駐韓米国大使代理「慰安婦抱擁は、大統領が来賓に人間的なジェスチャーをしただけです」

短い内容ですが、エビアン(エビと慰安婦=トランプ大統領の訪韓)関連でもあるので、続けてエントリーします。

マーク・ネッパー駐韓米国大使代理がトランプ大統領の訪韓についていろいろ話しました。

慰安婦抱擁の件については、「(来賓に対する)人間的なジェスチャーだった」と話しましたので、その部分だけ紹介します。

これは、どちらかというと、日本側の抗議を意識しての発言ではないでしょうか。

 

ここから「続きを読む」の後になります

<・・日本が政治的事案だとして反発した「慰安婦抱擁」に関しては、拡大解釈を警戒した。大使代理は「単に人間的なジェスチャーだった」、「トランプ大統領が来賓を喜んで迎えたもの」と線を引いた・・>

http://v.media.daum.net/v/20171109180020770?rcmd=rn

さすがに、エビに関しては何もありませんね。本人は料理にエビがあったかどうかも今頃は忘れているでしょうし・・

ある意味、この記事のもっとも注目すべきは、「大使代理」という見慣れない言葉が多用されている点ではないでしょうか。

諸般の要素を総合的に勘案してのことでしょうけど、一年近く、駐韓米国大使が任命されていません。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

NEW11/12(日)、読売新聞に新しい広告が決まりました(半5段、新書連合)

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“駐韓米国大使代理「慰安婦抱擁は、大統領が来賓に人間的なジェスチャーをしただけです」” への47件の返信

  1. 彼女は反米の活動家だし、トランプに抱き着いて毒殺することだって可能だった。大統領セキュリティーは冷や汗をかいているでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。