韓国、北朝鮮への人道支援「年内に」か

 

韓国の統一部イ・ユジン副報道官が、今日の定例ブリーフィングで「政治的な状況とは無関係に人道支援に対する政府の立場に変わりはない」と明らかにしました。

ミサイル発射に関係なく、予定通り約800万ドルの支援を北朝鮮に送るとの公式宣言となります。

時期については「総合的に検討して決める」としていますが、これについては「年内に」説が強くなっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ソース記事によると、米国現地時間で27日、訪米中だったチョン・ヘソン統一部次官が米国政府に「人道的支援は年内に行う」との立場を明らかにしました。

http://v.media.daum.net/v/20171201184715370

27日なら、まだ今回のミサイル発射の前ではありますが、支援を「予定通り」行うなら、やはり年内に支援するのでは、と思われます。

北朝鮮問題で何かあればすぐ「日米韓が~」と言いますが、今回の人道的支援とやらは、その日米韓が「足並みをそろえることができないでいる」と世に示す出来事でもありましょう。

 

学会だのなんだので韓国から友だちが来るとのことで、シンシアリー、大阪に行ってきます。

いてきます。明日の更新はできまへん(・∀・)ノ

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“韓国、北朝鮮への人道支援「年内に」か” への65件の返信

  1. 現韓国政府としては今や革命ロウソク王国となった韓国に抑圧を受ける自民族を独裁者から開放し受け入れると言わなきゃいけないところだと思うんだけどw 一体どれだけ自分たちに自信がなければ北に擦り寄ろうとするのか?

  2. 松前小島に避難とか言って入港して、帰ろうとして巡視船に見つかり、食料が無いと要求していた北朝鮮漁船の後尾には、日本製の電化製品とかバイクが山積になっていたのが確認されました。
    変ですよね、北の漁船にバイクとか電化製品。

    松前小島は無人だけど漁船退避用に燃料とかが備蓄されている設備が在るのだそうです。そこの燃料とか備品をお土産にどっさり積み込んで満タンで帰れたのに、更に食料を要求してるんだから、素晴らしい。
    漁師さんが、「あれは松前小島の俺のバイクだ」とTVで言ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。