どうしてこう、「屈辱」という言葉を乱発するのか

韓国側の記事を読んでいると、どうしてこう「屈辱」と言う言葉を乱発するのか、反日とかそういうの離れて、不思議に思う時があります。

シンシアリーは、いままで「屈辱」という言葉を日常会話で口にしたことが一度も無い・・気がします。さすがに詳しく覚えているわけではありませんが。

意味を調べてみても、日本と韓国とでは大差ありません。「屈服し、侮辱や恥を受けること」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)🍁

なぜ韓国でこんなに「屈辱」という表現が乱発されているのか。ちょうど空も少し曇ってきて、曇りエネルギーが貯まりました。曇った見解を書いてみます。

韓国社会には、「自慢できないものは全て屈辱だ」とする心理があるからなのです(キリッ

辞書にもよりますが、韓国側の辞書には、「屈辱」の意味を付加的に説明する欄に、「オプシンヨギムをされること」と書いてある場合もあります。

オプシンヨギム。これは、「傲慢な態度で相手を見下すこと」の意味です。ヨギム(ヨギダ)は、~として扱うと言う意味で、オプシンは、(諸説ありですが)オプスイ、すなわち「無いように」から来たとする説があります。

すなわち、「無いように扱われる」=無視されると言う意味です。

韓国人にとって、無視は蔑視と同じ意味ですから、屈辱≒オプシンヨギム≒蔑視になります。

日本で何かリコール騒ぎなどがあると「日本製造業の屈辱」と言うし、韓国のスポーツチームが負けると「◯◯(競技名)の屈辱を味わった」と言います。

安倍総理がトランプ大統領とゴルフの時にバンカーで倒れたことがあるそうですが、そのことも韓国では「安倍のバンカー屈辱」と記事になっていました。

http://v.sports.media.daum.net/v/20171115080041476

どう考えても、これらは日本で言う「屈辱」という言葉をくっつけるシーンではありません。

この「屈辱」乱発は、韓国人が「人に自慢できないことは全て蔑視されることだ」というコンプレックスを抱いている、ある種の裏付けではないでしょうか。

この前の「ウッチュル心理」とも関係あるのかもしれません。とにかく偉そうにしないと、とにかく自慢しまくらないと、相手から無視され、蔑視されると思っているわけです。

自慢できないことは全て屈辱。上でないのは下。だから見下される。そう考えながら生きることほど残酷なストレスがあるのでしょうか。何も生み出さない、無益なストレスの世界です。

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“どうしてこう、「屈辱」という言葉を乱発するのか” への75件の返信

  1. 韓国人にとって無視されることが最大の屈辱。韓国ってどこ?という質問ほどの侮辱はない。反日の狙いはいろいろあるだろうが、日本人の気をひいて褒められたいというのがあるようだ。

  2. 屈辱だ!と人に言うのは、内心の吐露であって、日本人はそうゆうのは避けますね。
    ネットのコメントでは自己紹介文として受け取られるだけで弱い人間にみられる。
    それが逆に攻撃的な意味を持っているというのが、この用語のおもしろいところ(研究価値あり)だと思う。

    1. おなじような文脈でも、おおかたの日本人は「屈辱だ!」とは言わず
      あなたは私を「バカにしている」とか「侮辱している」という相手がどうゆう意味で言っているのかを問題にするわけです。問題あるのは相手のほう。
      「侮辱だ!」は、自分の感情のほうが会話の中心にしようとしている(自分の感情は自分で責任もつべきなのだが)。つまり、それをまず忖度せよ!というところが自己中的で幼稚です。
      そんな解釈もできると思います。

  3. ちょっと関係ないけど、そうゆうたぐいで「誠意を見せろ!」というのがヤクザ世界の常套句です。意味はユスリタカリ、「金よこせ」にちかいものがあります。途上国の警察とか入国審査官ではそうゆうのがあるって覚えとかなくちゃならないらしいけど。英米だと、クレームつけられたときの返答として Please accept my sincere apologies.というのは常套句らしいですが、例文として成り立ってるくらいだからこれはこれで丸く収まるんでしょうね。まえからなんでシンシアリなんだって思ってので書いてみました

  4. 俺は少々違うことを考えた。
    単に自慢をするということならば、それはどの国でも同じであって不思議ではない。韓国の特殊なところは、つまりは、その心理が常識であって韓国においては極々当たり前の物の考え方となっているところ。中国人は相手を罵って優位に立とうとする。朝鮮半島全体にもこの共通性が見られる。
    ここからが、問題。
    何故このように考えるようになったのか。
    何故このような性質を身に着けた民族になったのか。
    理由は、有史以来、恐らく外敵に接するのが常であったから必要以上に大きく見せようとすることに心を砕いていたのではないかと推測する。ウリ、ナムそれぞれの集団であっても常にこの心理が働くのはそのせいだろうと思う。つまりは、互いに意識することなく外敵だと認識しているのではないだろうか。

  5. 他者からの評価でしか自分というものが確立できないのでしょうか。
    もう少し気楽にフラットに人と付き合えば幸せになれるのではないかと思えますね。上下関係は息苦しいし面倒くさいですよね。出来れば最小限の配慮で済ませたい。蔑ろにすべきではないですがそれのみに縛られるべきでもない。と思えるのが日本に住んでいる幸せなのかも知れません。

  6. 「知識層・教育界・インテリゲンチャー達が「知識・言説(プロパガンダ)こそ両班の証だ」と考えている」
    「韓国は『屈辱史観』とも言える状況を悪化させ続けている。」
    韓国人には力つまり軍事力と経済力しか通用しない。実際米国と中国には借りネコのようにおとなしい。いまの状況では軍事力は使えないから経済力で抑圧するしかない。
    経済力で締め上げるのみ。変に同情しないことが肝心。同情すればどうなるか、ここ数年の経験で日本人はよくわかったはずだ。

  7. 先日の事前に教えないでいろいろ反日のためにトランプ大統領を利用していましたが、あれはトランプ大統領にとって屈辱だったと思います。朝鮮のスポーツ選手は自分がより強い外国選手に勝つために審判買収したり反則してけがをさせたりしますが、それもルールを守って戦って敗北させられる強い外国選手/チームに屈辱を与えます。

  8. 自慢することは 恥ずかしいこと
    そんな風に小学生時代に教えられたものでした
    今更ながらですが ずいぶん違うんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。