そして何も無くなった

次のように一つ一つ消えて、ついに無くなりました。ナムナム(他人他人)

※画像キャプチャー及び記事ソースは東亜日報(下のURL)となります

http://v.media.daum.net/v/20180416030100982?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本外務省の韓国関連説明が、一つ一つ消え、ついに何もなくなった、とのことでして。

<・・外務省は最近ホームページに掲載した「両国関係」という記事で、韓国に対してこれといった修飾語なしで「韓日の間には、困難な問題があるが、これを適切に管理し、様々な分野での協力を進めて韓日関係を未来志向的に進展させることが重要である」とだけ記述した。外務省北アジア課が作成したこの文書は、2ヶ月ごとに修正され、日本政府の公式見解を対内外に知らせる公式の意味がある・・>

余談ですが、今年1月の安倍総理の施政方針演説で、すでにこれといった修飾語無しとなっています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

176+

“そして何も無くなった” への46件の返信

  1. 『地上から消毒すべき汚物』とされないだけ有り難く思え!
    悔しいだろうが仕方ないんだ( ^∀^)

  2. 「世界平和への敵対勢力の最前線であり~」とかに早くならないかしら(´・∀・`)

    1. 朝鮮半島が北主導で統一したらそうなるかもね。実際に外交白書にそう書かれたり、国民の総意、とまでになるにはマスゴミに洗脳されている日本人が絶滅するか、当のマスゴミが転向しなきゃ無理だろうけども。

コメントは受け付けていません。