「嘘が叔父よりいい」

韓国の諺には、「嘘が叔父よりいい」というものがあります。似たようなものとして、「嘘もうまくつけば田5マジギよりいい」というのもあります。

ここでいう「いい」は、「役に立つ」という意味です。前者は、嘘のほうが、叔父より役に立つという意味です。後者は、マジギというのは広さの単位で、5マジギ範囲の田(≒すなわち農事、暮らしに大いに役に立つもの)よりも嘘が役に立つという意味です。

ミックスして(?)「嘘もうまくつけば叔父よりいい」というバージョンもあります。

 

(↓ここからが「続きを読む」の後になります)

この考え方は、今でも残っています。2016年韓国で出版された、「韓国人の嘘」という本があります。本そのものは、「韓国人は嘘をつく時に自分の鼻に触らない」など、面白い読み物でした。

ただ、妙な部分がありました。引越しの時に処分して本はもう手元に無く、うろ覚えですが、「親たちは、嘘をついてはいけないと子供たちに言いながらも、靈惡に生きるべきだとも教える。その矛盾を、教育だと勘違いしているのだ」、と。

韓国で言う「靈惡だ」は、日本語辞書には「賢い」「利に聡い」などとなっていますが、私の個人的な意見だと、日本語の「ずる賢い」にとても似た語感です。

「嘘をついてはいけない」と「ずる賢い生き方をしろ」を同時に教えている・・そして、それは矛盾している、というのが著者さんの主張であるなら、

韓国人のズルカシコイ生き方に嘘は無くてはならない要素である、という意味になります。

うまくつけば嘘が叔父よりいい、田よりいい、そういう諺がいまでも韓国人の「嘘」と言うものに対する認識として残っていることでしょう。

 

こういう生き方をする人は、嘘をつくことを「当然の行為」として認識するようになってしまいます。まるで、嘘をつくことを、「自分が得をするための、何かの権利」だと勘違いしてしまうわけです。

先週、グァムに旅行に行った韓国人の判事夫婦が、6歳と1歳の子を車の中に放置し、現地の警察に逮捕されました。そのまま児童虐待の現行犯になるそうです。

判事夫婦は、児童虐待の意図は無かったということで罰金刑で済みましたが、現地のニュースで話題になったのは、判事夫婦が言った「3分だけ留守(車に子を放置)にしました」という証言です。二人が留守にした時間は、少なくとも45分以上であることが明らかになったからです。二人が「判事」だということも含めて、ニュースは現地でもそこそこ話題になったとのことです。

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

112+

“「嘘が叔父よりいい」” への46件の返信

  1. 朝鮮語の霊悪にも初めはズル賢いなんて意味はなかったんだと思う
    悪には善でない、正でない、事実を知っている、の他に、強い、賢いという意味も一応はあるから
    次第に朝鮮でも日本と同じように、悪から強い、賢いという意味がなくなっていったんじゃないだろうか

    当然だけど、善には悪でない、事実を知らないという意味はあっても、弱い、愚かという意味はない

  2. 韓国人が嘘をつくのは、蚕が自分のまわりに糸を吐いて繭を作るようなもんです。
    やがてその繭がかれらにとっての現実となり、繭の外の世界が存在しなくなるのです。

  3. 以下すべて妄想です

    (矛盾など露ほどもない)
    大韓民国が子供に「嘘をつくな」と言い、かつ、「嘘をついて他人を陥れte上になれ」と教えることは、大韓民国では極めて当たり前、矛盾など露ほどもないんじゃありませんか

    <息を吸って嘘を吐く>
    という人種が子供に「嘘をつくな」と言う親の嘘…即ち親が「嘘をついてはいけません」という嘘を言って子供を騙した「嘘つき」の実地訓練ですね。

