「日本の観光ビジネスを支えているのは、日本人だ」

日本観光局のソウル事務所長クマノ・ノブヒコ(記事原文ママ)さんが、韓国の毎日経済に寄稿した記事です。

最近、日本の観光ビジネスを支えているのは外国人だとか、特に韓国人の訪日が多いことから「韓国人が日本の旅行業界を支えている」とかの主張を、たまーに目にします。

でも、それは違う、という反証にもなる記事となります。読み方にもよりますが。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・昨年、日本を海外旅行客2870万人が訪れました(韓国から714万人)。「日本の観光業は、インバウンド旅行(自国に海外旅行客が入ってくること)で成長したものだ」と思われるかもしれませんが、日本の旅行業界は、インバウンド率はまだ20%程度に過ぎません。国内観光の割合が80%以上で、つまり日本の観光業は今でも日本人の国内観光で支えられているわけです

・平安時代の熊野参拝、江戸時代の伊勢神宮参拝、1800年代頃には東海道地方を旅する旅行記と浮世絵で東京から京都まで各地の観光スポットが描かれたことで、旅行ブームになりました。日本人の旅行文化は今から1200年前に生まれ、約200年前に大ブームを成し遂げたことがわかります

・韓国でよくこんな質問を受けます。「日本で突然の観光客が増えたのは何故ですか?」「おもてなしというのはどうやって生まれたのですか?」。その答えは、200年前から日本では「国内旅行」が一般化し、それに応じて観光地が整備され、お客様を丁寧に接待したいという心から、「おもてなし」の文化が育ったためです

・日本には、外国人観光客を増やすための必殺技があったわけではありません。古くから国内旅行で構築された旅行文化が、そのまま外国人観光客を収容するに至ったものです。2017年、日本人の出国率は15%で、韓国人の55%に比べて低いです。日本人は今でも、国内旅行が好きということです

http://v.media.daum.net/v/20180129040316949

 

わかります。そこから日本が好きになりすぎで「住む」ことになった私のような人もいるわけですから・・

「ご飯」にも書きましたけど、日本好きの観光客にとってもっとも嬉しいのは、「外国人がー」「世界がー」とかではなく、日本が日本のままでいてくれることです。

その日本を築いたのは、日本人による日本人向けの文化です。

 

 

NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“「日本の観光ビジネスを支えているのは、日本人だ」” への116件の返信

  1. 日本は観光大国として進めて行くにあたって、
    「日本は日本らしく」
    色々読ませていただいて、
    日本人として何が「日本らしい」のかを考える。
    ありのままの日本を見せる。
    本当はこれでいいのだと思います。
    が…
    あえて書きますが、日本人の「おもてなし根性」
    お越し頂いた方々の為に寄り添い過ぎ、忖度し過ぎる。
    商いとは別に、やっぱり「楽しんで、喜んでいただきたい」
    これが良いのか悪いのかも別にして、これも日本人らしさなのではと思い、どうなんだろうなぁと…

  2. “もてなし”の成り立ちと旅行の発展は直接関係はないと思います。
    むしろ、日常的に客を迎え入れる際の振る舞いこそがもてなしであり、
    だからこそ、それが日常にも浸透しているのだと思います。
    決して、旅行など特別な行動に対するだけのものではありません。

  3. 観光に限らず、物の貿易なんかでも日本ってかなりの内需国なんですけどねぇ・・・。
    マスコミとかがすぐ円高で日本の貿易ガーとか言ってるのを見て、いつもバカ言ってるよと思ってしまいます。

  4. 日本が日本のままでいてくれること

    なんだかくすぐったい話です。自分が生まれた場所や縁のあった場所で、懸命に努力した沢山の人々のおかげです。
    また、参勤交代や駅伝制度、正確な地図のために日本全国を歩き回った間宮林蔵なんかも貢献しているかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。