「ウリ」だから?・・教育庁の監査官が「権限内のイジメは合法」

6月、ある小学校の教頭先生が、女先生におもちゃの弓矢をうつ事件がありました。会食かなにかの場で酒に酔った教頭先生は、女教師に「そこに立ってろ」と命令して壁側に立たせた後、おもちゃの弓矢を撃ったというのです。女教師はなんとか避けて、怪我などはありませんでした。その前にも先生たちに対して「甲っぷり(権力を利用した乱暴さ)」がひどかった教頭先生にこれ以上耐えられなくなった、その先生と、何人かの先生たちがこの件を外に漏らし、テレビ放送でニュースになったりしました。

で、本題はここからですが・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

教育庁から派遣されてこの件を調べていた監査官たちが、教頭先生を擁護し、女教師に「権限内のイジメは違法ではないじゃないか」「先生だって子供(学生)が嫌いになったりするだろう」などと話した、とのことでして。

本文では「苦しめること」となっていますが、韓国ではイジメを「괴롭힘(苦しめること)」と表現することが多く、会食の場だったなどのシチュエーションから本エントリーでは「イジメ」と訳しています。

ソースURLはここです(※SBSで危険なサイトではありませんが広告が多く、動画があります)

 

事件そのものは、私も「ふざけんな酔っ払いが」とは思っているものの・・

本ブログ、他にもおかしい記事をあまりにもタクサン見てきたので、もうこれと言って驚くほどではありません(つぶらな瞳

 

気になるのは、教育庁監査官の言葉です。「権限内のイジメは合法だ」。これは、2つの解釈ができます。

ひとつは、上下関係を受け入れろ、という意味です。韓国人の組織観でもあります。上が下をイジメるのは当たり前ではないか。下がそれに耐えないと、組織が成り立たない。だから下が耐えるべきだ。それを口説いたのでしょう。そう、「上」には、「下」を苦しめる権利がある。それが韓国人の組織観です。

もう一つは、「情」のことです。

恨(ハン)は、ナム(他人)に向かいます。規則を越えてでも、絶対に許してはいけないとします。情(ジョン)は、ウリ(味方)に向かいます。規則を越えてでも、何があっても許さないといけないとします。

監査官は、問題が大きくならないようにするため、女教師に「情」を訴えたのでしょう。そのつもりで、「権限内のイジメは合法だ」という言葉で現れたのではないでしょうか。

 

結果的に見えてくるのは、韓国人がよく口にする、「いいものがいい(좋은 게 좋다)」現象です。何の問題も起こすな。それが一番だ。そういう意味です。

直すべき問題があっても、それを問題として騒ぎを起こさない(=ウリ内の問題を外に漏らさない)のが一番いいという考え方です。

そして、それは本ブログでいつも書いている「韓国の問題は、問題が存在するそれ自体ではなく、いつになってもその問題が改善しないこと」の一因でもあります。

いつだったか家のことで書いた「ウリには秘密があってはならない」という考えもまた、この件と繋がっていると見ていいでしょう。

本当に、疲れるものです。韓国の「ウリ」というものは。ウリツカレとでも言いましょうか。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“「ウリ」だから?・・教育庁の監査官が「権限内のイジメは合法」” への54件の返信

  1. ウリとナム。当然、ウリが上で、ナムが下。さらに、ウリの中には序列があり、それが下の奴は、上の人の言う通りにしろ、そういう事なのか?そして根本的に、儒教思想により、当然女は男より下の存在だ。だから、女は男の言う事を聞かなければならない。それが、女性の意思に反して強姦されても、文句を言うな、黙ってろ、そういう身勝手な考えに繋がっているのではないか、だから韓国では強姦という犯罪が多いのだ。しかし、それを拒否した瞬間、ウリから、ナムに蹴落とされ、差別される。リアルに地獄のようだ。

  2. そんな事が起こるなら他の国に行きたいと思うかも。でも他の国に行くと今度はその人が上下ウリナム主張始める気がするの。だから他の国でもコミュニティを作ってその国のルールに馴染もうとしない。子供の頃からの教育環境や家庭環境の影響が大きいよね。
    おもちゃの飛び道具でも人に向けて打ったりしたら家に雷落ちる(親にめっさ怒られる