    「嘘をついて他人を陥れて上になれ」も嘘
    大韓民国の親も誰もが年柄年中嘘捏造して他人を陥れてきたのに上になれていないんだから嘘ですね。
    (嘘捏造しかない朝鮮半島は嘘捏造が当たり前だから嘘捏造で出世できるなら全員が出世してることになるが、大学を卒業しても職がない。これこそ嘘捏造で他人を陥れてきたが出世できない朝鮮半島そのもの)

  4. 韓国人にも「後ろめたい」という感覚はあるんでしょうか?
    嘘をついて不当な利益を得た場合に
    韓国人は、どんな気持ちになるのだろう。

  5. まぁ、閻魔大王は忙しく寝る間もなくずーと舌を抜いてることでしょう。
    閻魔さん気の毒だね〜鬼灯さん出番ですよ〜

  6. 某韓国在住日本人ブロガーさんに依れば、韓国人は仕事でもプライベートでも、本当によく嘘をつくらしい。調べれば後々明らかになることでもその場凌ぎで見え透いた嘘をつき、バレれば逆切れで誰かに責任転嫁する。韓国人と仕事をするのもプライベートで付き合うのも苛つくそうです。

  7. すごいですねw
    嘘はいけないと言いつつ、ずる賢く生きろと教育する親。
    親がずるく生きることを教え、また矛盾することを教える。
    韓国人は本当によく矛盾したことを言いますが、
    どうやら、元から矛盾を解消する気がまるで無いということのようですね。
    そういう曖昧さ、混沌の中で生きることこそが彼らの平常なんだろうなと。
    矛盾の中を、混沌の中を、ずる賢く生きる。それが韓国人。(笑)
    これを例えるならこんな感じでしょうか。
    日本人は透明な清い水を求め、清流の中を生きることを望み、
    韓国人は濁った泥水を求め、堆積した泥の中に生きることを望む。
    ああ、どうか誤解されないでください、悪口を書いているわけではありません。
    それぞれの魚には、自分に合った環境というものがあるということ。
    自分に合った環境でこそ、安寧の中、生き生きと生きられるものです。
    韓国人が最も生き生きと生きられる環境、
    それこそがウリナラのユートピア(混沌世界)、ヘル朝鮮なのだと!

    1. 韓国人自身は、その泥濘の中で生きることを好んではいません、寧ろ嫌っている。だから度々新聞にそれを指摘する記事は掲載されるし、皆が問題視はする。

      韓国人は日本のような澄んだ水に住みたい、だから好んで日本に来るが、韓国人が多くなれば日本でもそこは汚い泥濘と化し、日本人は追い出される。

      泥濘を生み出しているのは韓国人だからね。

      1. >泥濘を生み出しているのは韓国人だからね。

        確かに、その通りですね。(笑)
        良いご指摘、ありがとうございます。
        他者の生み出す泥濘を嫌いながら、
        自分もまた同じ泥濘を生み出していることに気付かない人達。
        自分がどういう存在であるのか正しい認識が無い。
        清流の中を生きるには、それに適した存在になる必要があるのに、
        自分の正しい認識が無いので変化することも出来ず、
        努力をする気もなく、ただ憧れるのでしょう。
        変化できないなら、ずっとその泥濘の中を生きるしかないというのに。
        そこ(ヘル朝鮮)こそが自分達に適した環境であるということ。
        なぜなら、そここそが自分達が長年かけて作り出した場所、
        最も韓国人に適した環境であるはずなのだから。

      2. 全くその通りだと思うよ。
        いつしか、そういう分析をきちんと韓国系の人々から聞きたいね。

        1. レスありがとうございます。
          本当に、そんな日が来るならば、期待したいですね。
          韓国人が自分で自分を分析し、改善していけるようになったら、と。
          でも、もしそうなったら、もはやそれは韓国人ではない、という気さえします。(笑)
          絶望的なほどの客観視点の無さと論理的思考の無さ。
          正直、韓国という国が改善していけるルートが、全く思い描けません。。。

コメントは受け付けていません。