外国人が日本を訪れる理由(by中央日報)

中央日報が、日本で外国人観光客が増える理由を分析した記事を載せました。以下の五つです。

・安倍総理のリーダーシップ

・オモテナシ

・(東京や大阪だけでなく)地方での外国人観光客の増加

・観光のためのインフラ整備

・円安

http://v.media.daum.net/v/20171006060146009

 

(PC版の場合、ここから「続きを読む」の後になります)

余談ですが・・円安は確かに大きな要因ではありますが、韓国では「円安が日本を訪れる外国人観光客が増えるもっとも大きな理由だ」としなければならない雰囲気があります。ソース記事もそう書いています。

さて、どうでしょう。安いか高いかも大事だとは思いますが、それより、日本旅行では「不必要な支出」が無いからです。

ボッタクリ価格などが一例でありましょうけど、ボッタクリとまでは言わなくても、韓国は観光地などで「どこでも手に入るものを高く売る」動きが強すぎます。

同じ缶コーラでも、町のスーパーで買う値段と、自販機で買う値段と、お祭りの屋台で買う値段と、すべてが同じ値段にはならないでしょう。少し高いところもあれば、すこし安いところもあります。

韓国、特に観光客が多いところは、そういう「どこでも普通に買えるもの」の価格が高すぎます。要は、不必要な支出が増えます。

料理が美味しいかどうかなら、それは人それぞれですし、名物や特産なら、食べたり買ったりしたら相応の記念にもなるでしょう。しかし、韓国の観光地には、そんなものがほとんどありません。どこでも手に入れられるものを、雰囲気と勢いで売っているだけです。

これは、韓国に老舗が無い(親の職業を受け継ぐ人がそういない)ことも一つの原因でありましょう。また、リピーター(再訪客)が少ないという韓国観光の弱点にもそのままつながっています。

私は日本と韓国しか知らないので両国間の比較になりますが、こういう「不必要な支出」は、韓国のほうが圧倒的に多くなってしまいます。観光地を2~3ヶ所まわってみれば、すぐにわかります。

高いか、安いかも大事な問題だとは思いますが、それより、「相応なのかどうか」のほうが、もっと大事なのです。

「暮らし」の中で日本と韓国どちらの「不必要な支出」が多いのかは・・私の暮らしのパターンが変わり過ぎで言い切ることは難しいですが、体感的に物価は大した差がありません。むしろ、日本のほうが少し安い気もします。

 

 

いやー今日はいつもより晴れたネタが多いですね。あくまで「いつもより」ですが・・「いつも」が曇り過ぎか・・・

 

今日は、レナの撮影スペースのハロウィン飾りをやり直しました。末頃には写真でも撮ってやろうかと・・レナスレも早く再開したいですね。壁の方の提灯と、ちいさなカボチャランタン(ゲーセンでゲットした小さなLEDキャンドルを入れておきました)は発光します。大きなカゴにはクマ4匹入れてみようかと(笑

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

151+

35 Replies to “外国人が日本を訪れる理由(by中央日報)”

  1. うーん、日本でも「観光地価格」というのがあり、日本人の目からすれば、「明らかに内容に比して価格が高すぎる」or「明らかに価格に対して内容が貧相すぎる」というのはありますけど・・・。

    これは需要と供給の問題も入ってくるので一概に悪いこととは言えないのでしょうが、韓国における「観光地価格」はちょっと常軌を逸しているということですかね?

    韓国に行ったことはありませんが、まあ容易に想像はできます。

    1. 二重投稿になってしまいました。ご迷惑おかけします。

  2. うーん、日本でも「観光地価格」というのがあり、日本人の目からすれば、「明らかに内容に比して価格が高すぎる」or「明らかに価格に対して内容が貧相すぎる」というのはありますけど・・・。

    これは需要と供給の問題も入ってくるので一概に悪いこととは言えないのでしょうが、韓国における「観光地価格」はちょっと常軌を逸しているということですかね?

