韓国「日本が安倍に怒った!」「韓国のロウソク集会を見習え」

一部の「集まって騒ぐ」人たちを「総意」と勘違いすること。韓国人が今どきの民主主義を理解できないでいるもっとも確実な証拠でもあります。

日本を含めた民主主義国家は、もし政権が気に入らなくても「次の選挙」があるから、その選挙で国民の意志を示します。

韓国の憲法前文には大規模デモで大統領を追い出したことが憲法精神として刻まれています。日本の憲法前文には代議員制度が明記されています。その差は、民主主義の維持において決定的な差でもあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

にもかかわらず、韓国は、最近日本の一部で起きている反安倍デモが嬉しくて嬉しくて仕方がないみたいです。

長らく韓国が主張してきた「韓国を嫌うのは一部の右翼政治家だけ。日本国民は韓国に同調している」という儚い主張の根拠を見つけたような気になっているようでして。

ファイナンシャルニュースの記事を一つ紹介しますと、

<・・昨年、日本は、韓国の大統領退陣を要求するろうそく集会を簡単には理解できない雰囲気だった。しかし、腐敗した政治を市民の力で変えることができることを見守った隣国の日本の市民は、今、安倍総理の退陣を叫んでいる。韓国のろうそく集会の写真などを運び(ネットで拡散すること)ながら、ベンチマークする動きも見られ・・>

http://v.media.daum.net/v/20180314070315213

 

記事にはハングルで書かれたツイッターが載っていますが、書いた人は自分のことを日本人だとしながら、「ありがとう、韓国」などと書いています。

また韓国からも「200万人集まると大統領を追い出すことができた」と、応援ツイートする人たちがいるとか。

 

でも、日本で韓国のろうそく集会みたいなものが起きる可能性はありません。なぜなら、それは日本社会では善でも悪でもなく、ただ「見苦しいもの」にすぎないからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“韓国「日本が安倍に怒った!」「韓国のロウソク集会を見習え」” への121件の返信

  1. 平日の昼間から倒閣デモなんて、余程暇なのか、職がないのか…
    これ、左派政党なり反アベ組織なりが金出してなければ無理だと思うんですよ。

    ああ、そういえばこのデモの中に国会議員がいたんでしたっけ。
    こんな議員の給料に我々の税金が使われてるなんて、虫酸が走りますな。

  2. 「…でも、日本で韓国のろうそく集会みたいなものが起きる可能性はありません。なぜなら、それは日本社会では善でも悪でもなく、ただ「見苦しいもの」にすぎないからです。」⇒さすがシンシアリーさんよく分かっていますね。その通りですね。でも日本にもロウソクデモに近い人がいますね。左翼活動家(こちらは少数)と地上波TVメディア(こちらも少数のはずが残念ながら電波をほぼ独占してしまっています。かわいそうに視聴者から「見苦しい」と思われていることに気づいていません。)

  3. たしかね…。

    日本だと、デモとかって、警察に届けないと

    逮捕されちゃうんです。私の記憶が確かならね。

    だから、デモとか、集会ってやったところで、

    だから、どうした!

    それより、選挙行って、嫌な奴なら、

    入れなければいい。それだけでしょう?

    200万人で大統領追い出した。って豪語するあたりが…。

    安倍さんへの抗議の集会でのシュピレヒコールが

    太鼓に合わせっていうあたりが

    ダサくて、泣けてくる…。

    太鼓に合わせてっていうのもダサくて、泣けてくる…。

  4. モリトモ問題についてはノフスケさんほかの方々のおっしゃる通り。こんなことで1年以上も国会を止めていることに心底腹が立つ。
    未だに野党は安倍内閣総辞職を謳ってますが、選挙したらまた野党の議席が減るけどいいのか。

    今回の件、1つ嘘をつくと連鎖的に多くの嘘が必要になるという見本のようなものだった。そしてマスコミ・野党が騒ぎ立てたことで関わった誰もが不幸になるという虚しいものに。騒いだ方は分かっててやってるんでしょうけども。

    韓国のロウソクデモ?ほとんどの日本人は相変わらず馬鹿だなぁと思って見てますよ。

コメントは受け付けていません。