    1. 旅行先で、韓国人が、現地に住んでいる韓国人に騙されて被害にあったというニュースで、韓国人のコメントで、旅行先で一番気を付けなければならないのは、同胞の韓国人だ、そういうコメントをよく目にします。以前はまるっきり理解できませんでしたが、ウリとナムという韓国人特有の思想を知って、理解できるようになりました。本国から旅行に来た韓国人は、同じ同胞ではあっても、ウリではなく、ナムなので、騙してもいい、そういう考えなのでしょう。

  3. 「個人の人権」と言う発想が無い。
    公集団の中には序列が有り、序列が優先される。
    序列が優先されるから「這い上がりたい。」と、願う様に也。
    だから韓国人は、物にすがって飾りたがる・・・。
    それが、物品だったり地位だったり権力だったりする訳ね。
    だんだん韓国社会が理解出来て来ました。
    公と個の区別が出来ていない社会は、近代国家には存在しない。
    韓国社会は、封建制社会から抜け出してない証拠。

    1. 朝鮮半島に封建時代はない。日本によって奴隷制度(支那の奴隷半島)からいきなり解放され「近代日本の一部」に組み込まれた。日本統治時代が、半万年の朝鮮半島で朝鮮半島人が人間扱いされた唯一の35年間だった。
      WW2の結果アメリカが植民地としたが面倒になり、またアメリカは朝鮮半島を手放した。それから約70年、大韓民国も奴隷社会に先祖帰りした。
      ….ウリとか言っているが、奴隷組織の中で下位奴隷(女性教師)に上位奴隷(教頭先生)が暴力するのは当たり前という極々普通の奴隷社会の肯定なんじゃありませんか。

      日本統治の人権を体験した朝鮮人が社会の第一線から引退し、人権を知らない(ご主人様のご機嫌次第で殺されるのは仕方がないという)半島に逆戻りした….んでしょうね。

  4. こういったハラスメントは、どこにでもあります。
    ハリウッドでも30年ほどに渡って、セクハラが行われていたと・・・今頃告発しているし。

    その人がハリウッドで権力を持っていたから、今まで表面化しなかったのでしょうね。
    日本にだってあります。
    宴会時のお酌の強要?
    酔うとタガが外れたように、横暴になる人。

    国がどうとかより、個人の問題に帰すると思うのですが・・・。

    1. 違う違う
      ハリウッドは、セクハラというか自由恋愛というか、そういう世界でしょ。それでも今頃になって訴訟?とかやり返している。何故、今なのかはなにはトランプ大統領と関係あるかどうか知らんが、兎に角アメリカはセクハラを世の中に公表しダメージを与えることができそうだ。
      子供を教育する学校の先生間で、上司(教頭先生)が部下(女性教師)をどんな弓矢か知らんが、酔っぱらって弓矢の的にした。その上、女性教師は気に入らない子供を同じようにいじめるだろうと教頭先生を庇っている。アメリカや日本とは全く違った非常に気持ち悪い半島ですよ。

  5. 支那の支配下あった訳だから何ら不思議ではない。
    が、俺は目が点だ。
    一事が万事。

    こういったものの考え方は、仮に韓国が国家だとするなら、国家そのものの在り方にも通づる話だ。
    実際に国は傾いたままである。そして、傾いた状態を治したことはいまだかつてない。
    寄生することに執着する韓国はその寄生から更に何かに寄生する順番を決めている。こいつらは権力に寄生する連中のようではあるが、戦場売春婦の権力と権威には劣る。ひょっとすると、戦場売春婦が一言を物を申せば、ガキがやらないようなこんな戯言も簡単に終息するかもしれない。

  6. この話はそのまま韓国の反日に通じますね。
    日本は韓国に悪いことをしたのだから韓国は甲である。だから日本は韓国が何をしてもじっと耐えるべきだし、どんな時でも韓国を愛さねばならない。なぜなら韓国は甲なのだから!

    明らかに日本の嫌韓とは違います。こんな考えだから日本が韓国が嫌いだと知ると本気でびっくりするし、日本旅行に行くことに何の違和感も感じない。
    これは日本に愛想を尽かされるのもさもありなんですね。

  7. いわゆるイジメは日帝残滓と言い切っていた頃が懐かしいですね。まだいけないことという意識が有りました。今は開き直りしてるんですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。