「私と一緒に金日成について学んでいた人たちが、いま大統領府にいます」

明日(4月11日)は更新がちょっと遅れると思いますので、夜にもう一つ更新しておきます。

自由韓国党(ハンナラ党→セヌリ党→自由韓国党と改名)がやっとソウル市長候補を立てました。京畿道(キョンギド。ソウル周辺の首都圏地域)知事出身のキム・ムンス氏です。

いまのところ、共に民主党の候補(現ソウル市長パク・ウォンスン氏)の支持率が高く、キム・ムンス氏の当選可能性はほぼ無いと思われますが、彼が気になることを話したので、紹介します。

「私と一緒に北朝鮮の対南放送を聞きながら金日成について学んでいた人たちが、いま大統領府にいます。彼らが何をしようとするのか、私にはわかります」。

http://v.media.daum.net/v/20180410141209421?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

なんのことかというと、キム・ムンス氏は左派運動家(労働運動家)出身です。投獄されたこともあります。

氏によると、あの時も牢屋の中で同じ運動化出身の人たちと一緒に、北朝鮮の対南放送を聞きながら、金日成について一緒に勉強をした、とのことです。そして、あの時に一緒に勉強していた人たちが、いまは大統領府のメンバーになっている、と。

キム・ムンス氏は金泳三大統領の頃に考えを変え、保守派で活動するようになりました。

単に反共意識を刺激して支持率を何とかするための弁であろう・・と考えるのが妥当でしょうが、いまの大統領府の動きを見ていると、「それは違う」「まさかそんなことはないだろう」とハッキリ否定することもできません。困ったものです。

 

6月13日の地方選挙(自治体の長を選ぶ選挙。一部地域では補欠選挙も同じ日に行われます)では、保守派が負けるのはほぼ決まっている状況です。問題は、どこまで抗うことができるか、ですが・・・どうでしょう。

政党支持率では、共に民主党が52%でいまだ圧倒的ですが、自由韓国党も20%と、若干ですが支持率を回復しています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

124+

59 Replies to “「私と一緒に金日成について学んでいた人たちが、いま大統領府にいます」”

  1. > 自由韓国党も20%と、若干ですが支持率を回復

    シンシアリー氏の過去の指摘からは,あの代表では文タンより足元を掬われる可能性が高いように思ふ.

    で話は変わるが,今回のような市民記者でないOhmyNewsの記事はこなれていると感じました マル

  2. ふと思ったのですが。
    日本では民主党政権時代に国、国政etcの極秘情報が敵国(中韓朝)に流出させられました。
    国の中心に過激派が大手を振って出入りしていました。

    今の韓国であれば、各種データがポンプで圧送する位のズブズブ状態で朝に送り込まれているのではないでしょうか。
    もちろん付帯して米や日の情報も。

    この先どうなるのか、少し考えるだけで嫌ーな気持ちになります。
    正直、これらをリセットするために、米国には徹底的な制裁行動を期待してしまいます。

  3. ノブスケ様
    貴殿の意見に大賛成です。
    だた、「米国が北朝鮮を叩く?」事を、必死で妨害しているのが、今の文在寅だと思いますが、しかし、北の金ブタの先送りに激怒して、今年中に「トランプは、空爆をやる!」と思います。
    シンシアリー氏は、良い時に、日本に来て正解だと思います!
    このままだと、「親日派のための弁明」を書いた金ワンソプ氏の様に、パスポートを取り上げで韓国内で、幽閉されますからね!

  4. シンシアリーさんは、今後のムンジェイン政権や左派はどうなると思いますか?

    米朝が決裂して、米国が軍事力行使か徹底的な制裁に移行して、北朝鮮を支持している韓国も、米国(日本)が主導する自由主義陣営から除け者にされた場合、経済的も困窮し、国の格も落ちる。
    その時、ムンジェイン政権は韓国国民の怒りで倒されると思う?
    それとも、このままムンジェイン政権は情報統制しながら赤化に邁進し、韓国経済を潰しながらも左派支配の基盤を完成させると思う?

    私は、北朝鮮が米国から軍事的に圧倒的にボコボコにされて、中国が米国に手出しできないのならば、ムンジェイン政権は国民の不満で倒されると思う。
    北朝鮮への強力な制裁だけなら、韓国も同時に制裁を受けようが、ムンジェイン政権は倒されないと思う。米国への恐怖心が無いから。国民(軍部でもいい)にとって、「生かされない」「頼れる味方がいない」という2つの不安状態が揃う場合以外はムンジェイン政権を倒すほどの勇気は出てこないんじゃないかなぁって思う。
    でも、どうなろうとも、将来を担う韓国国民の若者は頭悪いから、左派的な制度は維持される(もしくは潰されても復活する)し、韓国は落ちていく一方なのはもう揺るがないと思っています。

    客観的に見ると、シンシアリーさんはボーナスステージの世代ですよ。朴正煕は旧日本の教育を受けた世代であり、軍事独裁の功罪は様々ですが、シンシアリーさんは幼い頃から若い頃、朴正煕や全斗煥達のおかげで発展した韓国で育ち、ある程度の豊かさを享受できたのだから。
    そのボーナスステージは国民が潰して、もう終わりましたけどね。シンシアリーさんの韓国での最後の数年は、立派な客船が沈む最中のパニックを船内から見ていた、、、そんな貴重な経験だったと思いますよ。本人は不愉快な経験をしたかもしれませんが、考えようによっては面白い時代を体験したのだし。

コメントは受け付けていません。