    韓国に行ったことはありませんが、まあ容易に想像はできます。

  3. はっ!そういえば韓国旅行した時楽しかったのですが、その土地ならではの名産品とかお土産がなかったですね。
    ソウルはどこでも同じものが売ってたような。
    日本では同じ市町村でもほんの狭い自治体にそれぞれの名産品や、そこでしか食べれない食べ物やお土産がありますね。
    新発見だわ。

  4. お値段のお話だと、観光地価格はともかく正札販売に安心感があるというのも聞いたことがあります。チップの文化がないので、それに相当するものに「サービス料」がありますが、明記の上一律のお値段です。あとは如何に気持ちよくお支払い頂くかに留意しているかどうかでしょうか。

    全力でハロウィンコーナーが出来てますね(*´▽`*)楽しみ

  5. 本とブログの愛読者です。韓国の鉄道に乗るのが好きで、11回も韓国へ行きました。
    シンシア・リーさん、是非とも一度、「日本から来た日本人」のフリをして韓国を旅行して、そのレポートを書いてください。興味深い経験ができて、楽しい記事になると思いますよ。御自身も色々と観察できて、新発見もあるでしょう。

  6. >高いか、安いかも大事な問題だとは思いますが、それより、「相応なのかどうか」のほうが、もっと大事なのです。

    韓国旅行をしたことはありませんが、経験者の話などを読んで、「なるほど、そんなことであれば韓国旅行に行きたい人はいなくなるだろうな」と思っていたことがあります。
    それは「ぼったくり」があること。
    「ぼったくられ、嫌な気分にさせられる」なんて、楽しむために行ったはずの旅行が台無しですよ。
    韓国政府は毎年のようにぼったくり対策と称してなにやら発表していますが、効果が出ていませんよね。

  7. パンドラの憂鬱という外国の人の声を載せるブログが好きで、そちらもよく読むのですが、それを読んでいくと日本を訪れる理由として感じるのは、
    ・古からの文化とハイテクの融合
    ・豊かな自然と都市部の混在
    ・食事
    ・治安
    が人気の理由かな?と思います。物価は高いと感じる声が多かったような。あとネタなんじゃないかと思うくらい落とし物をして、大抵戻ってくることに感動するのだとか。
    一部誇張もあるのでしょうが、そう感じました。実際はどうなんでしょうね。中央日報の分析からは大きく外れるようなw

  8. 観光地ならぼったくりはあり、だとは思うんです。
    それを押しても訪れたい魅力的なコンテンツがあるか、もしくはぼったくりを気持ちよく払わせるシチュエーションを作れればですが。

    昔香港に行った時、観光バスの中で現地のガイドさんがお土産物を売り始めたんです。少々ぼったくり価格で。
    でそのガイドさん、「こちらを皆さんにお買い上げいただくと私のお小遣いになります。」と正直に暴露。
    でもその正直さが良かったのか、「お話楽しいし良くして貰ってるから」と結構ニコニコと買っているお客さんが多かったんですよね。

    韓国は現状魅力的なコンテンツには欠けると思うので、ぼったくりでも気持ちよく払って貰うシチュエーションを演出するといいと思うんですが…。
    そういうの韓国の方って苦手そうですよね。パリパリ精神のせいなのか、上下関係を気にしすぎるせいなのか。

    シンシアリーさんには、できれば日本韓国以外の外国を訪れて、その上での感想を記事にして貰えたらなと思います。

  9. 韓国人の、今この瞬間に稼げる分を最大化したい、という
    低知能的欲求が根源という気がします。
    長期的展望で見れば、稼げる分を最大化するには、
    ぼったくりなどせずに適正価格で観光客が満足できるものを
    提供するのが最善でしょう。
    しかし、韓国人には、そういう思考が無い。
    これもまた、韓国人的には自分が「賢い」と思ってそうです。
    今この瞬間に稼げる分を最大化すること、
    それこそが彼らにとっての賢さ、優秀さ。
    可能な限り材料費をケチって可能な限り高く売る。
    自分の優秀さを誇りながら、なぜか観光客が減っていく現実に不満を漏らす。
    なじぇ観光客が減るニカ?不思議ニダ。。。

コメントは受け付けていません。