イ・ヨンス慰安婦「今度は習近平に会わせてほしい。ノーベル賞候補に私を推薦しなさい」

トランプ大統領をセクハラした韓国の安婦、イ・ヨンスが、今度は「習近平中国主席の訪韓のときにも私を呼んでくれ」と公開的に要請しました。また、自分をノーベル平和賞の候補に推薦してくれと強く要請しました。

また、自治体の市長がイヨンスを「イ・ヨンスお母さま」と呼んでいることもわかりました。

まさに、慰安婦無双です。

 

ここから「続きを読む」の後になります

以下、(多分、慰安婦施設のある自治体の)市長がSNSに公開した内容です。「イ・ヨンスお母様が強く要請なさった」とのことです。

・イ・ヨンス「習近平主席が(首脳会談で)韓国に来たら私を呼んで。一緒に日本の謝罪と賠償のために努力しようと言いたい」

・イ・ヨンス「私をノーベル平和賞候補に強く推薦して欲しい」

※本文のニュアンス的に、前から繰り返して言ってるらしいです。弁護士とも相談しているとか

・イ・ヨンス「独島エビおいしかった。なぜ日本が抗議するのかわからない」

・イ・ヨンス「(市長を)愛してる」/ヤン・ギデ市長「私も愛しています」

この市長、慰安婦たちの国連訪問を推進しているとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20171111100210720

 

イ・ヨンスは市長を「市長息子」、ヤンギデ市長はイ・ヨンスを「イ・ヨンスお母様」と呼んでいるようです。

慰安婦=絶対善ですから、その味方をして善人を演出したいのでしょうか。それとも、たかが市長が、無敵聖女である慰安婦に頭を下げないと生き残れないと判断したのでしょうか。それとも、「『愛』国心」なのでしょうか。もう国そのものですもんね。慰安婦は。

どのみち、内容がキモすぎたことを深くお詫び致します。特に食事中の方々に。

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“イ・ヨンス慰安婦「今度は習近平に会わせてほしい。ノーベル賞候補に私を推薦しなさい」” への121件の返信

  1. えーと、まさか自らさのばびっちだと
    自称する人間が現れようとは思わんかった
    つまりそういうことだよね?

  2. 図に乗ってますね…

    流石に内政干渉ですけど、「自分が国際的に有名になった…」とでも思ってるんでしょうか?

    世界的に「気持ち悪い!」の何物でもないと思うのだけど…

    いい加減に、「空気読めよ!!!」

  3. 馬鹿な女。この人、韓国の中でも若すぎるって言われている人ですよね。図に乗っていると朴槿恵や崔順実と同じ末路です。

  4. ド厚かましいにもほどがあるわ…
    この人はサード反対デモで、このアメリカ野郎がとかなんとか言って思い切りアメリカを罵倒してたらしいですが、それがシャーシャーと晩餐会に潜り込んでトランプに抱きつきに行ってたんですね。
    もう、キモいとかいう生易しい言葉ではどうも表現できません。

  5. コイツ(BBA)、
    2004年 アメリカのイラク派兵反対デモ参加
    2017年5月 「ミッグク ニョンノム!(アメリカの野郎!)」とTHAAD反対デモで叫んだ

    というニュースをついさっき見たw
    当然アメリカサイドも知ったと見るべきで、外交欠礼は元より、トランプはじめ美国(アメリカ)政府は怒ると思うよww。

    1. まず、駐米韓国大使を国務省にご招待してw、抗議と言う名の「お説教(お恫喝)」くらいはやるでしょうねぇ(今回のニュースがなくてもw)

      アメリカさんだってメンツ(というか、アメリカっぽく言えば「名誉」)を重んじますからねw

  6. 私が米韓首脳会談を成功に導きました、誇らしいニダ!
    煽てれば豚も木に上る、韓国では実現するんですね
    同胞がトチ狂ってる時、更に煽り立て自分も快感を味わう狂気の国民
    韓国にはタガと言う物が無いのかい
    妖怪汚染菌馬場あと醜菌兵お似合いかも

  7. 韓国人女性の鑑だわ。
    韓国の精神を見事に体現している女性だと思う。
    是非、ノーベル平和賞候補に挙げて欲しい。無理なら孔子平和賞でもいいや。

  8. ま、地獄行き確定。
    てか、生き地獄(未来永劫、魂自体救われない、無自覚)。
    そーいう輩には関わらないのが一番。くわばらくわばら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。