検察「セウォル号に関連した朴槿恵政府の報告・指示時刻は全てウソ」

韓国検察が、セウォル号沈没した日の朴槿恵大統領への報告及び朴大統領の指示は全て嘘だと発表しました。

大統領が初めて報告を受けた時間も(既存の「10時」ではなく)10時20分で、

大統領が「総力を尽くして救助すべし」と指示を出した時間も(既存の10時15分ではなく)10時22分だというのです。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

他にも、当日の午後にはチェ・スンシル氏が大統領府に来ていた(そこで何をしたかは書いてない)、朴槿恵大統領が文書の時間を直したのかは証拠が無いのでなんともいえない、などが報道されています。

http://v.media.daum.net/v/20180328154758730?rcmd=rn

 

率直に、記事の題だけ見て「なにか凄いことがわかったのか?」と思ったけど・・・読んでみて「これだけか」と思いました。

こういう文書の「時間」をわざと修正したならそれは確かに問題ですが、その7分の差でセウォル号の救助に何か劇的に変わることがあったのだろうか?というと・・何とも言えません。別に大統領が救助しろというまで何も始まらないとかそんな問題でもないでしょうし。

しかし、韓国では鬼の首を取ったような雰囲気で報道されています。

記事のコメント欄にも「二人ともKOROせ」「地獄に落ちろ」などのコメントが多くの賛成(「いいね」のようなもの)を得ています。

全ては、悪をさらに「悪い」と叩くために。そうすることで、その悪を叩く人たちが善としてあり続けられる。いわば、ある種の聖戦ですね。思いっきり歪んでいますが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

164+

“検察「セウォル号に関連した朴槿恵政府の報告・指示時刻は全てウソ」” への67件の返信

  1. むしろ実際の報告時刻の方が遅い(ために朴槿恵の責任に依らないところで即応度が何分間か落ちた)&報告を受けてから指示を出すまでの時間が実際の方が短い、という朴槿恵にとって有利な情報なので、朴槿恵がそれを修正させるメリットが無さそうに思うんだけど…修正が有ったというのは事実なのかな?

  2. そりゃ、海上警察が沈んでいくフェリーを惚けっと見ているのは、朴槿恵が檄飛ばしても変わらんわな。
    日本の海猿は間に合わないし、現場を仕切っているのは海上警察だから、日本は何も出来ないだろうけど、米軍の協力申請ぐらい受け付けても良かったんでは?

コメントは受け付けていません。