(レナスレ)レナのお花見

久しぶりの単独レナスレです。

スーパーいまさらキックではありますが、本ブログにはたまーに「レナスレ」といって、ドール(+ぬいぐるみ)の写真が上がってくることがあります。

複数の写真を載せる場合はかならず「レナスレ」と明記していますので、苦手な方々はご注意ください。別記が無ければ、レナスレには本ブログの本題となる韓国関連情報は一切ありません。

そういうことで、今日は桜の木の背景と明るい服でお花見撮影です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

樹の背景は、いつものブランコともよく合う気がします。

↑DAISOで売ってた造花を一本買って、手前に置いて撮ってみました。

この赤いドレス、原宿のボークス「天空の窓」というドール店の3周年記念作です。レナをお迎えしたのは日本(秋葉原)ですが、レナ「一緒に日本に来て」買ったドレスはこれが初めてとなります。

↓いつもの集合写真です。

 

次のレナスレは・・・子供の日になるか、それともその前にどっか突撃するか、まだ未定です。

それでは、また(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“(レナスレ)レナのお花見” への23件の返信

  1. レナ殿は人生を謳歌している様子で何より。

    なぁ、主よ、実に不思議なものだと思わぬか、
    レナ殿はお主に人生、つまりは生きる力のようなものを与え、
    お主はレナ殿を愛でることで生きる力を得ているようにさえ
    思えるのだが、どうだろうか。ある種理想の形といえなくもない。
    お互いに作用しあい、お互いに、知らず知らずのうちに生きる道を
    着実に歩んでいる。やはり、人形にも人生はあるんだな、確信した。
    なので、最早、人形ではないな。

コメントは受け付けていません。