戦時作戦統制権「転換」か「還収」か

土日ということもあって、なにかいつもと違うネタ(以下略)・・は無かったので、いつもどおりの記事を一つ紹介します。

韓国日報の報道ですが、公式演説などで文在寅大統領が戦時作戦統制権を「還収」すると言ってる事に対し、韓国国防部が困っている、という内容です。

なぜなら、国防部、在韓米軍(の訳)、公式に使われている文書にも全て戦時作戦統制権の「転換」になっているからです。

普通に使うなら、別にどうでもいいでしょう。私は「返還」や「移譲」という言葉を使っていました。でも、大統領が使うとなると、話が違います。

 

ここから「続きを読む」の後になります)

<・・ある者は(※大統領が転換、還収のどちらの言葉を使うのかが)何がそんなに問題なのかと反問するかもしれない。しかし、二つの言葉の意味は明確に異なる。還収(take back)は、取り返すという意味であって、同等の相手との間の関係変化を意味する転換(transfer)に比べて、私たちが戦作権を長い間米国に奪われていたというニュアンスが強い。日帝に侵奪されたり、海外に搬出されたりした文化財を返してもらうというのと同じ心情だ。だから盧武鉉政府の時、2012年まで必ず戦時作戦統制権を「還収」という用語を使用した。

一方、転換は還収に比べると中立の意味を含んでいる。未来志向的な韓米同盟の趣旨にも合致する。2012年から2015年で、再び2020年代半ばに戦作権転換時期が延期され、その間、北朝鮮の脅威に対抗し、韓米同盟の重要性が継続的に浮上し、過去10年間、政府の公式用語は「戦作権転換」だった・・>

http://v.media.daum.net/v/20171014110228019?rcmd=rn

 

金泳三氏は、大統領になってから、「解放」のかわりに「光復」を公式に使うようにしました。解放は「誰かにしてもらった」もので、光復は「自主的にやった」ものだから、解放ではなく光復だというのです。それまでは、どちらの用語も使っていたけど、「解放」がもっと一般的で、政府公式文書などにも普通に使っていました。でも、金泳三氏の頃から「光復」以外は使わなくなりました。

それと似ている気がします。

「『転換』じゃない。不当に奪われた私たちの正当な権利を取り返す『還収』なのだ!」と。ハハーン、これも恨(ハン)ですね。さすがノム「ン」タン。

言葉一つからも、政権の「性格」が出ていて、面白いっちゃ面白い話です。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

 

126+

50 Replies to “戦時作戦統制権「転換」か「還収」か”

  1. 主権国家であれば、その国の軍隊の統帥権はその国にあるのですが、朝鮮戦争であまりにも韓国軍がだらしなかったので、李承晩大統領もしょうがなく統帥権をアメリカに丸投げしてしまったのですな。つまり韓国は当事者能力がありませんと認めたようなものです。返還してもらうのが筋でしょう。しかし、現在の韓国軍では自ら考え自ら行動するだけの力があるかどうか。なにしろ今までその経験がないのですから。当事者能力どころか、当事者意識すらも怪しいと思います。

  2. 審陽軍(中国の朝鮮族)⇒審陽軍(中国の朝鮮族)も
    ↑訂正

    戦時作戦統制返還言うのは「有事のときにアメリカの指示に従わない(日本とアメリカは韓国=朝鮮民族の敵じゃ!)」言うことですよ。お忘れなく(^-^)

  3. まず今の朝鮮半島情勢を考えてみるね。
    金正恩がアホみたいに興奮してミサイルやミサイルや大騒ぎしてるやん。誰がどう見てもアメリカに北朝鮮が敵うわけないやん。金正恩何したいねん?頭おかしなったん?きちんと説明できる人いる?
    あれはさあ
    「現在、韓国も審陽軍(中国の朝鮮族)北朝鮮のコントロール下にある。朝鮮統一の準備はできた。米軍は直ちに韓国から撤退せよ。」そう言うてるの。
    滑稽や思う人も居るかもしれんよ。でも文大統領の行動や中国のモタモタを見てるとあながち嘘とは言いきれない。金正恩強気やもん。
    でさあアメリカはこれから間違いなく北朝鮮に軍事行動に出る。日本もアメリカも「これから米軍が北朝鮮に攻撃するけど韓国はひょっとしてアメリカ裏切って北朝鮮に付くん違うんかな」。そう疑っている。事実韓国がアメリカを裏切る可能性は極めて高い。
    そうなった場合、日本に居住する韓国人は敵のゲリラ兵、韓国は敵国、韓国軍は敵軍になる。日本にとっては極めて深刻な事態やん。
    トランプは北朝鮮をなかなか攻撃しないのも今日本で選挙やってるのも韓国の反逆を想定して準備しとるんや。
    麻生さんが国家機密をちらっと漏らしたやん。「武装難民は射殺しろ…」(笑)そもそも北朝鮮に難民が武装するような武器余ってますか?武装難民言うのは武器持って日本人殺しにくる韓国軍のことやん。
    トランプも「嵐の前の静けさ」って言ってます。北朝鮮爆撃して金正恩捕捉するのにアメリカの軍事力なら半日で済むでしょう(^-^)どこが「嵐」やねん?韓国が民族統一したいがためにアメリカ裏切るんですよ!
    日本危ないです!シンシアリーさんには悪いけど日本人は朝鮮人に命狙われてます!みんな注意しろよ!

  4. 韓国メデイアは細いネタが豊富でいいね

    ところで、米韓相互防衛条約は有事自動介入になっていない.したがって戦時作戦統制権が返還されれば、米軍への攻撃に対して韓国政府が拒否することができる.
    左派政権にはこのような目論見もある.

    現在の米韓合同軍司令部は米韓相互防衛条約により設置されたが、元々在韓米軍司令部は国連軍の指揮下にあった.
    さて、韓国軍は国連軍の指揮権をどう扱うのだろうか?

     
    また、司令部が異なることは作戦立案に米軍情報が使えないことを意味する.韓国が構築中のキルチェーンはに探知・防禦・撹乱・破壊を一体的に運用するものであるが、始点となる探知能力が非常に弱い.せっかく米軍が配置したTHAAD AN/TPY-2 レーダーが取得した情報も韓国軍の指揮には利用できなくなる.

    アメリカにとって重要なのは在韓米軍の位置付けだ.、
      ①米軍が朝鮮半島事態へ関与することの保証(抑止力)
      ②韓国軍の暴走抑止(単独北進の懸念)
      ③在韓米軍の機動軍としての拠点(中東等への派兵)
    ③は後年に浮上した、韓国専用軍ではコストが大きすぎるのだ.米軍としては③へ重心を移すために装備・配備方法を転換したい.それが不合理な場合は在韓米軍を縮小したい.

    そのために戦時作戦統制権が返還は米軍にとっても望ましいのだ.
    ・・・その後、朝鮮半島有事が起きないことを前提として.

    さて、アメリカは何かの目処がついたのだろうか?

    長文失礼、もう見る人も少ないだろうからお見逃しを.

コメントは受け付けていません。