ペンス副大統領の側近「(文大統領は)いったい何を狙っているのだ」

昨日から、韓国ではペンス副大統領と安倍総理のことで「外交的に欠礼だ」という記事が目立っています。

特にペンス副大統領に対しては、レセプションで「北朝鮮側と会うのが嫌で5分で退場したのだ」と、まるでペンス氏が「逃げた」ようなニュアンスで報道されています。

これらの指摘に対し、ホワイトハウスが声明を出しました。

事前に文大統領が米国側と北朝鮮側に「会ってみませんか」と勧誘したけど、米国も北朝鮮も事前にそれを拒否しているだけだ、というのです。

ペンス副大統領の側近たちはこの文大統領の勧誘に対し、「いったい何が狙いだ」と不満を露わにした、とも。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ホワイトハウスは声明を出し、外交的欠礼だという指摘は間違いだとしながら、「文大統領が米国と北朝鮮を会わせようと両方に提案したが、米国も北朝鮮もそれを拒否した」と話しました。ペンス氏が北朝鮮を避けたのではなく、最初から両方がお互いに会わないことにしていたわけです。

また、<・・ペンス副大統領の側近たちは、過去2日ムン大統領がドナルド・トランプ米大統領との電話通話で「ペンス副大統領が、北朝鮮代表団と会うようにしてほしい」と勧誘したという報道の真偽を問う質問には「確認できない」とした。また、去る8日、青瓦台(大統領府)会談などでムン大統領がペンス副大統領に北朝鮮代表との出会いを勧誘したかという質問には、「私はムン大統領が何を狙っているのかわからない」と述べた。解釈によっては、北米の出会いを意図的に手配しようとしたことに対する強い不満を表出した可能性がある・・>

http://v.media.daum.net/v/20180210090817764?rcmd=rn

要約すると、文大統領が事前に「北朝鮮代表団と会って会って~平和よと平和(^q^)」とお願いしたけど、トランプ氏もペンス氏も、また北朝鮮側も「会わない」としていた。だからレセプションでも会って挨拶しなかっただけ。そういうことですね。そして、それが「いったい何が狙いだ」と言われている、と・・

 

米「一体何が狙いだ!」

韓「モルゲッソヨ」

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

209+

81 Replies to “ペンス副大統領の側近「(文大統領は)いったい何を狙っているのだ」”

  1. 自分は北朝鮮は水面下でムン大統領に、ペンス副大統領との接触を
    打診していたと思う。兎に角、今の北朝鮮は少しでも良いから時間稼ぎをしたいからし、米国と戦争だなんて北朝鮮だって勝てるとは思ってもいない。表向きは勿論、話がしたいとは言わないよ。
    朝鮮人の無駄な自尊心が邪魔して言えるわけない。
    でも水面下では動いていたと思う。。そして米国もシラを切っているが、こう言うことが起こるだろうと、知っていたと思う。
    米国の諜報能力を舐めてはいけない。
    だからこそ、安倍さんの訪韓を打診したと思っている。
    米国だけが浮かないように。孤立しているように見えないように。

    ただ、わかり切っていたことだが、ムン大統領の作戦は失敗した。
    故に米朝共に白々しい事を言っているだけ。全てムン大統領一人の
    所為にすれば、米朝共に外交的に傷付かないから。

  2. 日本の韓国大使館の前にモルゲッソヨ像を作って「市民団体がやった事ですから」って言ってほしいw

  3. あれでしょ。
    サプラ〜〜イズ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

    普通ならやらないけど

  4. >何を狙って
    米朝、更には南北の融和を果たした立役者、輝ける月、世界を恒久の平和へ導く弥勒菩薩の顕現……位の称賛をされ、崇め奉られるなんてのじゃないすか。ついでに魔法の杖(核)ゲットするから(確定事項)周辺諸国、主に日本も平伏すと楽しく想像してるまでは、本当にあっても驚かないです。

    夢を見過ぎて韓国国民からの支持もぐらつきつつあるようにも思えますが、はてさて。

    1. にゃなさんへ

      以下妄想です。
      ほん野党代表が米国と日本に来ましたよね。
      軍部によるクーデターの協力及び許可の話をしたのだと思っています。
      日米共に「自国とは関係が無い、聞かなかった事にする」の返答だと憶測しています。
      つまり、日米は干渉しない(協力も邪魔もしない)と言う事でしょう。

      どさくさに紛れてのクーデターは有ると思っています。

  5. もう、なんというか、今の韓国は、
    ストックホルム症候群を遥かに飛び越えて、
    北朝鮮動乱の共犯者にしか見えないです。

  6. ムン大統領は何も仕事(政治家として他人を動かす為に調整する事)する気は無いんじゃないですかね。
    行って相手と会話する事だけが目的で、言いたい事を言って終わり。
    相手のいう事は聞くだけで約束は守らない。
    問題が起これば対処しろと他人に言うだけで方法は考えない、相談もしない。
    「自分の思い通りに他人が動けばすべて解決できるが、できないのは他人が悪いので自分は関係ない。すべて他人が悪い。」
    ノーベル賞は取れない科学者が悪い、財閥はもっと経済に貢献しろ、外国はいう事聞け。

    こんな感じですね。他者にとっては迷惑なだけの人間です。

コメントは受け付けていません。