平昌に行くためのKTXや高速バス、ソル連休と重なって売り切れ

江原道はもともと交通がいいところではありません。もちろん雪の影響もありますけど。

普通、オリンピックを見に平昌まで行くなら、江陵(カンルン)行きのKTX(韓国の高速鉄道)や高速バスを考えるものですが、韓国最大の「名節」となるソル(旧暦の元旦、今年は2月16日で15~18日までは連休)に重なって、KTXも高速バスもキップが無い、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・KTXが相次いで売り切れになり、お正月の連休と重なって高速バスまで完売のままで、平昌ブームに支障をきたすことがあるという懸念が出ている

・開幕式が開かれる9日をはじめ、主要な競技が行われる15〜18日お正月の連休期間KTXはほとんど売り切れた。オリンピックのチケットを購入したり、購入予定であっても「オリンピックを見に行きたくても行けない」人が続出している理由だ

・特に外国人観光客の場合、英語の案内がよく、ソウル駅などで利用しやすいKTXを好む

http://v.media.daum.net/v/20180207113555422?d=y

 

いや、「ブーム」かどうかはともかくして・・引用の最後、「オリンピックを見に韓国まで来てオリンピック会場に行けなくなる恐れがある」ということですね、これ。

恐るべし平昌冬季オリンピック。ネタ供給はありがたいけど、人が怪我する事態だけは勘弁したいところです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“平昌に行くためのKTXや高速バス、ソル連休と重なって売り切れ” への58件の返信

  1. お正月の連休と重なることはオリンピックの日程決定時点でわかっていることです
    ポイントはその時から今までどのような対策を立てたのかということですが言及がありませんね
    放置だとすれば故意か無能かということになります

  2. 江陵(カンルン)

    は、鼻音化して、カンヌンって読むって教科書に書いてあったが、、、シンシアリーさんは違うのか?

  3. 小池知事都政の豊洲問題で、環状線が使えないのが確定らしいので韓国を笑ってられないなぁ。
    東京五輪も混乱しなきゃ良いけど。(もう遅いみたいだけど)

コメントは受け付けていません。