フランスで慰安婦問題を広げていた韓国系元長官、警察に逮捕される

フランスのブラセ(元)長官という人をご存知でしょうか。

「韓国で生まれ、7歳の時に国際養子縁組でフランスに渡り、長官にまでなった人」といえば、「あ、そういえばそんな話あったな」と覚えておられる方々も多いでしょう。

ちなみに、本エントリーで扱っているブラセ氏は、男性です。この人とは別にもうひとり、同じくフランスの長官になった女性がいますが、彼女は本件とは関係ありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・・で、そのブラセさんですが・・・この人、慰安婦問題に関わっていました。慰安婦をフランスに招待して演説させたりしました。

パリのユネスコ前で慰安婦がデモ(慰安婦記録物をユネスコ登載せよという内容)をしたときにも、デモそのものではないものの、パリに招待したのはこの人でした。フランスと慰安婦問題を結ぶ役割としては、中心人物の一人だったといえましょう。

http://v.media.daum.net/v/20180308183007854

 

このブラセ氏、↑の慰安婦の件から1ヶ月も経ってないのに、酒屋で酒に酔って女性にダンスを誘うも拒絶されると、その女性に暴言を吐いたり、騒ぎを起こしました。店の人がブラセ氏に店から出ていくようにと話すと、「アフリカに送ってやる」と大声を出したとか。多分、店の人は黒人だったのでしょう。

http://v.media.daum.net/v/20180405175336180?rcmd=rn

 

海外で慰安婦問題に関わっている人たちは、共通して「慰安婦問題は女性人権問題だ」としています。そんな人が、女性に暴言して、人種差別発言したわけです。

店の女性を、自分の性奴隷のように見下していたのでしょう。

めでたく、警察にタイーホされたとのことです。

 

 

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

191+

53 Replies to “フランスで慰安婦問題を広げていた韓国系元長官、警察に逮捕される”

  1. 日本人慰安婦が一番多かったことを無視する人種差別主義者が多いのも共通ですね。

  2. 海外で暮らす韓国人が反日活動に勤しむのは、何故なんでしょうね。
    生まれ育った国のほうが居心地は良いのが本音で、韓国に帰る気は皆無なことへの罪滅ぼしなのか?と思ったり。

  3. 待ってました、七誌殿。韓国人が第3国で日本の評価を貶めている。だから「韓国は上、日本は下」の運命に忍従するしかない。

コメントは受け付けていません。