ドゥテルテ大統領、「北朝鮮の体制保障を」

フィリピンのドゥテルテ大統領が、核戦争を止めるために金正恩氏の「体制保障」を提案すべきだと話しました。

これは韓国の憲法的に問題がある内容であるため、もし文在寅政権になる前にこんなことを言ったなら、韓国では大騒ぎになったはずですが・・いまは韓国の大統領も同じことを言っているので、むしろ賛成する人が多いことでしょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・朝鮮半島で核戦争が起こるのを防ぐためには、西側とその地域の同盟国が対話に乗り出し、金正恩労働党書記に、彼を脅したり、権力の座から追い出す計画がないことを確認させてやる必要があると述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20171030094414199?d=y

 

※追記

元ソースを探してみました。まだ日本に出発する直前に話した内容です。デイリーインクァイアラより。

<・・President Rodrigo Duterte said on Sunday night that somebody would have to talk to North Korean leader Kim Jong Un to prevent nuclear war from breaking out in the Korean peninsula.

The President said somebody would have to assure the North Korean leader that that the West and its allies in the region would not threaten him or plan to oust him from power・・>

ttps://globalnation.inquirer.net/161262/rodrigo-duterte-north-korean-missile-crisis-kim-jong-un

※自動的に派手なリンクが付く仕様のようで、URL最初から「h」はずしました。

 

すでに何度も書いた内容ですが、韓国の憲法3条(領土条項)に韓国の領土は「朝鮮半島と付属した島々」となっており、北朝鮮も韓国の領土であると解釈されています。北朝鮮は違法占拠、または未修復地域ということになっています。

その次の4条は統一に関する内容で、主に左派思想の強い人たちによって「3条と4条は矛盾している」とする議論がありました。「北朝鮮が違法占拠なら、誰と誰が統一するというのか」ということです。

その議論についてすでに大法院(最高裁判所)が、「矛盾することは無い」と判決しているので、3条の領土条項は「北朝鮮も含まれる」という解釈が維持されてきました。

・・とはいえ、政権のために存在するのが韓国の憲法です。

この憲法解釈に公式に異論を提起したのが金大中氏です。彼は、北朝鮮の「体制」を認め、それを崩壊させるための政策はしない、と宣言しました。その流れがいまの文在寅大統領にも受け継がれています。

 

前の政権なら、「韓国の立場としては決して受け入れることができない」とされたはずの、フィリピン大統領の提案。むしろ、いまでは歓迎されるものになってしまいましたが・・

「さらなる制裁を」と「体制の保障を」が衝突する中、トランプ大統領が日本や韓国、中国を訪れた時にどのような対北メッセージを発するのか、気になるところです。

 

余談ですが・・ドゥテルテ氏は彼なりに朝鮮半島のために考えた提案なのかもしれませんが、それは無駄です。なぜなら、北朝鮮は核保有国に「なってから」の対話ならともかく、「なる前」の対話(核兵器の放棄などのための対話)には決して応じないしょうから。彼らにとって核兵器は、主体(金日成)と先軍(金正日)の流れを次ぐ、聖なる存在です。それをヤメロと言うこと自体、無駄です。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“ドゥテルテ大統領、「北朝鮮の体制保障を」” への25件の返信

  1. 「体制保証を認める。」と言っても、北が真に欲するは別物。
    核ミサイルが有れば、自動的に体制保証は出来ると考えてるからで。
    米国を脅して南を得れば、当座の経済問題も解決するし。
    本当に欲しているのは、核ミサイルで世界がひれ伏すのを欲しているだけ。
    問題なのは、米国が何処で切れるかだけですね。
    ネット上には、プロパガンダが飛び交ってますけど、米中協議と日本が真に腹を括った時だと思う。

  2. シンシアリー氏がドゥテルテ 大統領(以下ドテチン)を扱ってくれるのはうれしいなぁ,秘かにファンなんだよね w

    ドテチンは共産主義を理解したうえでのリアリスト.だから現実を無視した鼻持ちならない人権主義=オバマ が大嫌い.
    見た目は若そうだが,老練な政治家でもある.

      ドゥテルテ 大統領 72歳
       トランプ 大統領 71歳
       プーチン 大統領 65歳
        文在寅 大統領 64歳
       習近平 国家主席 64歳
        安倍 総理大臣 63歳
        メルケル 首相 63歳
          メイ 首相 61歳
        オバマ 大統領 55歳(参考 退任時)
       マクロン 大統領 39歳
        金正恩 委員長 33歳

    軍服を着て前線視察に行った写真なんか70歳を超えてるようには見えなかった.ゲリラの首領にも見なくもなかったが・

    ドテチンの提案は目新しいくもないが,核兵器保有の本質だ.その現実を無視して交渉は難しいと指摘しただけ.
    ただし,国家の体制保証って極言すると同盟を結ぶってことになる.それは難しいんじゃなかろうか,折り合うところを探せるのだろうか.

    ・・・韓国の憲法? この際どうでもいいです.

  3.  北朝鮮は、“核放棄について交渉するつもりはない” と言っていますからね。これでは交渉できない。
     北朝鮮が “核放棄についても交渉する” と態度を変えるのなら、”北朝鮮の体制維持“ も交渉テーマになるでしょうが。

  4. 今アメリカが体制保障をしたところで、いずれアラブの春のように人権侵害を理由に制裁や反体制運動の支援を始めると思います。金正恩がそのリスクを甘受してまで核兵器を放棄するとは思えないので、対話で解決するにはアメリカが北朝鮮の核保有を認めるしかないと思います。

    先日池上彰が珍しく良いことを言っていましたが、日本人にとって最悪なのがミサイル開発の凍結等を条件にアメリカが核保有を認めることだと。
    要するに対話での解決というのは日本国民にとって最悪の結果だということです。
    対話を訴える人達のほとんどは日本国民の安全などどうでもいいのでしょうが、まっとうな日本国民はアメリカが軍事行動をとるように、あるいは安倍首相がトランプ大統領に働きかけるよう訴えるべきなのでしょう。

  5. あのすみません、「更なる制裁」と「体制の保証」って対立するんですか?そもそも北への制裁は政策(ミサイル開発、恫喝)の変更が目的でのはずです。制裁で効かないなら物理も選択肢の内ですが、それはまた別の話だと思うのです。

    まあ、北から見れば、制裁に屈した時点で、内部の権力争いで追い落としの対象になりますから同じことだというのは推測できますが、そんなんに付き合う謂れはねーですし。

  6. 日本国内の北朝鮮人の動きを見れば一目瞭然。
    核保有を認めたところで、奴等は核を頻繁に脅しに使うようになるだけで、今よりも更に手の付けられない状態になる。理由は簡単。アメリカが脅しに負けたからだ。つまりは、テロリストの脅しに負けたことと同じだ。
    何やら日本もその標的になっているらしいが、脅しに負けたが最後、何でもありの状態になる。
    俺はアメリカが切れると睨んでいる。
    戦争をしなかったアメリカ大統領は居なかったと記憶している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。