ビニール

近くの工事の時に、「ご了解願います」という告知が来て、それが大変嬉しかったとエントリーしたことがあります。

その後に、キッチンで使うタオル付きで「ご了解願います」メモが来たこともあり、いろいろ嬉しかったですが、今日もまた同じ内容です。

 

ここから「続きを読む」の後になります

いままでは何かを建てる工事がほとんどでしたが、先週、何かを埋める工事・・多分、自治体で行う街のインフラ整備だと思われますが、そんな工事が始まりました。これも前もって告知が来ていましたので大して気にしませんでした。

土曜に車を適当に拭いていたら、ちょうどその工事の関係者から、「14日の朝から夕方までは(工事のせいで)この駐車場から車が出入りするのが難しくなります」と説明を受けました。私は「14日は車を使いませんから、大丈夫です」と答えました。

いつでも「働きたくないでござる」モードになれるのが作家のいいところです(悪いところでもあります)。14日は遠くにいかなければそれでいいだけです。

今日14日、パッと見て、工事の現場が、思ったより駐車場に近すぎる気がしました。

これじゃ、車がずいぶん汚れるだろうな・・とちょっと心配で、外出のついでに駐車場に寄ってみました。

すると、なんと、車が大きなビニールでカバーされていました。

うれしいですね。

こういうのも、日本では普通なのでしょうか。

 

こういう文化に、もう少し能動的に参加できないだろうかと思う、今日のじゃぱんらいふです。

 

♨ 著書関連のお知らせ 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“ビニール” への44件の返信

  1. 気遣いではなく、トラブル防止ですね。
    新種クレーマー様のお陰で嫌な交渉をしなくて済むように成りましたが社会コストが上がるようになりました。
    日本人におおらかさとサバイバルな折衝能力が不要になって国際性が無くなりましたしね。
    良いことばかりとも言えません。
    近頃は車を乗り回す若い男子でもタイヤ交換ができない人が見かけられます、情けないったらありゃしない。

  2. 日本人では気付かない普通のことに改めて感じさせられます。
    日本国内にいては気付かないままのことが今日多く知らされる日々です。日本国内でトラブルによる裁判解決が増加していることへの予防とゆうことだと思いますが、それだけ人間関係が繊細になってきているのでしょうか。今までトラブルにもならない赤ちゃんの泣き声を暖かく見れない人、保育園の園児の声を騒音と抗議する人、少なくとも昔の日本人にはなかったことです。恥ずかしく残念に思います。思いやる気持ちが薄れかけているのではないでしょうか。共に生きているんだという気持ち、わすれたくないですね。

  3. 安全やトラブル防止を考えて、カネをかけることが理解できなんでしょう、中国人や韓国人にはね!
    そんなことは無駄だと思ってしまう。
    万一、事故が発生しても、逃げたら勝ちなんて、日本ではありえないですから。
    ムンたんの任期中に、韓国でドでかい大事故が起こりそうな予感がしますよ!もちろん、人災です! (^_^;) 

  4. >こういう文化に、もう少し能動的に参加できないだろうか

    どんな参加があるかな~
    まずは、町内行事の清掃活動とか?(有れば、ですけど)

    紅葉は、埼玉・群馬・茨木あたりは真っ盛りなのかな?
    https://tenki.jp/kouyou/

  5. 普通です。
    しかし、他の方も書いていますが、トラブルにならないためです。
    今回は埃のようですが、塗装工事の場合は車に塗料が飛び散ると、保障問題が生じます。予防ですね…

  6. 日本では当たり前の事だと思います。
    私の所は田舎なので水稲航空防除がありますが、車に農薬がかかる可能性のあるお宅で希望者はビニールカバーを貸してくれます。工事だけでなくこんな場合にもカバー貸し出ししてくれます。(笑)

  7. 気遣いというより、トラブル(クレーム)予防の為です。
    そんなに美しい話じゃないですよ。どこで地雷踏むか判ったもんじゃないから、進路全域をブルドーザーで掘り返して安全確保してるだけです。

  8. ずっとROMで、初めてコメントします。シンシアリー様の著作は全部読ませていただいてます。

    以前、住んでいたアパートの塗装工事があったとき、同じようにクルマにビニールのカバーをかけてありました。

    しかし、工事が終わってみると、クルマの表面がざらついて洗車しても落ちない…

    施工主のところへ連絡して確認してもらったところ、塗料の付着が認められました。このときは原状回復(表面を研磨してボディコーティング)するということで、示談となりました。

    シンシアリー様も、工事終了後に念のために確認された方がよろしいかと思います。

  9. ああ、これは普通ですね。
    (地方ですが)よく見かけます。

    塗装工事なんかでもあります、こういうの。
    気遣いであり、トラブル防止ですね。

    似てる?かどうか微妙ですが、クルマ修理で、修理工さんがシートに座る時のためのカバーとか、足元に敷く紙とかってのもありますね。
    修理工さんのツナギが汚れてるかもしれない、ってな感じで。

    言われてみれば、日本以外ではやらなさそうw

      1. 連投ごめんw

        ワタシ、資格マニアな気質もあって、フォークリフトや小型移動式クレーン、玉掛け、無線関係とか、お金も若干かかるけど比較的簡単に取れる資格持ってますが、そういうのをジャパンライフの一環で取ってみるのも面白いかもw

        二輪車免許とかも。

        見える世界が広がるかもしれないw
        (商工会議所経由だと安かったりします>リフトとかクレーンとか)

  10. 車のビニールカバー、よく目にします。
    外壁の塗装などの際はお決まりな感じですね。

    日本で生まれ育つと当たり前で気づかない光景も多いので…。
    じゃぱんらいふ、今後も楽しみにしております (・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。