安倍総理「慰安婦合意関連の追加措置など一切応じない」

例の「ムンたん宣言(仮)」に対し、日本政府の対応が明らかになりました・・・・もなにも、予想通り、「到底受け入れられない」です。

特に安倍総理は、前日「1ミリも動かない」と話しているとのことで、ニューシースは「慰安婦合意以外の追加措置などには一切応じない構えだ」と報道しています。記事をまとめてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・文大統領は外交部タスクフォース(TF)の「韓日慰安婦合意」の調査結果と関連して、声明を通じて「慰安婦合意で慰安婦問題が解決できない」と明らかにした。合意の「破棄」や「再交渉」という用語に言及しなかったが、彼の発言は、事実上、慰安婦合意の破棄意味として解釈されている

・文大統領の発言について西村康稔・日本官房副長官は同日午前、「日本としてはとうてい受け入れることはできない」、「続けて(韓国側に)合意の履行を強く要請する」、「それ以外の場合(合意を履行しなければ)、様々な形で、日韓関係に大きな影響を与えることになるだろう」話した

・読売新聞によると、日本外務省の幹部が「合意は、最終的不可逆的なもの」とし「再交渉は受け入れることができない」と不快感を表したと伝えた。新聞はまた、日本政府は、今後継続して韓国側に合意履行を要請する方針だと強調した

・安倍晋三日本総理は、公式立場を出していないが、彼は前日、周辺に「(韓日)合意は、1ミリ(㎜)も動かない」と述べ、韓国政府が今後慰安婦合意と関連追加措置などを要請しても、日本政府は一切応じない方針を示した

http://v.media.daum.net/v/20171228143857840?rcmd=rn

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“安倍総理「慰安婦合意関連の追加措置など一切応じない」” への119件の返信

  1. 「慰安婦合意関連の追加措置など」と言っているのはたとえ合意内容が守られてた場合でもを意味しています。
    合意内容が守らていない場合はどうなるでしょう。
    ツートラック交渉とか、政経分離でとか言っていますが、これは分けて交渉してもその交渉結果が守られることを前提にしています。
    交渉結果が守られないのであれば、どんな交渉も実施すること自体無意味です。韓国は今この状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。