新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」のご紹介

こんにちは。シンシアリーです。

おかげさまで、また新刊をご紹介できること、実に嬉しいかぎりです。

2月23日発売の新刊、『人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~』です。なにか楽なのかは、ちょうど昨日のエントリー「疲れる社会」にて、「疲れる」の反対概念であると、書いたとおりです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本文にも同じ趣旨の内容がありますが、いままで書いてきた本は、私なりの日本論を加えたものの、全てが「韓国論」でした。

いつだったか、私が自分のことを「場違い」と言ったことを、読者の皆さん、覚えておられますか。

私の在留資格は「著述家」です。「日本住在の韓国人著述家」です。もう「韓国住在の韓国人歯科医師」ではありません。

「韓国論しか書けない著述家が日本で作家活動をすること」と、「日本論『も』書ける著述家が日本で作家活動をすること」は、あまりにも大きな差があります。前者は、これもまた「場違い」です。

そんな私が書いた、初めての日本論が、本書です。自分なりの韓国論を加えたものの、「日本論」です。

 

以下、「はじめに」から引用いたしますと:

<・・最近、「リセット」だの「希望」だの、「今の日本」を否定しようとするフレーズがこの国、日本に溢れています。リセットは過去をなかったことにしてやり直すものであり、希望というのは、最悪の状況にあっても、最後の最後に残るものです。今の日本に、そんな言葉が相応しいのでしょうか。日本に問題があるとして、本当にそれはこの国、日本を全体的に否定しなければならない問題なのでしょうか・・(中略)

・・そんなことを言う人たちに対し、「それは違う」と、自分なりの説得力を持つて反論することはできないのか。本書は、そんな私の願いがかなった、一つの形です・・>

そんな本となります。本文の後の「著者関連のお知らせ」にアマゾンリンクがございます(※まだ表紙画像はありません。後でUPします)

 

いつも同じことばかり申していますが、今回も他の言葉が思いつきません。

「ありがとうございます」。

シンシアリーは、ブログも本の執筆も、これからも、頑張ってまいります。

 

2月7日、表紙と内容紹介を別のエントリーにまとめました。

「人楽・日本」の内容紹介

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

226+

81 Replies to “新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」のご紹介”

  1. 日本で生きていながら気づかなかった事や忘れていた事を知って嬉しかったり感激したりのご飯本でしたょ
    新刊を楽しみにしてます
    ((o(^-^)o))

コメントは受け付けていません。