積弊(チョクペ)

いつからか、韓国側のニュースで頻繁に出てくる言葉があります。「積弊」です。

弊(폐、ペ)は、韓国では広く使われている言葉です。日本語の「めいわく」も韓国ではペになるし、近所迷惑もなどを韓国では民弊(ミンペ)といいます。韓国のネットに、主に福島原発事故などで、日本のことを「民弊国家」と呼ぶ人が多いのもそのためです。

積弊(チョクペ)は、積もった弊害という意味になります。

 

(↓ここから「続きを読むの後になります)

本ブログでずっと書いてきた、「韓国の問題は、問題が存在するそれ自体ではなく、いつになっても問題が改善しないこと」。これに気づいた人たちは、揃ってこう言います。積もった弊害、積弊である、と。だから「積弊を清算しなければならない」というフレーズも流行ったわけです。

セウォル号沈没事故の後にも似たような表現がありましたが、本格的にチョクペーチョクペーと流行ったのは、朴槿恵大統領の弾劾の頃です。文在寅政権になってからは、当たり前のように「積弊清算」を叫ぶようになりました。基本的には、「国民統合(右と左の和解、政権の中立性など)」関連の演説などが「積弊清算」の一つとして、支持を得ていました。

 

ですが、主に朝鮮日報など保守系列の新聞から、「いま文大統領がやっている積弊清算が、前の保守政権への報復(復讐)にすぎない」という指摘が出ています。特に、朴槿恵政権だけでなく、李明博政権のことで「前大統領、前前大統領が仲良く牢屋行きになるのでは」とまで言われるようになってからは、「政治報復だ」とする声が大きくなりつつあります。

今日は左派新聞ハンギョレすらも、「積弊清算だと言っているのに、なんで政治報復だという議論になるのだろう」という記事を載せ、部分的には共に民主党のやり方にも問題があると指摘しました。

それはそうでしょう。右と左、どちらかが良くて、どちらかが悪いという意味ではありません。

韓国でいう「清算」は、ある問題を解決する(終結させる)という意味で使いますが、もともとは、債務・債権の関係を整理するという用語でした。いわば、貸した人も借りた人も、客観的に(例えば、法律的に)貸し借りの関係をゼロ状態にするという意味だったのですが・・・

「親日派清算」という言葉からもよく現れていますが、韓国人が言う「清算」とは、恨(ハン)を晴らすことです。

ただし、恨は「過去のある時点に刻まれていて、いつになっても何をしても晴らすことができない恨み」。そこに、貸し借りゼロの状態など存在しません。

相手側の権利を完全に殲滅しないといけません。自分には権利だけを残し、相手には義務だけを残します。それでも晴らすことができません。次はもっとひどい仕打ちを相手に与えないと、自分自身が負けた気がして悔しくて仕方がありません。

これは、現在だけでなく、過去の関係にも適用されます。どれだけ過去に遡ってでも、自分に有利に物事を書き換えないと、韓国人が言う「清算」は成立しません。親日派清算に比べると、積弊清算で政権を二つ遡る位、どうってことないでしょう。

もちろん、「積弊」の清算が、盧武鉉政権まで遡ることは無いでしょう。ナムには恨(ハン)を、ウリには情(ジョン)を。これが基本ですから。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

108+

30 Replies to “積弊(チョクペ)”

  1. ROM専でやっていたので、新サイトでは初コメですね。

    積弊清算、調べたら「チョクペチョンサン」と発音するようですね。日帝残滓や日韓の歴史問題関連で多用されてたようにも思いますが、韓国内の問題でも使っているんですね。

    まあ、責任転嫁で解決する気が無いから、どんどん積もっていくのでしょう。
    (明日から本気出すw で繰り延べとw)

  2. 朝鮮を含めてシナの王朝では、新しい王朝が出来た時に旧王朝は天命(朝鮮だと正統性とも言えます)がなくて滅んだ、故に今の私の王朝は正しいのだという歴史の書き換えをします
    シナの伝統に即した考え方どうりの行動なんですが、(チョクペ)ですか・・・普通の中華文明圏の原理にしたがっただけなんですけどね。

  3. 日本でも改革派(過激派)が「総括」という言葉を使います。意味合いとしては韓国の「積弊清算」とほぼ同じで、自分たちがするものではなくて相手に強要するものです。
    日本の過激派も成功者への恨み辛み(恨)で動いていますから精神構造が似るのかもしれません。

  4. 反日こそが韓国最大の積弊って書いたらあっちじゃ逮捕されるのかな

  5. 慈悲の心というものを持たないのが韓国の多くの国民なのかもと改めて思いました。
    人として大事なのものなのですが。
    真心などもあまり持ってなさそう。
    その時々で自由自在に変わる「ウリ」には愛を注いでみたり無条件で甘かったりするのだけれど、それは所詮自己愛の範疇を超えないし。
    そもそも善悪の基準もおかしい上に自由自在にその基準すら変えるし、都合良くいくらでも嘘をつくし、立ち位置も解釈もクルクル変えるし、卑怯で卑劣で傲慢で残酷で残虐で執拗で粘着質で・・
    韓国の親日派さんも覚悟を決めねばならないのでしょうが、濡れ衣で一方的に憎悪されてる日本もそこらを覚悟してよほどうまくやらないと大変だと改めて思いました。

  6. 本邦では対人関係を終わらせる際、また法人の解散等で終了させる時に債権債務を解消することですね。>清算
    終わらない時は使わないです。

    晴らしても晴らしても、晴らせないから、晴らそうという気持ちばかりがより強くなるんですかね。何度○しても蘇ってくる化け物を相手にするホラー話みたいです。要は自信がないんだな、と思います。
    それか、相手を殲滅しさえすれば全てが上手くいくはずなのに、そうはならないから、もっとやらなくてはと焦燥感に苛まれたりするんですかね。

  7. 簡単に言えば「恨」は「清算」されない ということですね.納得.

    恨は「哀」の類型だが、人は哀を持続することはできない.
    ストレスはそれを解消する方向の心理的反作用を生むからだ.

    恨にはそれを晴らすことで得る「喜」も含まれるのだろう.だからこそ止めること必要としない、否、喜を求め続ける中毒を患ってしまう.

    朝鮮の恨という概念の中に自身を焦がす種が埋め込まれている.
    やっかいだねぇ

コメントは受け付けていません。