「ナッツ回航」、今度はその妹が人に水ビンを投げる

この前、「ナッツ回航」・・海外では「Nut rage incident」と呼ぶらしいですが・・その本人であるチョ・ヒョンア氏が系列会社の社長に復帰したというニュースをお伝えしました。

今度は大韓航空の専務でもある、その妹のチョ・ヒョンミン氏が、広告代行会社の人に水の入ったビンを投げたり、水をばら撒いたりしたことで話題になっています。

この前のエントリータイトルを「ナッツリターンのエピローグ」としていましたが、まさか妹を主演にしたスピンオフまであったとは、想像もできませんでした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

会議中に、チョ氏がイギリスでやっている広告キャンペーン関連で広告代行会社の人に何かを質問したけど、その代行会社の人が「ちゃんと答えられなかった」とのことです。

怒ったチョ氏が水の入ったビンを投げたけど、ビンは割れませんでした。怒りを抑えられなかったチョ氏は広告代行会社の人に水をかけたりした・・と。

http://v.media.daum.net/v/20180412124501615?d=y

 

記事では「ちゃんと答えられなかった」としていますが・・多分、これは「チョ氏の望んでいるとおりに返事できなかった」じゃないでしょうか。

ナッツリターンのときもチョ・ヒョンア氏が怒り出した理由の一つに、「スタッフが私の聞きたいとおりに返事しない」がありまして。なぜマニュアル通りにしないのか!と怒ったのに、機内スタッフが「それはマニュアル内容と違いますけど」という趣旨で答えました。

前にも書いたことがありますが・・韓国では、「相手の意見を聞く」の目的は一つしかありません。自分と同じ意見を出すか、出さないか。それだけです。同じ意見を出さないなら、そいつは敵です。もし相手が「下」の人なら、それは下克上です。

余談ですが、チョ・ヒョンミン氏は、ナッツリターンの時、姉のチョ・ヒョンア氏に「必ず復讐してやる」というメッセージを送って話題になったことがあります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“「ナッツ回航」、今度はその妹が人に水ビンを投げる” への45件の返信

  1. 権力者、富豪以外は家畜だと本当に1%も疑わず思ってそう。

  2. ”金持ちは悪人”をこうも堂々と実践されては、そうとは限らないと言っても説得力がないですよね。

  3. 韓進グループのオーナ一族・趙一家の家庭教育(躾)やDNAに遺伝的問題があるだのと事件を起こした当事者たる本人のみならず家族やDNA等々といった人格攻撃を含む様々な批判がネットに数多く寄せられている、所謂『(ネット)炎上』しているみたいですね。

    批判の中には『姉よりもお顔が不自由な』妹の容姿についても少なくはありませんね。

    1. どう考えても普通の朝鮮人の行動かと思いますね
      容姿も普通でしょ!整形済みなら?もつくけど

  4. 李氏朝鮮時代500年は 2018年04月13日 03:38 ID:ZYPNLnJf0▼このコメントに返信
    5%の王族や貴族層の両班と95%奴隷層だけで,貨幣や道路も無いため物々交換で,商人や職人はおらず,朝鮮では,木を曲げる職人がいなくて水が漏れない桶や樽,さらに車輪も作れなかったので,揚水水車を500年経っても造れなかった.庶民は全く居なくて,それ以外は農民か乞食,山賊,妖怪だった.言語も7つで全く通じ無かったし盲文ばかりで平均25歳で死ぬため,庶民は皆無で必要なかった.そのなごりが今は財閥.その根底には下記,
    日本に併合される前の李朝末期を訪れた欧米のジャーナリストたちが,当時の残忍非道極まりない処刑を目にして「悲劇の朝鮮」(グレブスト,スウェーデン人)「朝鮮滅亡」(ハルバート,アメリカ人)など出版した.内容詳しくは,
    日韓併合前の李氏朝鮮時代の政治と風習(Yahooブログ)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61549185.html

    1. “子孫は先祖を憎み、後進は先輩を怨み、我々民族の不幸の責任を己以外の誰かに転嫁しようとする”

      まるで今書かれたように100年前も同じですね。日本人もそうなのでしょうが民族の習性というものは100年程度では変わらないということ。

    2. 石平さんの著書によれば、日本では江戸時代にぶ厚い中産階級層が存在し、庶民の文化が花開いていた。明治維新で瞬く間に世界に互していける国になったのは、これが大きいと。
      両班対隷民の国では自力での発展は無理だった。

  5. 大韓航空の経営者一族。
    ナッツ姫の妹と言えば、李氏朝鮮時代で言えば閔妃の妹。(そんなのいたかどうか知らんがw)

    使用人や市井の人々に対して傍若無人に振る舞うのは一族としての義務でしょ。
    大騒ぎしてはいけませんよ。

  6. 次回作は2人が凶悪さを競い合う外伝でも出すんでしょうか・・。

コメントは受け付けていません。