「皆様へ」ver2.0(2018年4月20日新しいお知らせがあります)

本ブログは、上から「皆様へ」「雑談」「議論」が固定表示されます。それより一つ下の、固定表示マーク(📌)の無いほうが最新のエントリーとなります。

本「皆様へ」には、本ブログの趣旨、ブログ関連のお知らせ、お願いなどが書いてあります。デスクトップバージョンをご利用で、新規のお知らせだけチェックされる方は、「続きを読む」をクリックされる必要はありません。

新規のお知らせ:2018年4月20日

怖いという意見が多くて(笑)、ブログのヘッダー画像(扉絵)を綺麗な花のものに変えました。

 

(↓ここからが「続きを読む」の後になります)

 

📌・本ブログについて

初めての方も、常連の方も、今日もようこそいらっしゃいました。私は、シンシアリーと申します。40代の韓国人です。歯科医師でしたが、今は著述家として、日本で第二の人生を歩んでいます。基本的には、ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。

アメブロで8年間「シンシアリーのブログ(旧シンシアリーのブログのURL  https://ameblo.jp/sincerelee/)」を書き続け、扶桑社の方々の助けのもと、複数の著書も残すことが出来ました。下の「著作ページ」もぜひ御覧ください。

これからは独自ドメインである本ブログで、書きたいことを書いていきたいと願っております。

 

 

🐻 ・以下、かならずお読みください

・シンシアリーが今まで書いた拙著のリストと簡略な説明は書籍紹介ページにまとめてあります。ぜひ御覧ください。

本ブログのアフィリエイト・プログラム方針については、「本ブログの広告について」をお読みください。

・スマホなどモバイル機器でご覧になっている方は、「モバイルページについて」をお読みください。問題は解決できていませんが、フィーチャーフォンからの書き込みについても少しは内容があります。

コメント表示関連で「順番がおかしいな」と思った方は、エントリー「コメント欄表示についてのご報告」をお読みください。もっとちゃんと出来なくて申し訳ありません。また、「返信」によるツリー表示は5件までです。

リンクを使うコメントは、承認待ちになることがあります。殆どの場合は承認しますが、「承認待ち」状態になったまま私がそれに気づかないこともありえますので、気をつけてください。基本的に、httpの「h」を消せばOKです。

投稿してから28日が過ぎたエントリーは、自動的にコメントが出来なくなります。固定表示エントリー「皆様へ」は公開日付を変えながらずっとコメントできるようにする予定ですので、どうしてもコメントしたい内容があったら「皆様へ」に書いてください

・ 「議論ルームと「雑談ルームが出来ました。必要に応じて使ってください・・・といっても無理してお使いになることもありませんが(笑

・ver2.0から、古いお知らせは 重要なものだけ「皆様へ」に残して、例えば「~日には更新がありません」などの簡単なお知らせは、後日に削除することになりました。

 

 

“「皆様へ」ver2.0(2018年4月20日新しいお知らせがあります)” への540件の返信

  1. >犬を大事に飼っていた方に取っては、
    「親殺し」「子殺し」と同等の意味を持ちますね。

    「犬殺し」と「親殺し」「子殺し」が同等と思わない人も多いと思います。犬の嫌いな人も、犬を食べる、クジラを食べる、牛を食べる民族もいる事ですから。
    「牛殺し」「豚殺し」「魚を生で食べる」「犬殺し」を上品ではない、無教養として、オブラートに包むとしても他人が禁止、指摘するのは、me too運動と似ていて、如何と思います。
    >犬を大事に飼っていた方に取っては、
    は、自ら日本人ではないと言う在日を外国人と言うな!と似た用法でもあろうし。

    1. そういうこともあるね。
      だから、あくまでも私個人のお願いとして、国産さん本人に「この一言だけ、やめてくれませんか?」と、何度もお願いしてみた結果「嫌だね!」ってことだから、やめないでしょうね(´;Д;`)

