最も充実したファンであり、協力者である」とのことです。

 

(↓ここから「続きを読む」の後になります)

<・・この媒体は、「トランプ大統領が就任以来、危機が発生するたびに真っ先に電話をかける相手が安倍総理であり、トランプと安倍は、北朝鮮が日本を飛び越えるミサイルを発射した後、結束力をさらに強化した」と指摘した。日本は、北朝鮮のミサイルが日本に落ちることを懸念し、トランプ大統領の対北朝鮮軍事措置を積極的に支持している・・>

その後、「安倍総理の介入のせいでムン・ジェイン大統領が疎外されている」などの内容が続きます。

http://v.media.daum.net/v/20171005124404005

 

「あ、そうですか(真正性無し)」と言ってしまえばそれだけですが・・・なぜ本ブログが、原文(Nation)はチェックすらしないでこの記事をエントリーしたのか。

それは、「良心的日本人だけが存在するのではなく、良心的米国人も存在する」ことを紹介したかったからです。この記事を書いた人、ティム・シャーロック(Tim shorrock)さん。彼は良心的な米国人です。

この前、同じくNationに「ムン・ジェイン氏が大統領になると米国は韓国の言うことを聞いたほうがいい。でないと大きな対価を支払うはめになるだろう(The United States Should Listen to South Korea—or It Will Reap the Whirlwind)」という文を書いた人です。

他にもツイートだったかどこだったか、「43事件(済州島四・三事件)はアメリカが主導したものだ」「アメリカのマスコミは韓国を主権国家として認めていない。言論人として恥ずかしい」と書いたことがあるし、この前はわざわざ光州市に来て「アメリカは518(光州民主化運動)の時の発砲命令を事前に知ってそれを放置した」と主張したこともあります。

リベラル思想を持った人同士で支え合うことなら、そんなことまでやめろとは言いません。ただ、リベラル思想などは「仮面」にすぎず、裏では「ある目的の手駒」として動いているだけの人たちがいます。

韓国の場合は「反日と反米の連携。反日を迂回的な反米につなげること」。日本の場合は「日米連帯の破壊」。『北』とか『中』とかが大喜びするだけの共通した目的。「良心的米国人」そして「良心的日本人」たちの動きはそこに一致しています。

 

 

著書関連のお知らせ◉

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

 

“良心的米国人?” への40件の返信

  1. いぜん「トランプが躍進した背景には口だけのリベラルに飽き飽きした人が増えたからだ」といった書き込みを見たことがあります。日米に限らず「良心的~」・「リベラル」といった言葉に違和感を覚えた人が増えているのも事実でしょう。
    そしてそういった言葉に対して自称リベラルが反論者に「差別主義者だ」・「本当はみんな○○だけど××に操られているだけ」と責任転嫁しているのもまた事実だと思います。

  2. この記事の、特に「良心的日本人または米国人」は、韓国にとって都合が良い考え方をする人、ですよね。
    良心的という言葉そのものは、あまり日本と韓国と差が無いと思うのですが、日本が絡むと、途端に意味が片方に寄ってしまう。
    以前そのようなエントリーがあったと思いますが、それを知っていると、読み替えて理解することが出来ます。
    ブログ移転に伴って遡るのにややハードルがありますので、新規の読者さん向けに用語集的なものがあるといいですね笑

  3. お願いです、すいません。

    コメントに番号を付けてほしいのです。それからページの番号も付けて、そこから飛べるように出来たらいいなと思いました。

    ご本はアマゾンで予約します

    1. できるとは約束できませんが、ご指摘の内容は確かにチェックいたしました

  4. リベラル、良心的、破壊、テロ、嘘、偽り、暴力、強制、収容、民族、、、

    ま、いいや。

  5.  最近、「リベラル」という言葉に違和感を覚えています。
     この人(ティム・シャーロック氏)は本当に、リベラルなんですか?
     日本の選挙報道でも、立憲民主党に参加した人達を、民進党のリベラル派と呼んでいますが、私の違和感は大きいです。
     単に「左寄り」という意味で使っているのでは?

    1. >迦具さん
      ジャーナリストの佐々木俊尚氏が『日本の左派はいつから「リベラル」になったのか?』と題したブログを書いておられます。

      氏は、「リベラル」という言葉は政治哲学を示す言葉から「『社会主義・共産主義』の代替語」「『反権力』という立ち位置」を示す言葉に変質している、と分析しています。

      アメリカでも似たような傾向(「共産主義」の代替語としての「リベラル」)があるのかもしれませんね。

      1. 日本語のリベラルならともかく、英語の liberal から liberty (自由) の意味は外れないと思うんですけどね。

        ヘイトスピーチ規制の時、言論の自由から慎重論を述べた真っ当なリベラルは自由民主党(Liberal Democratic Party of Japan)の一部だけで、諸手を挙げて賛成した輩はリベラルを僭称しているだけと確信しました。

        ところで、投票で「リベラル」って書くと自民党になるのだろうか。
        自民党はもうちょっと自由(リベラル)を全面に出せばいいのに。憲法を改正することも国民の自由の一部なんだから。

        1. まったくです。
          日本では、言論の自由に(朝鮮人のため)一定の規制を設けるべきだって側が、リベラルでございと名乗っているからね。
          それのどこがリベラルだって、リベラルな私は小一時間突っ込みたい。

    2. >迦具さん 、「リベラル」という言葉に違和感を覚えています

      日本では、反日売国を言い換えてるだけです
      自分達に都合の良い改正は主張するが、都合の悪い事は守る、言動を棲み分けすれば日本を滅ぼす事には賛成なのです
      彼らは大和民族では無いのです

  6. ティム・シャーロックさん、韓国系ではないのですね。
    ノリミツ オオニシ を思い出しました。

    なんか、毎日新聞や東京新聞にいそうな記者です。
    反日やりながら反米もする。
    そのエネルギーを他の所に使えばいいのにね。

  7. 極左がリベラルを詐称する傾向って日本だけじゃないんですねぇ(シミジミ

  8. 「良心的」の意味、イメージが日韓では明らかに違うわけで
    日本で使う時は、注釈を入れないと誤解されますよ
    洗脳の為なら構いませんがね

  9. あのドイツの前首相は、愛する女性の喜ぶ顔を見るためなら何でもやってしまう…さすがに結婚を四回やっただけのことはあるなぁという人物でした。
    このアメリカの人も、単にそういう裏があるだけだったりして…
    宜しくないのは、こういう極端な主張に普通の人がぐーんと引っ張られることですね。

  10. 「良心的」という言葉には鍵かっこを付けるべきではありませんかね。良心という言葉が毀損されるような気がしてなりませんので。

コメントは受け付けていません。