国防部長官が「北朝鮮、いつか崩れる政権」と話し、文句を言われる今日この頃

昨日書いた内容と関係あるエントリーになります。ソン・ヨンム国防部長官が、「北朝鮮問題についてどう考えているのか」という国政監査(国会が他の国家機関を調査すること)での質問を受け、いろいろ答える中、次のように発言しました。

「北朝鮮は、いつかは崩れる政権だ」。

直接聞いたわけではありませんが、ニュアンス的に、「金正恩政権は、そう長持ちしないでしょう」とも取れます。

ですが、この件でソン長官が叩かれています。

 

ここから「続きを読む」の後になります

理由は、「文在寅大統領が北朝鮮の体制維持を宣言しているのに(7月、ベルリンでの演説でそう言い切りました)、なんで長官が逆の意見を述べるのか」です。

ソン長官は前にも、「なんで『斬首作戦』と話したのか」と文句を言われたことがあります。軍事政権の頃から、金日成斬首部隊というものがありました。もちろん、実際に彼らが何か功績を残せたわけではありませんが、「常に待機している」と言われていました。文政権になってからも、ソン長官が「金正恩斬首作戦」というものを言及したことがありますが、その際、大統領の統一・外交・安保特別補佐官ムン・ジョンイン氏から「斬首作戦って、不適切な言及だ」と叩かれました。

また、ソン長官は、韓国の核兵器配置にも賛成している、と言われています。これも文政権の方針とは逆です。

http://v.media.daum.net/v/20171031000841991

 

今回も「不適切な発言だ」と文句を言う主役は特別補佐官ムン・ジョンイン(文正仁)教授だそうでして・・この人、6月には「THAAD配備が崩れると韓米同盟も崩れるとか言う人がいるが、武器の一つにすぎないTHAADで崩れる同盟なんて、そんなの同盟でもなんでもない。そんな同盟を信頼しろとでも言うのか。THAADは韓米同盟のすべてではない」と話したこともあります。

「大統神」文在寅氏の特別補佐官ですから、長官も彼には勝てないでしょう。

 

国防部長官という立場の人が、「違法占拠」となっている北朝鮮に対して「崩れるだろう」と話したことで、なぜここまで否定的な意見を言われなければならないのか。反共教育を受けて育った私からすると、本当に「別の国」になった気がします。

 

個人的には、金正恩政権は「嫌だけど、なんだかんだで長持ちし・て・し・ま・う・のでは」な気もしますが・・・

 

 

♨ 著書関連のお知らせ 

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“国防部長官が「北朝鮮、いつか崩れる政権」と話し、文句を言われる今日この頃” への24件の返信

  1. 金正恩政権でない金政権を中国が建てる可能性はあると思いますけどね。韓国も含めあそこはどこも引き受けたくないだろうし

  2. 政府閣僚の発言に統一性がないのは、政権としてマズいでしょうね。とはいえ、トップのやってることが中国への自虐的服従なので、何でもアリなのかな。
    トランプ大統領訪韓時の共同記者会見で、トランプ大統領にキツい事を言われた涙目のムン大統領、なんてシーンを期待してますよ!

  3. いつかは崩れる……って、そりゃそうです。
    人間には寿命ってもんがあるんだから。
    で、それは何時よ?って話なんですが。

    あと新政権が出来たとして問題が縮小するような
    変化が起きる楽観的な根拠はあるのでしょうか。
    誰が頭でも構造は変わらないと思うんですけど。

    無責任な発言という点で不見識と言えるかも。
    ただ個人の見解を叩くというのはどうなんだろうか。
    そりゃ意思統一が必要な部署だってあるだろうけど
    多様な意見は認められるべきな気もします。

    気に入らない相手を失脚させることを目的として
    大した事ない話を問題視してるみたいな違和感が。

  4. 逆じゃない? 韓国の方が早い。
    金一族は、今まで、独裁者の末路を 見てる 外に対し 武力 核を保持すれば良い(現状では、成功してるし)
    韓国みたいな デモ 集会なんかやらさない 実際のところ クネの件(北が主導したの?) アラブの春や 特に ルーマニアのチャウネスクなんかの例は、戦慄覚えて 国内国民相互監視 密告社会構築してるから、内部からの崩壊しない。(高位の 叛乱の可能性は あるけどね)

  5. 小泉政権時代に北が拉致を認め、私も国防部長官と同じように「北朝鮮は長くないだろう」と考えていました。しかしあれから15年近く北は存続しています。
    様々な要因があるでしょうが、先軍政治をはじめとする国内の意思統一が大きいのではないかと思います。古今東西、国が滅亡するのに様々な理由がありますが、一番多いのは国内を統治できず瓦解することではないでしょうか。
    そういった意味では「韓国は長くないだろう」という感想を持ちます。

  6. >韓国ロッテ会長に懲役10年を求刑
    2017.10.30 18:59
    産経新聞
    韓国ロッテグループ会長の重光昭夫(韓国名・辛東彬)被告に対する求刑公判が30日、ソウル中央地裁で開かれ、検察は懲役10年、罰金1000億ウォン(約100億円)を求刑した。

    国民の怨嗟をはらす「ガス抜き政府」と「御用検察」。
    韓国版・勧善懲悪ドラマってとこでしょうか。
    この国の将来がまた面白くなるぞ。

  7. 朝鮮半島に関し、米国が非核化された南北朝鮮の存在で良しとするのに対し、中国の望みは朝鮮半島を丸ごと傘下に治める事である。よって、米中が事前に戦後処理で合意する事はない。これで、米国は戦争に突入出来るだろうか?
    ライス氏の言う様に今後、日米は今までロシアと対峙して来たのと同様に、中国朝鮮とも対峙して行くのではなかろうか?
    私は「金正恩政権、長持ちする」説に1票です。

  8. 中国が滅びれば共に滅びるでしょうね。
    北朝鮮ミサイルを迎撃せずに、北海道通過させたミサイル。日本政府は調べたらしく、多くの中国製品が使われていたとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。