(簡易更新)朴槿恵氏の控訴、期限は今夜12時まで

朴槿恵氏の控訴期限が、今日の夜12時(14日0時)までです。いまのところ、妹のパク・クンリョン(朴槿令)氏が控訴していますが、朴槿恵氏本人からの控訴はありません。

本人でなくても兄妹や弁護人が控訴することはできるため一応「有効な控訴」となりますが、もし本人(朴槿恵氏)が「控訴しない」という意志を明らかにすれば、妹さんが出した控訴は無効となります。朴槿令氏は、朴槿恵氏の意志を確認せずに控訴したと伝えられています。

http://v.media.daum.net/v/20180413170117796?d=y

わざわざ更新するほどのニュースではありませんが気になったので、簡易更新(「続きを読む」無し)としました。

※追記・・控訴しませんでした。でも妹さんが出して控訴と、検察が「24年量刑は少なすぎる」と控訴しているため、裁判は続くとのことです。

“(簡易更新)朴槿恵氏の控訴、期限は今夜12時まで” への29件の返信

  1. 180億ウォンの罰金。懲役24年。つまり身ぐるみ剥がして生きて監獄から出さないということなのでしょう。朝鮮らしいいやらしさを感じます。

  2. ◎部下の支えも切れ、それどころか敵に回り、親友スンシルにも利用だけされ、かつて支配した検察にも裏切られ、孤立無援。牢獄で人格が崩れてしまったのではないか。明らかに精神病の発症と思える。気の毒だ。

    ◎クネはここで情緒法ではなく法治を、人権と法の支配を、と叫んで立つべきだ。それが真の積弊離脱、韓国の近代への離陸だと主張して、戦うべきだ。それによって彼女は将来、銅像の立つ先駆者、悪癖と戦い先進国に導いた人となるだろう。

    ◎ところがこの人、国民をうならせる演説をしたことがない。地位は高かったが、理想は低い人だった。なぜ?という疑問に、一切答えなかった。指導者たるべきなのに、指導性が全くなかった。

    ◎ならば仕方がない。しかし精神病院には入れるべきだ。それが現大統領の責任となる。私腹を肥やさずに巨額収賄とされた人を、放置できるのか。

  3. 韓国の国民情緒法とは,国民感情に条件が合えば 立法司法は法令,判決を見直せる大バカ法で, 国民が納得するまでやり直しで法治国家ではない.国民を見ながらの判決という現代の魔女裁判さながらの前近代的な制度が未だに存在.
    李氏朝鮮時代以前から王朝が変わる度に,一族根絶を繰り返す1000年の恨”の歴史で,
    日本に併合される前の李朝末期を訪れた欧米のジャーナリストたちが,当時の残忍非道,残酷極まりない処刑を目にして「悲劇の朝鮮」(グレブスト,スウェーデン人)「朝鮮滅亡」(ハルバート,アメリカ人)など出版した内容は:
    李氏朝鮮で処刑は三つの等級に分けられ,一等級では墓に葬られた死体を掘り起こして胴体腕脚など六部分に切り取って晒しものにする刑罰で,二等級は八つ裂きの刑,三等級は生きたまま皮をむいて処刑. 詳しくは,
    日韓併合前の李氏朝鮮時代の政治と風習(Yahooブログ)
    https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61549185.html

  4. まぁ……
    全て日本が悪いと言う事で(・∀・)v

    冗談では無く
    1000年……は無理だけど
    死ぬまで牢獄の中で日本を恨み続けるんだろうなぁ
    パククネは

    パククネパパの件といい、パククネといい
    日本って変な奴に情けを掛けすぎて
    逆恨みばっかり買ってますな……やれやれ

コメントは受け付けていません。