韓国、日本産水産物関連でWTOに上訴決定、最終決着まで輸入禁止を維持

去年9月に韓国が「負けるのは確実だ。朴槿恵政権は責任を取れ」と騒ぐニュースをお伝えしましたが、

韓国が日本の水産物を輸入禁止した件、WTOの1審で日本が勝訴、韓国が敗訴しました。

韓国政府は上訴すると方針を決めました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・これに対して(韓国)政府は「日本の原発の状況は持続しており、国民の「食」安全の重要性などを考慮すると、今回のWTOパネル判定に問題があるという立場」とし「WTO紛争解決手続による上訴を提起して、争う予定」と説明した。また、「今回のパネル判定(1審)結果にかかわらず、既存の輸入規制措置は、上訴などWTO紛争解決手続の終了前まで維持される」とし「上訴を徹底的に準備して、輸入と流通段階安全管理を強化するなど、多角的な対策を通じて、どのような場合でも放射能に汚染された食品が私たちの食卓に上がってくることがないよう総力を尽くす」と強調した>、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180223104734550

 

何度も引用したものですが、もう一度・・

2013年9月30日、ユン・ジンスク海洋水産部長官は、「日本が汚染水を外に流すとは思わなかった。あのように非道徳的なガキどもを相手に、外交でカバーしないといけないのかなって気もするし、どうせなら早めに(輸入禁止措置を)やった」、「食薬処(食品医薬安全処)は、データに異常がないのにどうするんですかという立場だったが、このままでは私たちの漁師たちが死にそうだという考えで、強くドライブをかけた(輸入禁止にした)」・・・などと話しています。

http://v.media.daum.net/v/20130930155708668

最初から、根拠など無かったわけです。

 

書店めぐり、楽しかったです(・∀・)

某有隣堂では、他の平積みの本より随分「水位が下がって」いて、すごく嬉しかったです。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国、日本産水産物関連でWTOに上訴決定、最終決着まで輸入禁止を維持” への229件の返信

  1. ハッキリ言って、そんなに日本の放射能物質による汚染が恐ろしくて仕方ないのなら、いっその事日本からの輸入を一切拒絶すればいい。

    韓国が誇るサムスン製品も、日本の工作機械や中間材がなければ製品一つ作れないけどね。

    韓国人諸君よ。

    キミらが自慢しているギャラクシーには放射線物質が紛れ込んでいるんだが、それでもギャラクシーを買うのかな?

    あと放射線物質が日本海まで流れ込んだとデマを流して日本に謝罪を要求したが、キミらが大好きなタチウオは日本の領海で捕れたものばかりだから、キミらがタチウオを口にするたびに放射性物質がキミらの体の中に蓄積されていくのだが、それは怖くないのかな?

コメントは受け付けていません。