たかがヘル朝鮮、されどヘル朝鮮?

ヘル朝鮮とかいって韓国から出ていった人たち、いわゆる「逃避性移住」をした人たちの多くが、結局は現地でも適応できずに韓国に帰ってくる、という話をよく耳にします。

一応、似たような内容の記事が上がってきたので、紹介します。「外国に行ってみたら体の苦労、心の苦労・・逆移民、増える」という文化日報の記事です。

http://v.media.daum.net/v/20180313142028412?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によると、「逆」移民は2015年に2733人、2016年に2478人など毎年2500人前後で、外国に行く移民は2015年273人、2016年455人で、10年前の2005年(8277人)より大幅に減少した、とのことです。

それもそのはず、記事の事例を見ると、

「韓国であらゆるストレスを経験したが、今はその比ではない。移民者の私が良い仕事を持つのは難しい(アメリカ)」

「普通のアジアの男性としてどこに行っても真の歓迎は受けられない。目に見えない差別が人を狂わせる(ニュージランド)」などなど。

基本的に、「私のせいだ」という人はいません。「システム(移民先の国の社会)のせいだ」とします。

事例にて、「普通のアジア男性」というのが面白いですね。この人は、韓国人だからって、なにか特別な扱いを期待していたのでしょうか。移住先の国(社会)が韓国に合わせるべきだと思っていたのでしょうか。

 

韓国が「嫌いだから」では、どうにもならないと思います。移住先の国が「好きだから」という、「その国でないとダメだ」という覚悟が無いと。

自分が「特別」という感覚では、どうにもならないと思います。まずはその社会での「普通の一人」を目指し、普通として扱われることに感謝しないと。

「人楽」にも書きましたが、持論でもあり、経験談でもあります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

187+

“たかがヘル朝鮮、されどヘル朝鮮?” への72件の返信

  1. 日本は自然災害が多く、他人を信頼しないと生きていけない社会です。
    外人からは、他人への敬意があると言われている様ですが。。。
    大自然と比べると人間はちっぽけな存在です。
    自然災害の前では、人間(個人)は無力に等しい。
    日本人は、集団知により生きてきた経緯があります。
    今迄の蓄積により、日本は他人を信頼しないと生存が出来ない社会、韓国は他人を信頼すると生きていけない社会が形成されたのでしょう。

  2. 好きとか嫌いで移民する事を決められる
    その軽さ浅さにあきれ果てる!

  3. まあ、日本、日本人にとって、朝鮮半島から来られる人「特別」です。私は「超特別」扱いにしていますけども。
    だって「日本沈没」なんて、メディアあげて、お祭り騒ぎをするような国の方々ですもの。
    言い訳か何かのように、寄付を集めたり、がんばれ日本の横断幕あげたり、が、そこは日本人観光客が多く、減るのをおそれて、そこだけ、わざと目につくの為だとかか、寄付にしても、一々は書きませんが、在日関係にほぼ流したとか。
    あー、競技場の「日本沈没おめでとう」の横断幕が目に浮かびます。
    今生きる人々に過去を持ちだし、傷つける行為は絶対に許せません。

コメントは受け付けていません。