韓国各紙「いまだ!安倍を叩け!」

安倍が焦って米国に走っていく、安倍は日本パッシング(日本疎外)に眠れないだろう、韓国ではそんな記事が目立っています。

その中でもっとも気になったのは、ヘラルド経済の記事です。どこがどう気になったのか、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・安倍総理の側近である河井克行・自民党総裁外交特報も、7日米国ワシントンで行った講演で、「南北対話を進める北朝鮮の最終的な狙いは、在韓米軍の撤退と韓米同盟の解体」と、南北対話の雰囲気を毀損することに焦点を合わせた・・(中略)・・彼は、南北首脳会談について「核・ミサイル問題の解決に進展がないにも政治ショーで緊張が低いように演出しているにすぎない」と付け加えた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180308182858833

 

「北朝鮮の最終的な狙いは、在韓米軍の撤退と韓米同盟の解体だ」という指摘すらも、「雰囲気を傷つけるためのもの」として認識されていることがわかります。

これがもはや韓国の普通の認識なのか、それとも「韓国の敵たる大悪人」安倍政権の人が言ったことだから、無条件でその「反対側」に立っただけなのか。

どちらにせよ、ある古い皮肉を思い出しました。

「統一はまだだけど、赤化はもう出来てる」です。

金大中大統領の頃、ネットでは保守支持の人たちの間で少しだけ流行りました。北朝鮮の「赤化統一」を「赤化」と「統一」にわけて、「統一はまだだけど、赤化ならもう出来てる」、と。

これなら、文在寅氏が夢見る連邦制統一は、私が思っているより早いかもしれない・・そんな気もします。文氏の統一論は、「連合段階(北朝鮮の連邦制の初期段階と似ているもの)には、南北の当局者がその気になればすぐにでも出来る」となっています。金大中氏の3段階統一論から来ています。

余談ですが、米朝対話が一般化すると、もっとも疎外されるのは韓国でしょう。古くから韓国をスルーして米国と話すことを、北朝鮮は「通米封南」として、一つの戦略としてきました。

 

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

197+

116 Replies to “韓国各紙「いまだ!安倍を叩け!」”

  1. >古くから韓国をスルーして米国と話すことを、北朝鮮は「通米封南」として、一つの戦略としてきました。

    金正恩は米朝会談で「通米封南」を永久的な半島の非核化ミサイル放棄を受け入れる事で手に入れる。

    金正恩体制は永久に続く。

    文在寅の提案した話しに乗らなければね。

    ま、私ならトランプと安倍晋三に乗る。文在寅になんか乗らない。
    信用できる。

コメントは受け付けていません。