韓国の青年団体、訪米してトランプ大統領の弾劾署名運動・・「韓国は弾劾先進国だ」

寝ようと思ったのですが・・逃したくないものが一つあったので、紹介します。

韓国の反米青年団体「訪米トランプ弾劾青年遠征団(※防弾青年団)」が、トランプ大統領の訪韓を止め、弾劾署名運動を開始するために訪米すると発表しました。

※訪と防が同じ発音であるため、「訪弾」を「防弾」にかけたネーミングのようです

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ええと・・彼ら防弾青年団は、今月25日から来月1日までニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルスなどで米国内でのトランプ弾劾世論を高め、国際社会とともに反トランプ平和連帯を実現する」としています。かなりお金に困っているのようで、飛行機代を募金しているそうです。

彼らの主張だと、「トランプ大統領は自国内で弾劾の危機であるだけに、『弾劾先進国』である韓国の青年たちが、米国に弾劾を輸出したい」とのことです。

(原文ママ)

 

他には・・見なくてもわかるような内容ですが「北朝鮮への敵対政策の撤回を要求」「アメリカ人たちと一緒にホワイトハウスの前で反戦平和を叫ぶ」「対北朝鮮制裁で朝鮮半島の危機を高める国連本部前でも1人デモと記者会見をする」、と。

http://v.media.daum.net/v/20171019200717066

 

弾劾といっても、それは「デモ(ろうそくなど)」の結果物として掲げているだけで、彼らが自慢したいのは「デモ」といったほうがいいでしょう。デモによる弾劾など非正常的なプロセスをここまで誇り高く思っている時点で、なんというか、なにかが派手にズレているとしか思えません。

こういうのは・・・そうですね・・・ほぼ間違いなく失敗するでしょう。防弾さんたちがそれを人生経験として建設的な方向に活かすなら、それはそれで・・と言えなくもないでしょう。でも、絶対に失敗したとは言わない(思わない)のがこういう人たちの特徴でして・・・・

 

※10月25日追記・・

入国拒否されて、米国大使館の前で抗議デモやってるみたいです。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“韓国の青年団体、訪米してトランプ大統領の弾劾署名運動・・「韓国は弾劾先進国だ」” への68件の返信

  1. > (朝鮮日報日本語版) 韓国の反米団体「訪弾青年団」、米国入国を拒否される
    > ビザに問題があるため米国入国ができないと通告された

    これは入国拒否のリストに載ってるってことです。
    ですので、今後もあらゆる形でアメリカへの入国は拒否され続けるでしょう。

  2. (朝鮮日報日本語版) 韓国の反米団体「訪弾青年団」、米国入国を拒否される
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00002989-chosun-kr&pos=1

    予想通りアメリカは彼らの入国を拒否しましたね。

コメントは受け付けていません。