韓国紙「日本が米朝対話に緊張している」

北朝鮮が核を諦めることはありません。諦める「ふり」はするかもしれませんが。

米国は非核化を要求しています。いまのところ、この要求が取り下がることは無いでしょう。

にもかかわらず、韓国では「北朝鮮と米国がもうすぐ対話を始める」という雰囲気になっています。北朝鮮が対話すると言ったのに、米国が嫌がる理由が無いというのです。

そして、日本が米朝対話によって日本だけが置いてけぼりになるだろうと予測し、日本がそれを心配している、と報道されています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<北朝鮮の金英哲労働党中央委員会副委員長が米朝対話の意向を明らかにしたことについて、日本政府とメディアがいっせいに警戒しだしました。いわゆる「日本パッシング」の懸念も頭を上げています・・北朝鮮キム・ヨンチョル労働党中央委員会副委員長がムン・ジェイン大統領に米朝対話の意向を明らかにしたことについて、連日対北制裁強化という強硬論を展開してき日本で警戒論が起きています・・・>

http://v.media.daum.net/v/20180227095838116

 

この米朝対話(成立するかどうかも未定ですが)の話はこれから追っていくつもりですが、今の時点では、とりあえず「こんな記事が出てます」というだけのエントリーです。

そもそも、米朝対話は、北朝鮮の「通米封南」戦略といって、韓国の外交的役割を弱化させる意味もありました。もうそんなことは誰も考えていないようです。

「日本が困っている!」と喜べるならそれでいいのでしょうか・・・って、そういえばいつもそうだった気もしますが。

 

 

※今日(28日)は更新が鈍ることになると思います

↓3月3日の産経新聞に広告が載ります!

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

 

“韓国紙「日本が米朝対話に緊張している」” への105件の返信

  1. 米朝対話ですか…
    でも、当のアメリカ側では「北朝鮮対策の特別代表が辞任」しましたよね。
    「対話の窓口(担当者)がない状態になった」のに
    韓国は「このざま」ですか。
    聯合ニュースの英字版でも「大使が退職しても国務省は対話を続けるだろう」みたいな
    記事を飛ばしてますけど…
    駐韓大使も「未だに」決まっていないし、北朝鮮への窓口もなくなったし
    韓国の「北朝鮮ボケ」って、もう治らないんだろうな。
    トランプ大統領って「国務省を信用していない」みたいだし、
    「外交交渉よりも軍事的圧力」というタイプだから
    このままいけば「朝鮮半島まるごと潰しかねない」と
    思うんだがなぁ。

コメントは受け付けていません。