板門店を超えて韓国側にきた北朝鮮兵、「命に別状なし」→「危篤」と報道

昨日、北朝鮮兵が一人板門店を超えて、韓国側に来ました。韓国では「帰順」と言います。

板門店付近は確かに韓国側に近いけど、警備が厳重なためそこから帰順するのは容易ではありません。いままで、今回の件も含めて三件だけだったそうです。

最初は偽装(帰順のふりをした工作員)ではないのか?とも思ったけど、車両を利用して突っ走ってきて、北朝鮮側から追撃してきたチームから銃撃を受けて5~6ヶ所負傷もしたとのことで、どうやら本物らしい、と思いました。

 

ここから「続きを読む」の後になります

・・・ですが、とても残念なことに、妙なことがありました。

昨日の夜(今日の0時頃)にチェックしたときには、執刀した医師の話として「命には別状なし」となっていましたが・・

http://v.media.daum.net/v/20171114004529516

今日(11時頃)チェックしてみたら、「危篤だ」となっていました。「とてつもない量の薬物を使った」とも。

http://v.media.daum.net/v/20171114111131941

 

無事回復して、ちゃんとした食事でも取って欲しいものですが・・

彼の回復を望まない人たちがいるかもしれないのが、心配です。

 

曇り神「韓国側になにかされたなにかされたなにかされたなにかされた」

最後の光「それは違う違う違う違う違う」

 

 著書関連のお知らせ 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

 

“板門店を超えて韓国側にきた北朝鮮兵、「命に別状なし」→「危篤」と報道” への37件の返信

  1. 本人が「死んだことにして欲しい」と頼んだ可能性もあるんじゃないかな
    アメリカだったら証人保護プログラムをお願いするところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。