心術(シムスル)

もともと土日は「なんかいつもと違うネタ無いかな」と悩んだりしますが・・火曜日の夜あたりにレナのハロウィン写真でも載せるとして、今日は、「心術」という言葉を紹介します。

皆さんは、心術という言葉の意味をご存じですが?もしご存知でないなら、「心」と「術」でどんなイメージをお持ちでしょうか。

日本語の辞書的な意味を調べてみると、グーグル卿曰く「心ばえ」「きだて」「行為や動機が発するもと」などの意味だそうです。他にも、「心の持ち方」などの説明がありました。にゃるほど。

 

ここから「続きを読む」の後になります)❤💙💚💛💜

心という字と、術という字は、日本と韓国に共通して存在します。

ただ、漢字が入ってくる前から、日本には日本語「こころ」があったでしょうし、韓国(朝鮮半島)には「マウム」という言葉がありました。どちらも漢字の「心」にあたいするものであったため、こころもマウムも、漢字表記は「心」になりました。

心+術で、昔の日本人が「これが心と術で表記すべき意味だ」としていたのは、「こころばえ」や「行為や動機のもと」だったわけです。心+術ですから、それは確かにそうであると思えます。

 

「心」の日本語辞書には・・その意味がどうなっているのでしょうか。これは、意味が多すぎるので、ここでは省略します。

韓国語辞書の「心(マウム、마음)」にもかなりいろんな意味が載っています。「感情、考え、記憶などが生まれるところ」「何かをしようとする意」「内面の感情や心理」「心を使う態度」などの意味があるみたいです。

普通に使っている言葉の辞書的な意味を見ると「え、こんな意味もあるんだ」となかなか新鮮ですね。しかし「心」の意味が「心を使う態度」ってこれ説明としてどうよ・・

 

じゃ、「術」は何でしょうか?日本でも韓国でも、基本的には「術≒方法」のようです。

日本側の辞書だと「何回も行って自分のものとなった能力。手仕事の能力。学問。わざ」、「一定の技能によって行われる仕事。その仕事のやり方」などです。

韓国語だと、「ある目的のために事を運ぶ巧妙な考えや方法」「(民俗などで)占う方法」となっています。

 

じゃ、本題ですが・・韓国語「心術(シムスル、심술)」は、どんな意味なんでしょうか?昔の朝鮮半島の人たちは、「心」と「術」の表記が、どんな意味に相応しいと思ったのでしょうか。

それは、「いじわるして他人を苦しめたり、他人の良いことを妬む悪しき心」です。

※ソース・・DAUM語学辞典(dic.daum.net)

 

「心」の部分に、先の「心」の韓国辞書の意味を入れてみます。適当に「生まれるところ」を「源」にしてみると・・

「心術≒いじわるして他人を苦しめたり、他人の良いことを妬む感情、考え、記憶の源」。

ちょっとちょっとちょっと!どうしてそうなる!どうしてこうなった!と思わざるを得ません。心と術なのに、なんでこんな結果になるのでしょうか。

 

考えられるのは・・そうですね。曇り戦闘力500以下の方は危険だからお読みならないほうがいいと思いますが・・

昔、朝鮮半島の人たちが「心」と「術」の漢字表記にもっとも似合う(もっとも自然に合う)と考えていたのは、「恨」に近いものではなかったのでしょうか?

 

邪推です、はい。

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

 

“心術(シムスル)” への46件の返信

  1. シンシアリさんは知的で心術も正しい人の様だし(心術、使ってみました)韓国語と日本語に堪能で両国についての見聞もある
    日本を語るのに韓国のフィルタ
    韓国を語るのに日本をフィルタで良いのじゃないか
    ニワカに中国(広いし四千年だろ)持ってきて何になる
    自分は日本人、何十年もやってるけど
    日本をどのくらい知っているのか?疑問だぬ
    ウヨ、パヨ達が色々と日本を語るが的外れに思うって多くないか?

  2. シンシアリーさん、中国語辞書を調べてみましたか?
    漢字の熟語ですから、中国語由来の可能性もあり得ます。
    ということで図書館で調べてみたら、以下の通りでした。

      xīnshù 心术
    1 心の持ち方.心がけ.▶︎否定的な意味で用いることが多い (用例)〜不正/心がけが悪い
    2 計略 (用例) 他是个有〜的人/彼は計略にたけた人だ

    小学館 中日辞典 第2版 P1655より引用

    ※术は術の簡体字

    上記により、朝鮮語での心術の意味は中国語の影響かと推測可能です。

    >昔、朝鮮半島の人たちが「心」と「術」の漢字表記にもっとも似合う(もっとも自然に合う)と考えていたのは、「恨」に近いものではなかったのでしょうか?
     
    >邪推です、はい。
     
    邪推ではなく、調査が杜撰。
    つか、調査してますか?

    作家として日本人から印税を取りたいなら、もっと丁寧に調べるべきではありませんか?
    シンシアリーさんは日本の活字文化をナメてる、と私はつくづく思います。

    中華の影響は、日本にとっても多大なものがありますが、陸続きの朝鮮半島ならば日本以上であるはずです。

    "法統"も"民国"も"光復"も、政治的な用法は中華民国から大韓民国へもたらされた筈であります。
    (ソースあります)

    シンシアリーさんはなぜ、文化的な状況において、日本と朝鮮半島の比較ばかりに目配りをなさるのですか?

