鬼怒川温泉に行ってきました

久しぶりに「電車旅行」がしたくて、鬼怒川温泉に行ってきました。

浅草まで行って、スペーシアに乗って、鬼怒川温泉まで一直線です。

日光と鬼怒川温泉周辺にはいろんな観光スポットがありますが、今回は「列車でちょっと遠くまで行ってみたい+温泉浸りたい=明るいうちに日帰り」だけでした。

さくらや紅葉のシーズンにぜひまた行ってみたいものです。江戸村というのもちょっと気になります。

写真は、駅の広場に立っている鬼怒川温泉の守り神「鬼怒太(きぬた)」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)♨

浅草から、スペーシアに乗りました。快適、快適です。今日は人がそういないだろう・・と思っていましたが、自動販売機からは特急券が売り切れでビビりました(窓口からは買えました)。でも途中までは空いていたので、レナの写真を一枚。

スペーシアは「絹(キヌ)」号とも呼ばれるようです。そういえば、鬼怒川のキヌって「絹」から来た言葉でしょうか?

途中から気が付きましたけど、雪の山脈が見えます。これひょっとして「南アルプス」でしょうか。韓国から行き来していた頃には飛行機からもよく見えました。

街にも雪が積もっているところはありましたが、歩道などは綺麗に片付けられていました。

冬は明らかに空気が済んでいて、遠くの場所までキレイに撮れます。でも、緑は無いのは仕方ないですね・・それはまた今度。

 

今回は事前に(温泉ホテルの位置以外は)これといってチェックせずに行ってきたものでして・・「そういえば、鬼怒川温泉の名物料理ってなんだろう?」と思ったら、駅近くに「名物餃子」と書いてあったので、騙されたつもりで入ってみました。店の名前が「八海山」なのがまた・・よく飲む日本酒と同じ名前です。

地元のラーメンより味が薄いけど、十分美味しく、食べやすい感じがしました。

餃子の中身がきっしりしています。

 

食べた後「川がよく見えるところ教えてください(・∀・)」と言ったら、店のおばさまが親切に教えてくれました。

ながーい吊り橋です。

いやーよく見えます。水が緑色ですねぇ

次に聞く時には「高いところはちょっと苦手ですが」も忘れずに申そうかと・・

 

吊り橋を渡ったところにも鬼怒太殿がどーんと立っています。こちらは「盾バージョン」だそうです。

その後は3ヶ所で温泉に浸りました。どこもいい湯で、人も親切で、もう最高です。個人的には「パークホテル」の湯がいちばん体に合う気がしました。「三日月」というところは施設の中の回廊が立派すぎでびっくりしました。

もうちょっといたいな・・・と思ったけど、とりあえず帰還。次は宿に泊まるなどしてもうすこし回ってみたいものです。

 

今日もまた、良いものを見、良いことを聞き、良いものを食べ、さらに良い湯に浸ることができました。鬼怒川温泉の皆さん、ありがとうございます。

それでは、また(・∀・)ノ

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“鬼怒川温泉に行ってきました” への71件の返信

  1. 夜は余程のことがない限り家でゆっくりしたい
    になってますやん(笑
    温泉にも入れてレナさんと景色を堪能して
    良い休日になりましたね(*^^*)

  2. 高いところはちょっと苦手なのねん。
    レナさんは相変わらずかわいいですね。

  3. 鬼怒川はライン下りが楽しかった遠い記憶が。

    良く見える、展望が良いということは大方で高い所から見晴らすことが出来る場所な訳でして、うっかりすると御免なさい私が悪うございましたと退散するしかない事がありますね。大抵は景観を楽しむために整備されていたりして、そう怖い事は無いと思うんですが「橋」の場合は幅の確認が必須かと思います。あと道程が決まってて一方通行の場所に罠があることもあります。鍾乳洞とか。狭いし暗いし広いし濡れてるし怖いし。

    あれ、真っ白なレナさんで癒されたはずなのになんか脂汗が(略

  4. 3ヶ所も温泉ハシゴするなんて凄いですね!
    ラーメン八海山は鬼怒川名物なんですね。調べてみたら上位にランキングされてました。知らなかった。(笑)
    鬼怒川名物は、かりんとう饅頭しか思い浮かびませんでした。

    沢山の写真、行った気持ちになって楽しめました。ありがとうございます。

  5. 日本の特急電車の列車愛称は、基本的にひらがな表記に為ります。
    従って「きぬ」号です。
    鬼怒川→きぬ。
    栃木県と群馬県は、元々一つの国で「毛野国」(けのくに)と言いました。
    毛野国→上毛野国→上野国(こうずけのくに)→群馬県
       ↳→下毛野国→下野国(しもつけのくに)→栃木県
    利根川の源流は、群馬県に有ります。
    利根川の別名が「板東太郎」(ばんどうたろう)と言います。
    板東→関東、関東一の暴れ者という意味です。
    (スペーシアも利根川を渡ってます。)
    此の支流が、鬼怒川に為ります。
    毛野国の川→けのかわ→きぬがわですね。
    鬼怒川も、暴れ川として知られてます。

    一般的に日本の民鉄特急の愛称を「ロマンスカー」と言います。
    「ロマンスカー」の商標権を保有しているのが、小田急電鉄です。
    以前は、東武鉄道も対抗して「デラックス・ロマンスカー」と言ってましたが、さすがに今の時代、裁判沙汰は避けたいので「スペーシア」と命名しました。
    山は、多分「鷄頂山」だと思います。
    鬼怒川の北方向に有る山です。

  6. 日帰り温泉旅館(ホテル)三連荘!
    うーむ,豪勢なのか,あわただしいのかよく分かりませんが
    ご自身が,楽しめたのなら何よりです.

    古い温泉街では外湯(共同浴場)めぐり というのが出来ます.
    豪華な施設ではありませんが,温泉情緒を楽しめますよ

    何処かで機会があればお試しください.

  7. 日本の文豪は締め切りを抱えると温泉旅館に入り浸るんですよね。
    ずっと原稿に集中出来て、食事は持って来てもらえるし。
    文豪ゆかりの温泉を巡るのもお薦めです。
    一昨年の大洪水から復興した鬼怒川温泉に行かれたとは、好感度アップです。
    (別にそんなの狙ってないのは分かってます)
    凄く寒かったと思いますが、韓国の寒さと比べたらそうでもないのかな。
    トンネルを抜けたらそこは雪国で雪のようなレナちゃんとクマのサクラさんがいました~ そんなナレーションが聞こえて来そう。

  8. 政治の話から離れてほっとひと時というところですね。
    レナちゃんとその他の写真も良かったですよ!
    次はゆっくりと宿泊して、それぞれの地域をご堪能してください。

  9. 伊東園ホテルニューさくら とかお勧めですよ。
    年中料金は手ごろだし、いろいろ満足できます

  10. 朝一で帰るとしても次回はぜひ一泊しましょう。大人の憧れ“雪見酒”をして、春以降なら名物の“鬼怒川ライン下り”です。
    鬼怒川温泉の鬼怒太?ご当地キャラですか、しかもレナ嬢と並ぶとアニメかゲームのポスターに見えてしまう。新作のレーナ姫のボディガード(守護神)役へ密かに内定ですねw
    お土産は“鬼怒太焼き”かな。私的にはごま風味の”かりんとうまんじゅう”の方が・・(うむ、考えただけで食べたくなり勝手に困る)

コメントは受け付けていません。