市民団体、韓半島旗に独島を描け!となぜか日本大使館の前でデモ

「大韓民国独島サラン(愛)協会」という市民団体が、韓半島旗に独島(竹島)を描け!とデモを行いました。

どうやら、入場の時に使う旗には竹島を描かないことになったそうでして。

ですが、この市民団体、なぜか日本大使館の前でデモを行ったみたいでして・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によると、この団体は<日本が「独島は日本固有の領土だ」と独島侵奪野望を露骨にしている状況で、私たちの政府は私たちの地で行われる平昌冬季五輪で日本の顔色を気にして独島表記の無い韓半島旗を使用することにした。これは、自分の主権を放棄するものであり、国民の自尊心に大きな傷を与える行為である>と主張してらしいですが・・それなら大統領府の前でムン・ジェイン大統首領に言うべきじゃないでしょうか・・

そして、余談ですが、この韓半島旗、IOCに対するオリンピック組織委員会の立場だけでなく、国内でも「あの縮図だと、旗に独島を描くことはできない」という皮肉もありました。竹島(韓国で言う独島)がどこにあるのか、知らない人が多いみたいでして・・

画像も、「なぜここに独島を描かないのだ!」と講義する意図のようですが、もし描くとしても、そこは鬱陵島があるはずの場所です。

http://v.media.daum.net/v/20180131190145371

・・・習慣的にモザイクを入れてしまいました。

 

余談の余談ですが、2013年の韓国日報の記事によると・・

1951年のアメリカの外交文書によると、「当時の韓国大使館が(領有権を主張しているにもかかわらず) 、独島とイオド(離於島)の場所を知らないと言った」、「韓国の(領有権)要求を認めることは難しい」、となっているとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20131204211108094

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

NEW 11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“市民団体、韓半島旗に独島を描け!となぜか日本大使館の前でデモ” への68件の返信

  1. 複数のエントリーにコピペを連投する人がいたので、削除しました。

  2. このイルベ民作成の朝鮮半島図を基にした朝鮮半島旗の北東部に隠れている
    「サーフィンを楽しまれている在りし日の敬愛する偉大なる抗日英雄領導者・盧武鉉首領同志様」
    の御尊影にこの反日極左団体自身は御気付きなのだろうか?、
    それとも反日極左団体だからこそ抗日英雄アイコンである盧武鉉首領同志様の御尊影をわざわざあしらった朝鮮半島旗を意図して採用したのか?、
    まさか愛国者であるにも拘わらず自国領の図形も知らない訳はないでしょう…。
    我々日本人には全く理解し難い謎である。

コメントは受け付けていません。