    朝鮮半島への中華の影響力を考えれば、韓国と比較すべきは日本ではありません。

    約35年くらいの日韓併合くらいで、朝鮮半島の文化を説明するのに日本のフィルターを通せばそれで済むとシンシアリーさんが考えるならば、それはあまりにもあさはかです。

    韓国が反日に熱狂する理由の一つに、そうしていれば朝鮮半島と中華の歴史的関係を忘れていられることもあると、私は考えています。

    反日していれば、日本の中華文明からの離脱の努力にタダ乗りできる側面があるのです。
    日本は中華文明から自立するための努力を続けてきました。
    そんな日本にへばりついていれば、努力せずに中華文明から解放されるのであります。

    シンシアリーさんは、日本の中華文明からの離脱の努力にタダ乗りするおつもりなのですか? そしてそれは結果的に、ご自身を反日に加担させる結果にはなりませんでしょうか?

    それとも
    「いいこと思いついたニダ!」
    と脳内ヒラメキだけをソースにして書いていらっしゃるのですか?

    1. >黒皮栗南瓜さん
      現在、否定的に使われる事がある、と、第一義で否定的であることは同一に見てはならないと思います。また言葉は変遷しますから推移を見ずに現在の使用例のみを以って同根とするのは杜撰すぎると思うのです。

      「心術」という概念が現中国のある辺り由来なのは否定しませんが、現在の韓国語において否定的であるのを中日辞典の記述ひとつをとって中国語由来である、との推測は他を否定するには少し足りないと考えますよ。と、言いたくなりました。中日辞典以外の根拠などをお持ちで、省略されてらしたなら失礼、聞き流してやって下さい。

      以下駄文。ということで使用例を探してみるんですね。
      心掛け、心構えの用例だと、12世紀の儒学者が編纂した教科書(小学)に「明心術の要」なんて項があります。動機の正しさの要を説いてるようです。また「著書者之心術」で著述の際の(正しい)心構えのこと(18世紀)、「心術」医療現場を描いた社会派ドラマ医は仁術(今世紀)

      で、計略、心掛けが悪い方。ぶっちゃけ私には無理でした。用例として引けそうなものが見つけられませんでした。「心术不正」「心术不瑞」「心术坏」否定的、悪いの意味をを加えた語、成語はあったんですが。

      こういった事を調べて「心術」という概念の原義や、どんな経由で韓国に持ち込まれたか、その際の意味、使われ方、その後の推移はどうであったかを見ないとなりません。9か10世紀頃には記述の見られる語なので(もっと前かも)、その期間、実に千年越えです。(続く)

    2. (続き)中国語の影響で否定的であるとするなら、導入当時、若しくは後代に否定的に使われた根拠や理由、その用例、現代中国語で成句として否定的な語を足して使われている傾向が、韓国では見られずにそのまま一語で第一義が否定的になっている、この差が生まれた理由や経緯なんかがないと、足りないと思うのですよ。というわけで「中国の影響である」もまた杜撰な憶測と言えるかと思うのです。

      この辺をクリアするには漢文の素養が必要な上に漢籍やら各種資料を中国側、韓国側共に網羅しても難しいというか、たぶん無理です。

      んで、こういったことは露ほども考えずに辞書を引いてて使えそうな単語を見つけたのでネタにしてみただけかなぁ、と思います。私みたいのが面白がりますし。というか、こういうの好きなので、またあったら所望いたす所存。長々とすみません。

      1. 【ウリジナル豆知識】【心の都市・シム○ティ】
        百済において貴族達が都市作りの計画を練るという遊びが、
        遠く欧米に伝わり、やがてそれは現代によみがえりました。
        製作者が敬意を持って、心の都市、シムシ○ィと名付け、
        人気のシリーズになっています。

        (´・ω・)ホント? (`ω´ )ウソ

        1. なるほど、だから市民がやたらとデモを起こすんですね。
          はっ( ゚Д゚)ノ蝋燭デモの起源もそこなのか!

  3. 日本のかな文字は 奈良時代から平安初期ぐらいに生まれたのではないかと言われています
    朝鮮のハングルは正式に発表されたのが1446年だそうですね、独自の文字を作る環境だけで考えても数百年レベルの違いがあります

    日本の古文は現代文とは意味がまるで違う言葉がありますから、このシムスルも長い時間が経てば意味も変わるのでは?

    ♪これもハン あれもハン たぶんハン きっとハン!

  4. 日本人だと自分は自分、他人は他人。

    韓国人は、他人を自分と同じ思考にしたい、他人を思い通りに操りたいって欲求が異常に強いんじゃないかと思う。

    辺野古で座り込みやってる韓国人などは、沖縄の人も韓国人と同等の反米感情を持つべきだと思ってやってる。
    なりすまし韓国人の正体は、日本人にはバレてますけど、日本人以外の国の人には判りにくい、面倒くさい人たち。

  5. 心術
    海音寺潮五郎の天と地とで使ってるのを見たのが最初で最後だぬ
    文脈で意味取れたので辞書引かなかったけど

  6. 日本語での「術」は「技術・学術」のニュアンスが強く、本人の努力次第で(ある程度は)習得できそうなのに対し
    韓国語での「術」は「呪術・魔術」のニュアンスが強く、超自然的で妖しいチートなものだという印象があるのかもしれませんね。

  7. わわわわわ~!(^^)!

    富士山がレナちゃんとかぼちゃの大写しになってる~

    はっと、われに帰って「マウム=心」ですか?

    韓国の心は、シンシアリーさんや↓の皆さんが言われるように「恨」だとすぐさま思いました。

    曇りたくないけど曇ってしまう心情です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。