基準がコロコロ変わるのは集団知性にはなれない

朴槿恵氏の弾劾の時、群衆(群集)心理について書きながら、ニーチェの言葉を紹介したことがあります。

「楽な生き方がしたいなら、群れを成さずにはいられない人たちと混ざって生きるがいい。自分という存在が無くなるまで」。

すなわち「自分の判断力を無くすこと」。考えるのをやめて楽になる。それが韓国の群衆心理の核心でもあります。

韓国では、 collective intelligenceを集団知性と言います。集合的であり、同時に知性のある存在を意味します。鳥の群れ、魚の群れなどからその集団知性を見つけることができます。

韓国では、集団知性といえば、二つの使い方が主流となります。一つは、主にネット上のものを意味します。例えるなら、ウィキペディアがその一つです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もう一つは、韓国の群衆心理を、集団知性とします。彼らは集団でありながら、同時に知性的だというのです。

しかし、そうなのでしょうか。ただ、自分で考えるのをやめ、いくつかの主観的な基準に極端的な反応を見せることで、「私は良い人だ」という自己満足を得ているだけに見えます。

それらの「いくつかの基準」こそが、韓国で言う「正義」や「良心」などという、いわゆる韓国式の善悪論の正体です。それは法律よりも上にあります。

こうして書いていると、韓国で言う善悪は、韓国で言う正義は、よくできたプロパガンダにすぎない、そう思わずにはいられません。

「プロパガンダ(propganda)は、合理的・論理的な手段を用いない。プロパガンダは、常に感情的で非合理的な反応を誘発させるため、人の本能を刺激する」。Jacques Ellulの言葉です。

 

善悪論に振り回される韓国人たちの姿が決して「集団知性」ではない最大の理由は、彼らの善悪の基準がコロコロと変わるからです。集団的な知性によって、知性が知性を尊重しながら作られた基準に基づく行動なら、そう簡単に基準が変わったりはしません。

 

「韓国人は統一を望んでいない」という話をよく耳にします。実際、そうでしょう。いまは、確かに韓国人は統一、詳しくは北朝鮮というものに対してある種の「抵抗感」を持っています。

でも、思いの外、それは短い期間で無くなるかもしれません。

これから、韓国では統一、連邦制統一(多分盧泰愚大統領が使った「連合」という名で呼ばれるでしょう)が、韓国の「善」として君臨するのでは、と思われます。

反共がどうとか言っていた人たちは、一気に非主流となり、「悪」となるでしょう。集団知性に逆らう愚かな「バグ」として。

 

韓国民の「総意」によって連邦制統一を迎える時は、意外と近い?かもしれません。

5年後か、それとも10年後か・・・左派政権がいつまで続くのか、カギになるかもしれません。

統一の後にも、政権が変わると「不履行宣言」したりするのでしょうか。「また分断で行こう!」とか(笑

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

164+

117 Replies to “基準がコロコロ変わるのは集団知性にはなれない”

  1. “国民情緒法”で判決撤回や何でもありの国
    韓国の国民情緒法とは 国民感情に条件が合えば 立法司法は判決を見直して新たな判決を出せる法律で, やり直しは何度でも可能で法治国家ではない.国民を見ながらの判決という李氏朝鮮時代の魔女裁判さながらの前近代的な制度!が未だに存在する国.
    慰安婦問題では支援市民団体(挺対協などの親北工作団体)の意見や方針が絶対的で 親日派=売国奴と認定されれば糾弾の対象で,大統領でさえ民事刑事上訴えられ檻の中. この問題では慰安婦市民団体が一番偉い国.

  2. 一冊目を出される前からシンシアリーさんのブログのファンでしたが、何だか日本に来られてからのほうが、分析(心の曇り)が、より切れ味鋭くなられたような気がします。また、日本ライフもとても楽しみにしています。
    これからも、お身体等々お気をつけて、ご活躍されることを祈念しております。

  3. トップに誰がたっても集団は変わらないのは、日本も同じですが、ただこの結果はどう出るかというと、日本人である、ことと韓国人である、ことの差が普通に出るだけですね。集団の方が本領発揮しやすいか、足引っ張りあって全滅するか。
    同じことをしたからと言って同じ結果が出るわけではない。何をやるかよりも誰がやるか、の方が影響力は大きい。
    だから日本は昔から模倣を得意とし、自己つまり国体を維持してきたわけで。日本のパクリじゃあ偽物にしかならないし、模倣すれば結局は韓国にしかならないので何も変わらない。
    人の本質なんて、上辺以外はほとんど変わらない。自分に出来ることを特化させた結果が今の日本なので、持てないものを欲しがるより持てるものを伸ばした方が良いということかな。
    不完全なものほど色気は発生するなんて言いますし。女性は特に。あぁだからこれを意図的にやってるのが被害者ヅラかぁ。意図的にやったら同情買おうとしてるの丸わかりで鬱陶しいだけなのに。意図的にしたらただのオカマ、女の偽物。方や上から目線でメンツを立てるみたいなことしてるから、こっちは男のアピり方。日本にもこのレベルのは中々いないから気付かないけど。DV男みたいな。性別関係なく国民性がコレって凄い。女がいない。

  4. この記事の内容はその通りではないか?
    韓国は芯(真、信、心)が無い社会であるし、痴はあっても知は無い社会だ。従って、このような新聞の書きっぷりは十分納得できる。
    韓国のこの手の新聞は白痴が書いているのであろうから、批判も
    何もないのではないかと思う。

  5. いやいや、それが正しく「愚民化」なんですけどね。
    情報が乏しかった戦前ならいざ知らず、現代なんだけどね。パレスチナや中東や中国の山脈の集落でもあるまいに。
    そこはそれ、「見たいものを見る」朝鮮人故の願望宮なんじゃないですか?