    2. 初心者Aさんへ
      2018年4月1日 10:20 の「私への返信」への返信です。

      「私は私見を述べるに止めます。」
      としています。
      単なる一意見に過ぎません。

      「me too運動」「外国人と言うな!」は例えとして不適切だと思います。

      —————————-

      下記を遵守して下さいね。

      嫌なこと言われて嫌なことで返しました。
      これで終わりです。

      =======================

      シンシアリーさんの意向

      敏感なテーマを扱うブログだけあって衝突も多いでしょうけど、
      嫌なこと言われて嫌なことで返したら、そこで終わりにしましょう。
      コメントのツリー表示を短くしたのもそのための趣旨です。

      ======================

    3. 何を言おうと思ったかな?、まず犬は昔からの感覚では番犬&猟犬の感覚しかないですが、飼うときは室外であり、室内には入れない、野性特有の匂いとウイルス菌、があるまた犬は糞を好むから特に気をつけなければならない最近の人たちはかわいいから飼うての人が多い、さびしいての人も多いが、室内で飼う場合は保険所の承諾を得て飼ってください。よろしく

  2. 「犬殺し」
    犬を大事に飼っていた方に取っては、
    「親殺し」「子殺し」と同等の意味を持ちますね。

    この場合はNGワードだと思います。

    言われた本人が申告するべき事なので、
    私は私見を述べるに止めます。

    1. 余りにも酷いってのは、旧ブログの時に私も散々言ってたけど、一応シンちゃんのブログ的にはセーフみたいですよ( ´∀`)
      言われてる本人から、シンちゃんに対して要請がないからだと思う。
      書いてあるコメントに、どういった人間性を見るか?
      また、新たに来た人が色々判断するのに必要だと思うところもあります。
      過去の膨大な資料を参考に出来なくなった今、特に、、、ね。

      1. >言われてる本人~要請がないから~
        その様に思います。

        >また、新たに~今、特に、、、ね。
        新たに来た人がコメントを
        書かなく(書けなく)なったりしますからね。

        大変だと思います。
        とても、頑張れとは言えません。

        1. まぁ、1日に付くコメントの数だけでも膨大だから、其れを全部チェックは出来ないと思う。
          だから、本人からの希望に即反応するだけでも、それはなかなか凄いことだと思うよ(*´-`)

      2. >書いてあるコメントに、どういった人間性を見るか?

        書いた本人の人間性、素養が判断されコメントの内容の信用にもかかわるので利口な人は、他人の嫌いそうな言葉は使いたがらないと思いますが。
        判っていて挑発する人は其れも解りますからあまり反応はしないほうが良いと思います。暫くコメントを視て居れはその人の人間性も思想も解って来るもんですよ。

        1. 旧ブログのコメント欄には、その膨大な参考資料があったんだよね。
          アレを、多分もう一度繰り返すんだろうね(*´-`)
          いうなれば、リセットしちゃった感じだから。

  3. シンシアリーさんへ

    下記投稿の様な誹謗中傷を受ける謂れは有りません。

    削除を強く要望します。

    1. 出来る限り少なくはするものの、ツリーの一部を共に削除することになります。後、使われた「単語」に問題があると見て削除に応じますが、余程のものでないかぎり「内容」で削除することはありません。今回の一部のコメント削除も、内容を問題視しての削除ではありません。ご参考までに。

        1. 使われた単語に、彼の人間性が良く現れていたからちょっぴり残念、、。
          知る事で減らせる被害があるから。
          私を呼び出した人とか、あれをどう擁護するのか?
          私には、「迷惑行為だ〜キィー」って言ってたから、コレ(他人を誹謗中傷)はどうなん?って思うのだけど、自分の論を言っているだけだからOKなのかしら?とか、ちょっぴり気になるお年頃w

          1. 私、個人では多くの意見が参考に成って良かったのですけど、今回の行為にはチョット幻滅しました。許容力と言うか耐性と言うかそちらの方面の質が落ちるコメントだったのかなと、次から読むときは少しバイアスがかかると思います。言葉尻とかヤジに煩い政治家も多いですからね、あれの責任だけを追及する人間性にも辟易してますから。

          2. >次から読むときは少しバイアスがかかる
            良いんじゃないですかね。
            それも含めて、各々考えることになるんだし!
            好きとか嫌いとか、そういう感情で左右されることもあるし。
            自分自身はどうなのか?自分だったら?とか、この人は何故これをするのか?とか、自分なりに考えれば良いんじゃないですかね(*´-`)
            正解はないわけですが、考察するのが大事なんでしょう!
            とか、何をしたいか自分が一番わからないでいる私が言ってみる(//∇//)

          3. 初心者Aさんへ

            >今回の行為にはチョット幻滅しました。

            上記は私の2018年3月31日 09:33 のシンシアリーさんへの要望の事でしょうか?

