(簡易更新)韓中通貨スワップ、延長に合意

簡易更新です。韓国と中国の通貨スワップのことですが、「既存の内容のまま3年延長に合意した」と韓国銀行総裁が発表しました。

すでに同じことを書きましたが、韓国は交渉のアプローチの仕方そのものを間違えていました。満期まで延長できなかったものを、またここまで必死に延長する必要があるのか・・と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

満期が来てからも、韓国側は明らかに「どうしよう」と焦る記事ばかりでしたが、中国側はすでに官営メディアに「必要ない」という内容を乗せながら「中国は通貨スワップに積極的になる必要はない」という態度を示しておきました。

両国の態度を考えると、今回の延長の裏には、韓国が中国側の「何かの要求」に乗った可能性が高いのではないか?と疑わずにはいられません。

証拠は無いものの、「そう疑わせた」だけで、もう中国外交の勝利ではないのか、な気もします。

とにかく、何度も扱ったネタなだけに、結果報告ということで、簡易更新でした。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“(簡易更新)韓中通貨スワップ、延長に合意” への36件の返信

  1. 韓国がどんな毒を飲んだのかって、誰でも疑いますよね。アメリカも間違いなく疑っているでしょう。(´∇`)
    まさか、戦作権と関係があったりしてね。

  2. 両国発表なら韓国にとってはとりあえず一安心ってところだろうね。
    自分もみなさんと同じような展開に期待したところはありますが::
    さて支那もしたたかですからいざという時履行するかどうか・・・
    両国共狐と狸だから疑問を呈する気もする まぁ日本に抱き付いて来ないだけでも良かったなと感じましょう

  3. 残念、、中国の報道でも合意を報じていたのを確認しました。
    日本語で読むのなら、レコードチャイナで確認できます。

    面白い展開を期待したのに。「後頭部を殴られたニダ。」ってね。

  4. 相変わらず中共はエゲツないね.

    話の流れからすると、既に再契約として調印がなされていたが発表できなかった.  ・・・恐らく、最初から更新という形をとることを許さないのが中国側の筋書きだった.

    日本の時と違い韓国の報道はスワップ必要論が主流となり、中国様の存在感を韓国民に印象付けた.
    中共も中央党大会で元の世界通貨推進成果を報告できる.

    後は中国側発表の確認と首脳会談のお土産が何なのかだね.
    手玉にとられてますなぁ

  5. 中国って韓国の国債の最大保有国ですね
    多分、韓国の面倒を引き受ける気になったんじゃないのかな?
    勿論生かさず殺さず

  6. この話の可能性の高い順番を下記に記すと、
    1.中国「この様な合意は無い」もしくは「この件については話し合  いを持った事は無い」
    2.韓国より先に中国がスワップ請求を出し、全額ドルに換えらえる
      ウォン大暴落
    3.THAAD完全撤廃が条件と中国に暴露され米国大激怒
    4.拒否が出来ない位、習近平の影響力が落ちている。
    5.北もしくは中国に併合されることとが決定された
    位しか思いつきませんが紳士蟻さんはどう思いますか。

  7. 仮に韓中通貨スワップがまた結ばれたとして、なぜ相手が約束を守ってくれると思うのだろうか 
    相手は両方とも周辺国から約束をも守らないと思われてる国なんだが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語を含まない投稿、外国IPからの投稿はできません。Sorry, but Do not comment from oversea IP-address please. Too many SPAM now...