  6. 申し訳ありませんが、個人でも集団でも韓国人に知性というものはほとんど感じないですね。

    個人でも集団でも、反省というものがなければ、知識、経験と言ったものは蓄積されません。何でも人のせいにする韓国人社会ではそういう蓄積がなされない。だから、セウォル号やこの前の火災のような事故が何度も繰り返される。文字通りの”集団的な知性”を持った民族であれば、そういうことは起きないと思います。

    基準がコロコロ変わるというのは、おっしゃる通りだと感じます。

    自分は正確な事実関係は知りませんが、もともと朝鮮では儒教の教えに従い、子は親からもらった体を傷つけてはならない。だから髪の毛も切らず束ねて巻き上げるようにしていた。韓末になり、日本が主導して髪を切って西洋風の髪型にするよう命令を出したところ、親からもらった体を傷つけろとはけしからんと反乱が起きたという話を読んだ覚えがあります。

    それからわずか100年もたたないうちに、整形した子供が母親に、お母さんも一緒に整形しない?というようなことを言うようになっているのですから、この民族の伝統って一体何?という感じです。

    ただ、この一貫性のない、言うことがコロコロ変わる民族性は、僅かな望みでもあると思っています。趣味のようにやっている反日も、ある日突然コロっと変わる可能性がゼロではないということですから。まあ、その先、またコロっと変わる可能性はありますが 笑。

    1. >名無しの権兵衛さんへ

      そのとうりですよね。
      韓国人は集団だと上から目線、個人だと「差別ニダ〜」と性犯罪に走るし…

      全員では無いのでしょうが、カップルで旅行していて、費用が枯渇したら女性が売・春をして旅費を調達…なんてやっていましたね〜〜

      国家・集団・個人の共通認識は「自分がすればロマンス、人がすれば不倫」DNAレベルと思ってしまう位、そんな考えを持っているのでは、集団も個人も関係ないと思います。

      ステレオタイプだ!と思われても構わんよ、、比率としたら圧倒的に多いでしょ?日本が好き=日本人になれるわけでは無いし。

  7. 韓国に有る集団知性って、
    「反日」だけでしょ?

    他はてんでバラバラっぽいんだけど?

    1. そ。 ©松村氏

      (ソフン) ←カッコをつけるとなんかAAぽくなる、ソフン氏
      全然関係ないわけですが、新エントリーと絡めてみました。
      いや、「そ」つながりで・・・

      (´・д・)バカ?(´д`;)うん・・・

      1. ソフン→徐薫
        フン→薫(かおる)

        あ、いや、何でも無いです。

  8. 鳥や魚やアリの群れはフェロモンを出して群れてるらしいね。
    韓国人もフェロモンを出しているのかな。
    キムチフェロモンとかは出しそうだけど。
    一応、曲がりなりにも人だから鳥や魚の集団行動とは違うんでないかい?知性でも無さげ。

    民主主義っつうのの前提は「大多数の人は正しい選択をするはず」という考えに基づいているのだと。
    だから、歴史的に大多数の人が間違った選択をしてきた民族が民主主義を選択するのは本当は最悪の選択なんだよね。
    そういう意味では北が正しい。

    PAMOUさんが書いている「集団心理は知性と対局」って、同感。
    集団心理のおおもとは「感情」でしょ。
    パニックとかさ。

    1. 直接民主制の前提はその通りですが、それではダメだと考えられて、人々が無能でも機能するように間接民主制が主流になっているのでは。
      間接民主制は有能で信頼できると考えられる人を選んで権力を移譲します。政策ではなく”人”を選ぶ。そして定期的に検証してダメなら権力を奪って別の人に渡す。
      北や中国なんかの独裁制は「俺が有能だから俺が権力を持つ。検証は許さない。」なので神のごとき独裁者が続かないかぎり失敗します。

      間接民主制において、必要なの「俺はそれほど有能ではない。だから有能な人を選んで、その人の判断に従う。」という謙虚さです。自分の判断力を政策ではなく人を見る目に使う。韓国人やサヨクに足りないのはその謙虚さです。

      1. まあ無能な人が「有能で信頼できると考えられる人」を選んでも、やはり無能だから選び間違えるわけで、、、。
        又、法を含む社会規範もやっぱ無能の烏合の集によるので、それなりなんでしょう。
        全体的に上から下まで無能+規範が無いと、どう選ぼうが、ほれ、あのように、、、
        怖い事です。

        1. 韓国は民主主義のガワを被っていますが、
          民衆は文王朝のつもりいます。
          王様がなんとかしてくれる。

          1. ムンは日本人にはわからないフェロモンを出して王様になってるんでしょうかね?
            どうみても私にはタダの◯◯にしか見えないのですが、、、

          2. タダの◯◯なら良いのですが、
            沈惟敬遊撃将軍なみのトラブルメーカーかと。

コメントは受け付けていません。