神の一手(妙策)

曇ったネタを当たり前のように扱い、「いいね」ボタンに「曇るね」を併記した本ブログですが・・・そんな本ブログのクモリレベルを持ってしても、わけがわからないニュースがありました。

古里(ゴリ)という地域に建設中だった新古里原子力発電所(5、6号)は、文在寅政権が脱原発政策を推進しながら「公論化するからとりあえず建設中止」とされていました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

当たり前ですが、現地住民(を洗脳した市民団体)は「あるある」と賛同したものの、財界からは「ねーよ」とかなりの苦情があったようで・・

「市民参加」で集めて公論化した結果、5.5対4.5で「建設を続けるべきだ。脱原発政策には賛成だけど」というおかしな勧告案を出す結論になりました。ここは心証だけですので言い切ることはできませんが、市民参加といっても、それは各方面の「市民団体」が参加したことになります。財界がそれらの団体に何か・・あんなことやこんなこと(お金的な)をやったのではないでしょうか。

とにかく、私はこのニュースを聞いた(読んだ)時、「ああ、文在寅政権の脱原発政策にかなりのダメージになるなこれは。市民団体は基本的に現政権の味方だったはずだが、意外な結果になった」と思いました。

ですが・・・・

なぜかマスコミはこの決定を「古里原発も完成でき、原発廃止政策も進められる。まさに神の一手(まさに神がかりな妙策)だ」と褒めまくっています。

 

「原発工事も再開でき、脱原発もできるまさに神の一手になった勧告案」

http://v.media.daum.net/v/20171020175517666?d=y

「公論調査で市民の力を新たに発掘・・品格のある手続き」

http://v.media.daum.net/v/20171020203017472

 

まっさきに思い出したのは、政治権限を市民(団体)に渡せ」にも書きましたが、市民団体が権力を強める韓国の現状です。

「市民」という言葉に何か反論でもしたら、マスコミだろうとなんだろうと踏み潰される・・そんな時代のことです。

国民感情法→ダダコネ法→・・・・その次は、何があるのでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“神の一手(妙策)” への41件の返信

  1. シンシアリーさん。公論化は馴染みのない言葉なので意味がわかりませんが、韓国メディアの説明している公論化委員会ならわかりますよ。
    日本では、たぶん、一番古い事例は、平成7年の長良川河口堰の円卓会議です。それ以降、賛否の分かれる公共事業の計画について、市民参加の委員会方式で検討することは定着しています。もし、韓国の公論化委員会がそのようなものならば、良い政策だと思います。多くの日本人も同じ感想を持つと思います。
    シンシアリーさん。韓国の公論化委員会がどういうものであるのかを再度確認して知らせていただけるとありがたいです。よくわからないまま、韓国のやることだからと日本人が批判するのはちょっと違うと思うので。

  2. まあ原子力発電所 といっても
    あくまでも原子力で沸かした蒸気を使う火力発電所の一形態でしかないですし。

    1. ノー!!! 
      正確には
      火力発電 → 蒸気タービン発電
      (´-ω-`)コレ豆ナ

  3. おそらく韓国人の中では
    原発と原子力発電所は異なるモノとして
    矛盾なく認識されているのでしょう(棒)

    日本列島を放射能塗れと評しながら
    日本へ旅行するのと同じとちゃいまんのん
    (・∀・)v

コメントは受け付けていません。