10月10日、中国通貨スワップ満期、日本WTO紛争、北朝鮮ミサイルが重なる?

イーデイリーの報道によると、どうやら10月10日に、イベント(?)が重なるみたいです。

まず、中国との通貨スワップ満期です。韓国、中国の連休のせいで、もし更新か満期延長が決まっているなら連休前に何かの連絡があっただろう(更新は難しい)という見方が強くなっています。中国では、10月10日は「双十節」といって建国記念日みたいな扱いになっていますので、通貨スワップを更新するもしないも、発表そのものが後回しになるかもしれません。

次、韓国が日本の水産物を輸入禁止している件、WTOに提訴され、その中間報告書が10月10日に両国の配布されます。韓国内では「負けが確定したようなものだ」という意見が広がっており、一部では「前の政権が責任を取るべきだ」という主張も出ています。

 

(↓ここから「続きを読む」の後になります)

そして、北朝鮮が何かの挑発(多分ミサイル発射?)を10日に行うのではないか、という見方も強くなっています。平和平和平和!北朝鮮体制認定!国連の役割(日米の役割とは言ってない)!と叫んでいる文大統領としては、また何を同反応するのでしょうか。

http://v.media.daum.net/v/20171007130712900

 

記事には、「13日には米国の為替レート報告もあり、韓国が為替操作国にされるのではないか」という指摘も書いてあります。

余談ですが、本記事も書き方が「北中日」になっていますけど、北朝鮮と米国の場合も韓国は「北米」と書きます。単に発音しやすくしただけなのか、北朝鮮も韓国の領土だと思っているからか、それとも、同じ民族だから、でしょうか?

 

 

 

 著書関連のお知らせ 

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

116+

19 Replies to “10月10日、中国通貨スワップ満期、日本WTO紛争、北朝鮮ミサイルが重なる?”

  1. 北中日は、まあそういう感覚なんだろうと思いますけど、気になるのは、米国とチャイナの場合はどちらを先に書くのかですね。
    米支と書くのか、支米と書くのか?
    新聞社によってまちまちそうな予感。

  2. 「前の政権が責任を取るべきだ」
    どうして欲しいのか具体的に説明して欲しい物です。
    その結果、問題が解決するのか教えて欲しい。

  3. 中国とのスワップが切れるのは悪いことかもしれませんが
    最悪は、中国との無期限・無制限スワップじゃないかな~

    ちなみに、日本はアメリカとは無期限・無制限スワップ、EUとも無期限・無制限スワップを組んでいたと思います。

    中国にとっては、中韓の無期限・無制限スワップは美味しいと思うんですがね。
    ブン大統領が訪中する時は無期限・無制限の中韓スワップだと思いますよ。
    人民元経済圏に入っていくだけだと思いますけどねw。

    1. 中国との貿易では役に立つそうですが、債務等も米ドル決済が多いので、実際には、通貨危機が到来しても、人民元は役に立たないと、どこかで読みました。

  4. 「双十節」(中華民国国慶日)は台湾では祝日で休みですが、中国では記念日(辛亥革命記念日)ではあっても休みにはなっていません。だから発表が後回しになることは無いのではと思います。

コメントは受け付けていません。