“雑談ルーム” への262件の返信

  1. 杞憂であってほしいのですが
    ムン大統領は統一に向けて、積弊清算を掲げ保守派粛清、財閥解体に続いて勢力がある市民団体(抵対協等)を潰しにきてるのでは?
    独裁に向けての動きと感じられるかも
    メデイアもどうなるやら?

    1. 市民団体が次々に潰されて「左派政治勢力独裁」が固定化されるのだとすれば、それは、わが国にとって悪い流れではない、と思います。

      現状がすでに「左派勢力独裁」と言うべきです。ただし「左派」が市民団体やマスコミを含む「幅広い勢力」から成っていて、政治勢力にだけ権力が集中しているわけではありません。

      それが「文大統領(とその追随者)」に権力が集中し固定化されるならば、構造としてすっきりして、交渉するにも縁切りするにも「相手」が明確化する、という外交上のメリットが他国には発生します。
      その未来が実現すれば、韓国民には気の毒ですが、自ら選んだ体制ですから、圧政に順応するしかないですね。

      どうせ、そうはならないだろう、とも思います。
      文氏とその追随者も、その他の左派勢力も、現実を見ないという意味で無能そのものなので、ただグダグダが続き、その間に国が疲弊して、どうにもならなくなる。いろいろな想定はできますが、どのシナリオが実現性が高いかといえば、そういう予測に落ち着きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。