韓国、出産率目標値を破棄・・理由は「女は子を産む機械ではない」から

韓国で出産率関連の政策を担当する女性家族部が、出産率目標値(1.5)を再考するとし、事実上、目標値を破棄しました。

理由は、「女は子を産む機械ではないからだ」としています。

・・・出産率関連政策だけでなく、どこの誰も「女は子を産む機械だ」なんて言ってない気がしますが、女性家族部は「これからは出産率目標値などは設定しない」としています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によると、女性家族部は、<少子化対策のほとんどが女性を人口を増やす対象や手段に転落させるということが、女性家族部の診断です。代表的なもの出生率の目標です。現行の少子高齢社会基本計画の主要な目的は、合計特殊出生率を1.5人まで上げることです。中間評価指標として、妊娠維持率などの数値が横行します。どこにも女性の健康と生活に関する考慮はありません>と話しながら、これからは出産率目標値も設定しないことにした、とか。

http://v.media.daum.net/v/20180312211412337

 

去年12月、韓国では初めて、死亡した人の数が生まれた人の数を越えました。韓国もこれから本格的な人口減少期に入ることでしょう。

http://v.media.daum.net/v/20180228120046787

 

韓国の出産率問題政策は、失敗したとしか言えません。その担当が女性家族部です。その女性家族部が急に「女は子を産む機械じゃない」と言い出して、目標値を破棄しました。

何もかも人権問題っぽくすればなんとかなる、と思っているのでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

154+

“韓国、出産率目標値を破棄・・理由は「女は子を産む機械ではない」から” への139件の返信

  1. 「出産率目標値の破棄」という政策の大転換も政権が保守から左派に代わったことが原因でしょうか?人口問題という長期的かつ国家の根本政策が、政権の交代で根底から覆されるようでは困ったものですね。国の政策を信じて既に子供を産んだ人は文句を言わなくてはなりませんね。それとも、数値目標を破棄しただけで子育て支援策は継続なのでしょうか?

  2. 韓国は李明博政権期までの克日を諦めた模様ですね。あれはあれで、一応はポジティブな方向への国家的努力であった。しかし、韓国人は諦めた後はもう投げやりになる傾向が強い。米国日本との関係を軸と為す良い国を造ることを放棄して、今や勃興中の中国を主人とする統一朝鮮を形成して、別の形式で日本を克服しようとしているのでは?つまりは華夷秩序への回帰。韓国人は今やこれまで築き上げて来た財産を粉砕することに夢中の自国破壊の段階に入っている感じがする。隣国の亡国過程を観て、日本人はそれを他山の石と為すべき。

  3. では幹細胞から人間を増やしたり、男も子供を産むようにするんですかね?
    失業率が高いてのは人が余っているという事なんで多少減った方がいいんですかね?
    AIで更に職業減りますし。

  4. あははw
    これも見事に韓国らしい理由付けですね。
    しかしまあ、こういう理由付けには、びっくりしすぎて「こう来たか」と笑っちゃいました。
    別にそれがその国の方針なら、いいんじゃないですか。この国は、独自性の癖が強いので・・・

    私は子供二人でしたが、子育ては、敢えて主人には「まあ手伝ってもいいよ」という頭でやってました。子育ては、ある意味365日24時間営業だけど、これはやってみないとわからない得るものがたくさんあるんですよw
    今、振り返ると「ほんと幸せな経験をさせて頂きました」です。
    そうさせてくれた主人と子供達に感謝感謝です。

  5. 出産率の改善は別に女にとにかく産めということではなく、男性の育児への協力や、働き方の改革(残業なくすとか育児休暇取れるようにするとか)。また社会全体で母親の負担を減らそうという話で、実際に産んだ母親にとってもいい話のはずなんですがね。

    こういう言いがかりをつけること自体、心底に女なんて子供を産ませるための道具という、韓国の本当の伝統的思考があるように感じます。

  6. 「親は無くとも子は育つ」・・・そんな無責任なことを言わないで欲しい!
    ウチは経済力の問題と、遺伝病の大きな問題を抱えて、泣く泣く子供を諦めたんですから。

  7. そのうち「人間は生きる機械じゃない」と言い出して、自殺しようとする人を止めなくなるかも、ですね。

    なお「国家は統治する機械じゃない」は、絶賛実施中らしい。

    少子化について、いろいろなご意見が出てますが、生活が豊かになって多様なライフプランが選択可能になると「子供を産み育てることは、ものすごい大仕事だから」と判断し「だから、手を出さない」または「手を出すとしても慎重に、少なくとも大人数は産まない」という選択肢を選ぶ人が増えるのが、最大の原因だと思います。

    しかも、そういう社会では、前近代のような「とりあえず産む、親は無くても子は育つ」という考え方が否定され、「出産と育児と教育の三点セット」が親の責任として重くのしかかり、真面目な人ほど、それを強く意識するでしょう。

    結局、重すぎる負担を回避する方向へ、人は流れます。
    この流れを逆行させるのは「政策」程度では、どうにもならないと思います。
    今の少子化対策が斜め上を向いている、というのは、皆さんご指摘のとおりですね。

    1. >「とりあえず産む、親は無くても子は育つ」
      それな!実際産んでしまえば何とかなるんだけどね(*´꒳`*)
      むしろ、何とかする為に努力するし、頑張れるんですよね(´∀`)

    2. 昔は、そう日本でも明治あたりまでは子供は確実に労働力でもあったから、多産だったんですよ。
      まあ、多産はある種貧しさと教育度の低さにもあるわけですね…
      後、老後の面倒を子供がというのもありますね…

      教育に金をかけるようになってくると、子育ては負担なわけです…
      社会に余裕がなきゃ教育なんてできませんからね…
      だから、共稼ぎ社会、実は社会に予習がない証拠なのかもしれません。
      教育度が上がりましたが、低教育度の人間は職に就けず生きていけないわけですからね…
      そして、共稼ぎしないと生活が成り立たない親たちという事で、子育ての余裕がないという言い方もできます…

      基本的には、少子化は経済問題だと思ってます、私は…
      要は「共稼ぎの機会利益」「育児教育の利益の損益」
      先に出した老後の面倒は今の少子化でほぼ不可能(子供の方は自活に一杯、多兄弟だと負担が分散できるが少数だと全部負担がかかる)。
      教育費も増大、子育ての損益が大きくなってるという事ですね…

コメントは受け付けていません。