            読解力が乏しいので教えて下さい。

          4. 水の話の記事で、私が「全国各地に同時期に住んでるの?」「寝る間も惜しんで移動してるんだろうか?(´;Д;`)」って、書いたことだと思ってますよ(*´-`)

          5. というか、全般的に私のことだと思う( ̄▽ ̄)
            許容力なし、耐性なし、ついでに利口さマイナスw
            大丈夫か私orz

          6. みな’さんへ

            初心者Aさんと口論する心算は有りませんよ。

            弁明が必要ならその弁明を「一回だけ」するだけです。

          7. 分かってますよ(*´∇`*)
            月影さんも、初心者Aさんもちゃんと弁えられる人ですもん。
            迷惑掛けるのは私の専売特許です(キリ

      1. 今回のなさりようには、相当の異議がありますが、シンシアリーさんのブログですから、自由になさればよいのではないですかね?

      2. シンシアリーさん
        >シンシアリーさんの意向?
        >嫌なこと言われて「嫌なことで返したら」、そこで終わりにしましょう。

        sincereleeさんは目には目を、歯には歯を、=「やられたらやり返せ」と言ってるのでしょうか?。聞いてみたいですね。
        一方イエスは、悪人に報復してはならない。誰かがあなたの右の頬を打つなら、左の頬も差し出しなさい」
        私には出来ませんが。

        ①最初、嫌なこと言われて(意図的ではなかったが、相手に憎しみが生まれた)
        ②嫌なことで返しました。(憎しみで返したから、相手にも憎しみが新たに生まれた)
        相手にとっては、
        ②-0意図的ではなく、多くは気使いが足りない場合も多い。
        ②-1そんな積りは無かったのだけど憎しみもって返されて。
        ②-2「終わりにしよう」と一方的に打ち切られて、かえって憎しみが燃え上がる。
        ③双方の憎しみによる果てしない暴言の連鎖が始まる。(このブログでもよく見ますね)

        ②-1によって争いが始まる事が少なくないような気もしますが。

        幼稚園児で人をぶって、ぶち返して、先生は、ぶち返したんだから相子でしょ!とは言わないでしょうね。打たれたら打ち返すことを教える事ですからね。

        1. >初心者Aさん
          横からごめん下さいな。
          ハンムラビ法典は報復は等価までと限度を設けるのが趣旨であったりします。(厳密には立場による軽重もあった模様)

          とかまぜっ返しながら②-1の点で自らを省みたり、誤解の有無の確認をせずにいるんでしょうかと疑問を呈してみます。相互理解の為の話し合いが出来るならば、②-2から③への移行はそうはないと思いますよ。話が物別れに終わろうが話し合いが出来るなら、ですが。(大事な以下略)

          という点は加味して頂けましょうか。
          口出しついでに言っちゃおう。
          >参考資料
          惜しい気持ちも分かります。でもね、惜しむことも無いんじゃないかとも。だってね。
          間違いなく新たな資料が積み重ねられる事でしょうから。

  4. 新著『人を楽にしてくれる国・日本』のAmazonレビューを読んでいてピンときたことがあるので書かせていただきます。(まだ読んでいませんがスミマセン)

    「線を守る日本人」という話が出てくるようですが、そうであれば「畳の縁」「敷居」の意味についても調べていただいたらよろしいかと思いました。

    現代日本人はもう忘れかけていますが、あれは家屋の構造上の都合だけでなく、格式の境界を示す線でもあります。最近ですと、NHKの大河ドラマ「真田丸」にてその辺が丁寧に描写されていました。登場人物の身分と座る位置、そして畳の縁と敷居の位置関係、さらにその境界を超えて来る状況描写が必見です。

