韓国大手紙「日本で嫌・モンゴルが爆発している」

中央日報が、相撲関連で「嫌・モンゴルが日本を揺らしている」「モンゴル勢に負けていた日本の自尊心が爆発した」と報道しました。

大してまとめる内容も無いけど、全訳も面倒なので何とかまとめてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・モンゴル出身の選手間の暴行事件が昨年日本の最高ニュースだった

・モンゴル勢に押されていた日本の自尊心が「嫌モンゴル」で爆発している。相撲ファンと保守マスコミは暴行事件をモンゴル選手たちのせいだとした

・モンゴル歳に対抗した貴乃花は「相撲の戦士」だった。いまも古い慣行を拒否していることで改革の象徴になっている

・モンゴルの大陸文化と日本の孤立文化が衝突したとの分析もある

http://v.media.daum.net/v/20180204080101584?d=y

 

・・・かどうかはともかく。

嫌韓なら聞いたことあるけど、嫌モンゴルってなんでしょうか。聞いたこと無いけど。

 

韓国は、日本のことを「閉鎖的な思考を持っている国」だとしています。今回の件もそうですが、自分と異なる存在を認めず、全てを「混ぜて」1つにしないと気がすまない、そんな国だとしています。

そう決めつける理由は簡単です。韓国はいつも自分の問題を日本に投影しているからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

NEW! ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国大手紙「日本で嫌・モンゴルが爆発している」” への101件の返信

  1. 韓国はとても嬉しそうだけど、嫌モンゴルなんて、全然ないですね

    被害者もモンゴル人。
    「被害者のモンゴル人のために、本気で日本人が怒っている」
    のが、どこをどうすれば、そんな解釈になるのやら…www

  2. マスコミの報道姿勢はどちらかというと「体罰を容認しそれを隠蔽しようとする旧体制派vsそれを是としないゆえ反体制的な態度を取る革新派」の構図で、特にモンゴル批判は行われていないと思いますが。
    日本に閉鎖的な部分があるとすれば旧体制派の支持層が一定以上いることでしょうに、是が非でも国際問題にしたいのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。