韓国の「嫌老」の妙な二重性

(ソース記事によると)日本にもある言葉だそうですが、「嫌老」という言葉をご存知でしょうか。老人嫌悪のことです。

追記です・・なんか聞いたことないのにおかしいなと思ってわざわざ()をつけて(ソース記事によると)と書きましたが、「数年前から日本には嫌老という言葉があった」とするソース記事の書き方は、同意できないものでした。コメント欄の情報を頼りに少し調べてみましたが、日本で嫌老という言葉は、ある本の題だったみたいです。でも、それ以外には使う人のいない言葉で、とても「そんな言葉が数年前からあった」とは言えません。私も聞いたことありません

何もかも「ウリとナム」に分けの、言い換えれば「線を引いて」その線のこっち側か、あっち側かだけの二元論的に考えること。それが韓国社会であると、ブログ始めてからずっと書いてきました。昔、小学校でこんなのありました。机を二分して「ここからここまで私のタン(土地)」とかいうあれ・・日本にもあったと聞きますが。それをリアルに生涯やっているわけです。

その結果、嫌男・嫌女(男と女が嫌悪しあう現象)という言葉を聞いて久しいですが、韓国社会で伝統的に最大級の美徳とされてきた「敬老」さえも、その考え方には勝てなかったようです。

ただ、そこには妙な心理が関わっているようでして・・今日はそれを扱います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まずは朝鮮日報の記事から必要な部分を引用します。

<・・高齢者を眺める私たちの社会の視線が急速に冷たくなっている。世代間の経済・政治・社会的な利害関係日を追うごとに鋭く対立しているからである。インターネット空間では、高齢者を軽蔑する言語が溢れている。 「敬老」はもう昔話で、「ヒョンロ(Hyeom-ro、嫌老)」という言葉まで出ている・・>

これはもう言い逃れできない現実です。もはや韓国では、高齢者は若い人たちの「敵対勢力」です。

嫌老の、少なくともその表面的な理由は、記事にもありますが「経済・政治(ここは思想と書くべきですかね)・社会に関する利害関係の衝突」です。

前の仮想通貨エントリーにも書きましたが、「高齢層のせいで私たち(青年)は不公平な世の中を生きている」とする考えが理由の一つです。それに、老人福祉などで若い人たちの負担が増えることもまた、大きな不満要素の一つのようです。

 

・・ですが、妙なのは、

<・・このような現象を懸念するのは、高齢者だけではない。いつか老人になる未来を想像し、20・30世代まで、私たちの社会の「ヒョンロ現象」を心配している・・>、とのことでして。

何のことかと言うと、国家人権委員会という組織が「老人人権総合報告書」というものを作ったそうです。韓国で一般的に「老人」とされる65歳以上1000人と、「青・長年」とされる19〜64歳500人に老人人権についてアンケートした結果です。

朝鮮日報がそのレポートを入手して分析した結果、「高齢者よりも若年層が高齢者の境遇をより悲観的な視線で眺めていることが分かった」とのことでして。

何のことかと言うと、当の老人たちは「こんなもんだろう」と思っているのか、それともまだ余裕があるからか、「私たちの社会には、高齢者に否定的な偏見があり、そのせいで高齢者の人権が侵害されている」という項目に「はい」と答えた人は65歳以上では35.1%だけでした。しかし青年(19〜39歳)の場合は、80.9%。

記事の例文の中で気になったのは 「高齢者は虐待・放任に遭う」という項目ですが、ここにも65歳以上は10%だけ「そうだ」と答え、19~39歳は85.2%が「そうだ」と答えました。

http://v.media.daum.net/v/20180317031029680?d=y

 

 

富を独占された。不公平だ。しかしそれと同時に、青年たちは「高齢者は虐待される、高齢者は貧しい」という考えも持っているわけです。

なぜでしょうか?そう思っているなら、なぜ老人を嫌うのでしょうか。なぜ今の老人たちへの福祉負担などを「嫌う」対象にしているのでしょうか。

この二重性の正体を垣間見ることができるのが、嫌老より先に流行った「スプーン階級論(匙階級論)」です。

「スプーン階級論」の正体は、「貴族階級に生まれなかった悔しさ」です。すなわち「親が大金持ちじゃないから私もダメだ」とする考え方の現れです。逆を言えば、大金持ちの子で生まれると、万事オッケーです。

韓国の青年たちが嫌うのは、「貧しい老人」です。全ての老人ではありません。そして、その貧しい老人たちに向かってこう叫んでいます。「お前らが私たちを産んだせいで私たちもお前らみたいに貧しくなるしかないんだよ」、と。ある種の「自分(自分の生まれ)」への卑下だったスプーン階級論が、もっと「社会的」な形で広がったのが嫌老現象なのです。

彼らは豊かな老人たちに対しては、「富を独占した悪党」としながらも、青年たちはそういう老人になりたがっています。それで万事オッケーです。財閥を嫌いながら財閥に就職したいと思うのと同じです。

 

明日は久しぶりにちょっと遠くまで行きます。明日は夜にレナスレでも書いて、普通の更新は月曜からになります。また、前もってご報告していますが、急に更新が2~3日止まるかもしれません。そんな時には「消されたか」「だからショッカーの名は出すなとあれほど」・・じゃなく、「ああ、韓国にいるのか」と思ってください。(・∀・)ノ

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国の「嫌老」の妙な二重性” への100件の返信

  1. 韓国の年配の人たちは悪く言うと図々しい。並んでいる列を無視する。年上なのだから優先されて当然という感覚なのですね。地下鉄に乗ってくると座っている女の子に席を譲れと当たり前のように言う。つまり敬老を強制するのです。これじゃ嫌われる。
    もちろん、この世代の人たちは朝鮮戦争を生き延び、「漢江の奇跡」を担って今の韓国を築いてきた人たちです。その割には報いられることのない世代の人たちです。だからといって、自分たちの若い時のような老人への絶対的服従を強制するものではない。今の韓国の若者は、テスト勉強ばかりやらされて人間教育など施されていない世代。当然反発しますよね。人間教育などされていないのだから、相手を思いやる気持ちなど育っていない。パシュートのキムボルム選手をみれば分かりますよね。
    韓国の教育そのものが変わらない限り、嫌老はなくなりませんね。そもそも日本を憎悪することを教えている段階で韓国の教育は壊れています。

    1. 横から失礼します。韓国の老人の方を知りませんが、日本の老人も酷いですよ。人間は肉体こそ老いても、精神は崇高さを増し尊敬するに値するようになっていく。これは絵空事です。そもそも昔もそうだったんだと思いますがw寧ろ若者の方が良識がありますわ…年齢は関係ありません。人間の質の問題。厚かましく図々しい自己中心的な老人ばかりが多いですね~徴収される税金は未来へ投資して欲しいと常々思いながら働くばかり。
      余談ですが、最近並ばずに平気な顔で横入りする初老や老人の人が本当に多い。それを見る度、日本人の質が変化していってるのか⁉️と感じます。彼らに学ぶより諭すシーンが多くあるし、勘違いした老人の対応に困っている若者を良く見ますね…国の衰退、国民もまたってやつかな…

  2. あんまり名前出したくないけど、5chの嫌儲板がそんな感じだなあと

コメントは受け付けていません。