    また、屋外では「道祖神」が村の内と外を隔てる結界を示すものと言われています。

    日本の文化はそのような多層の境界で構成されている感じもします。物理的な空間のみならず日本人の空間認識がそうなっていて、他者との関係性もそういう構造の中で認識されているのかもしれませんね。家族であっても超えてはいけない線がある、友人であっても超えてはいけない線がある、等。

  5. 新作本、、売ってないんだよね、、家の近くの大きな本屋に。
    いつものサイズじゃないし、ジャンルもやや違うから、店が取り寄せなかったか、数冊だけだったのですぐ売り切れたか、、。
    本屋に行ったの、発売日翌日だったから、、なぁ。
    この手の新しい本をネット注文で買うのが非常に嫌なので、、、困ったものですわ(愚痴。

  6. シンシアリー様
    日本人が桜を愛でるのは「美しいからだけ」ではないのはご存知ですよね。小学校の入学の時桜の下で記念写真を撮った、全ての国民が平等に教育を受けられる喜び、無学の父母が子が成長し教育をうけられる、それを代々伝える喜びに涙したのです。それから桜の季節毎に人生のマイルストンのイベントが起こるのですから。
    手入れが届いて大きくて立派で美しいからでは無いのですよ。
    街の何気ない佇まいの桜を美しいと感じるようになれることを願っています。

    1. 桜はGWの頃でした
      中学・高校の入学式は雪でした(4月でしたが)
      雑誌などで入学式に桜が咲いてるのが羨ましかった(笑)
      だいたい学校のそばに桜の木無かったし

      1. 実は、私の郷も桜は4月末から連休です。小学校の一年生は桜が咲いてからその下でクラスの集合写真を撮ってました。
        今では閉鎖されて介護施設となって当時のジジババが同じ桜を見てます。

    2. 私は、開花から2週間位で散ってしまう、散り際の良さに心が奪われます。
      そこに人の生き様を見てしまいます。悠久の歴史の中での私は桜の花より短い命を頂き、名を残す気持ちもないし、子を持たない私ですが、日本に生まれ育ち、祖父母・両親・近所の人達、そして教師(人生の節目節目に良い教師に巡り会えました)・会社の人達・歯に絹着せずに駄目だししてくれる友人達(心がボロボロの時は何も言わずただ側に居てくれる友人達でもある)波瀾万丈の人生ではありますが、そんな人達が沢山いる日本人に生まれて本当に良かった!そして少しでも何か出来ればと思いを馳せる気持ちにさせてくれるのが、桜です。

      1. 平安時代以前は中原の影響で梅を愛でていたそうですね。
        中原の影響が少なくなって桜を愛でる様になったとか。
        それ以前からも「神木」として崇められていたとか。

        中原との文化的決別の象徴でも有ります。

        1. おお!平安時代以前は梅でありましたか…
          まぁ京都から数百キロ離れた土地ながら、平安時代には我が実家がある地名が記録されております。
          確かに実家にも梅の木がありました。新たなる発見!有難うございます。

    3. 一番天候の不安定な困難な時期に、パッと咲いて、美しいままさっと散る。去り際の美しさというか、日本人の美学的なものが桜にはありますよね。

  7. 数年前に見た三春の滝桜は雪の中でした。
    あまりの雪で運行バスは出ているのかしらと観光協会の方に電話で聞いたら、
    「バスは大丈夫。こんな雪の滝桜はめずらしいのでぜひお越しください」と言われて、寒さに震えながら思い切ってでかけました。
    本当に美しい景色でした。
    ただ、冷たいものを売る露店などが閑古鳥で気の毒だったことを覚えています。
    韓国のお客さんもたくさん来ていました。

  8. シンさんの著書、新旧問わずイオン内の書店では置いてありませんでした。
    他にはTSUTAYAしかなく、言わずもがな。
    通販はあまり利用したくないので、もう少し探してみます。

  9. 綺麗な背景ですね。
    新著、読了しました。
    ブログの運営についての部分、非常に感銘を受けました。
    次の作品も期待して待ちます。

  10. 夜桜がイルミネーションみたい。美しいですね!
    沢山の木に支えられて咲く桜はまるで人生そのもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。